第二新卒もインターンシップできる!参加するときのポイントを解説!

インターンシップといえば新卒や大学生を対象にしたものが多いです。しかし、近年になって第二新卒を対象にしたインターンを実施する企業が増えています。

「第二新卒でも参加できるインターンを知りたい」
「どんなメリットがあるのか教えてほしい」
と考えている方も多いことでしょう。

そこでこの記事では、第二新卒でも参加できるインターンシップについて解説していきます。

インターンシップへの参加は入社する前に職場の雰囲気を把握できるため、ミスマッチを起こさない方法として役に立ちます。

第二新卒の方で、インターンシップについて詳しく知りたい方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnote👇👇もご覧ください。(以下をクリック!)

そもそもインターンシップとは

インターンシップとは、就業前にどんな業務をしているか体験することです。志望企業での働き方や、組織内の雰囲気など求人情報だけでは分からないことを入社前に確認でき、仕事とのミスマッチを減らせるメリットがあります。

インターンシップは、仕事の内容を理解したり、適性を把握するために行われるものです。一般的に大学生を対象にしたものが知られていますが、第二新卒に限定したインターンシップを募集する企業も増えています。インターンシップへの参加は、自身の強みをアピールできるチャンスにもなるでしょう。

第二新卒がインターンシップに参加するメリット

実際に、第二新卒のインターンシップでどのようなメリットが得られるのかを紹介します。

大きく分けてメリットは3つあります。それぞれを詳しく見ていきましょう。

実際の会社の雰囲気を体験できる

インターンシップでは職場と人材のマッチングを確認するために行います。職場に入って実際の業務を体験することで、自分のイメージと合致しているかをチェックすることが目的です。

第二新卒で参加する場合、前職との比較で判断することが多くなります。自分のスキルや経験が活かせそうか、キャリアアップできるか検討してください。

きちんと職場を見極めるには、疑問点は質問して職場に対する理解を深め、積極的にインターンシップに取り組みましょう。

給与が支払われる場合がある

基本的に無休で行われるものですが、長期間のインターンシップや転職活動中の方には、給料が支払われる場合があります。転職活動が長引いて経済的に厳しい状況では、金銭的なリスクを減らせるため、参加するメリットは大きいでしょう。

もらえる金額は東京で時給1,000~2,000円、日給だと働く時間にもよりますが、6,000~10,000円が目安となります。

企業によって報酬額や、勤務条件が異なりますので、参加する企業の情報をよく確認しておきましょう。

他の企業へ推薦状をもらえる場合がある

珍しいケースではありますが、インターンシップに参加した企業では採用にならなくても、別の企業へ推薦状を出してもらえることがあります。

インターンシップでの働きを見て、自社には合わないが人材不足で困っている別の企業へ紹介できると判断したときに、別の職場へ入社できる場合があります。

インターンシップで自分をアピールすることで、思わぬところから転職先が見つかることもあるため、企業研究は時間をかけてしっかりと行っておきましょう。

第二新卒がインターンシップに参加する時の注意点

第二新卒でインターンシップに参加する場合に、注意した方がいいことについて解説します。

事前に知っておくことでトラブルの発生を防げますので、よく確認しておきましょう。

転職の意思がない場合は参加しない

インターンシップの目的は志望企業の情報収集です。求人情報だけでは分からない部分を確認するために行うものですから、転職の意思がない企業のインターンシップへ参加する意味はありません。

社会に出た経験がある第二新卒は、大学生のインターンシップとは違い、社会人としての働き方は経験済みです。そのため、とりあえず参加するという考えではなく、希望する企業や仕事でインターンシップを実施している場合に検討するといいでしょう。

インターンシップは短期間にする

実施される期間を意識して、第二新卒で長期間のインターンシップへの参加は避けましょう。アルバイトのような雇用形態のまま、正社員になるきっかけを掴めないこともあります。

あまりに長すぎると空白期間が発生し、第二新卒の枠を外れてしまうかもしれません。それだけ再就職の難易度が上がってしまうため、長くても1週間程度を目安に参加してください。

効率的に探すなら転職エージェントを利用する

転職エージェントに登録してキャリアアドバイザーからサポートを受ければ、第二新卒向けのインターン先が見つかります。

インターンシップの枠には定員がありますので、複数の転職エージェントに登録して、こまめに情報収集しておきましょう。

第二新卒のインターンは、まだ広く周知されていませんので、個人で情報を集めるには限界があります。転職エージェントであればスムーズに転職活動を進められるでしょう。

まとめ

第二新卒のインターンシップについて解説しました。新卒のイメージが強いインターンシップですが、第二新卒向けに実施している企業も多くあります。

参加するメリットは、求人情報にない現場の雰囲気を体験できること、給与が支払われる場合があること、推薦状をもらえる場合があることです。

同じ業務であっても職場によって仕事の進め方が異なるため、業務内容が自分に合っているか判断するには、実際に経験するしかありません。

自分とマッチした仕事であるか判断できる機会ですので、興味のある企業がインターンシップを実施しているなら、ぜひ参加してみてください。

転職エージェントに登録して幅広く情報を集めると、第二新卒向けのインターン先を見つけやすくなります。目的に合わせて活用しましょう。

「第二新卒もインターンシップできる!参加するときのポイントを解説!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録