全国転勤が多い仕事とは?メリットとデメリットを解説します!

皆さんは、転勤に対してプラスのイメージ、マイナスのイメージ、どちらを持っていますか?新しい出会いがあるなどのプラスのイメージ、引っ越しが面倒、単身赴任は嫌だなどのマイナスのイメージ、色々あると思います。

では、その転勤の多い仕事とは、一体どんな仕事があるのでしょうか?

今回は、全国転勤が多い業種と、転勤のメリット・デメリットについて解説します。

「転勤のある仕事は避けたほうがいい」と言う声もあり、頻繁な引っ越しは生活面での大きな負担になります。しかし、全国各地を転勤しながら働くことで、さまざまな地域の文化や人々に触れられるのは魅力的でもありますよね。

これらのことを踏まえながら、それぞれのライフスタイルとキャリア形成のバランスを考え、業種、会社を選択することが重要でしょう。

転勤のメリット、デメリットを理解し、仕事選びの参考にしてみてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

全国転勤が多い業種3選

転勤の多い業種は数多くありますが、その中でも特に全国転勤が多い業種を3つ紹介していきます。

金融系

金融業界では、支店や営業所が全国に点在しているため、定期的な転勤があります。特に大手銀行や証券会社などは、人材育成の一環として計画的な転勤を行っているところが多いです。

入社後は地方支店で実務経験を積み、その後、本社や都市部の大型支店などへと異動していくケースが一般的です。また、転勤先での勤務が長くなることで、地元の企業や有力者との癒着を招く恐れもあり、不正防止の側面からも定期的な転勤が行われています。

転勤サイクルは3〜5年程度と短いため、頻繁に引っ越しをする必要があることは覚えておきましょう。

商社  

商社は、海外を含め世界中から様々な商品を調達・販売する企業です。国際的な取引が中心となるため、海外勤務の機会も多く、国内外問わず転勤が頻繁に行われます。

新興国をはじめとする海外拠点への赴任も珍しくありません。語学力や異文化適応力が求められますが、グローバルな視点を身につけられるメリットもあります。

転勤によって得られるこれらのスキルは、商社で仕事をする上ではかなり重要で、商社でのキャリアアップには欠かせない要素となっています。

国家公務員

国家公務員は、中央省庁のほか、税務署や裁判所、矯正施設など、全国各地に政府機関が点在しているため、定期的な異動が一般的です。

一般企業では転居を伴う転勤の場合、転居費用を会社が負担することがほとんどですが、国家公務員にも同じような制度があります。さらに転勤先に宿舎があれば、格安で利用できることも知っておきましょう。

22時過ぎまで働き、週末は体力回復にあてていたM.Hさんの転職成功事例】 実際に弊社で転職支援させて頂いたHさんの生の声と、転職活動で大切なポイントについて教えて頂きました。 👇(以下をクリック)

全国転勤が多いことのメリットとデメリット  

全国転勤のメリットとデメリットを知って、職種を選択するときの参考にしてみてください。

多くのメリット、デメリットがありますが、ここでは主なものをそれぞれひとつ紹介します。

メリット 視野や人脈の広がり

転勤を経験することで、様々な土地や文化に触れられるのが大きなメリットと言えるでしょう。また、転勤先で新しい人々と出会えるため、貴重な人脈を築くこともできます。このように、転勤経験は視野や人脈を広げてくれる良い機会となるのです。

デメリット 本人と家族にかかる転居の負担

一方で、転勤には引っ越しの手間や費用、子供の教育環境の変化など、様々な負担が伴うことでしょう。特に、短期間で転勤が重なる場合は、プライベートやライフプランにも大きな影響が出るかもしれません。家族のサポートが必須であり、場合によっては、単身赴任を選択することにもなるでしょう。

「キャリアが前に進まない」と言う方へ。 】キャリアの悩みは「どう考えるか」で解決することも多いです。株式会社Neutralでは自身のキャリア起点で序盤の面談を行なっています。 完全無料ですので少しでもボトルネックがあると感じる方は一度お気軽にご相談ください。 👇(以下をクリック)

全国転勤に関するよくあるQ&A

ここでは、全国転勤に関するよくある質問を2つ取り上げて解説したいと思います。

Q.大企業は全国転勤が多いのか?

大企業に勤めていれば必ず転勤があるというわけではありません。業種や職種によって転勤の有無は異なります。

ただし、大企業ほど全国に拠点が多いため、転勤の可能性は高くなる傾向にあるのは事実です。入社時に転勤の有無を確認するようにしましょう。

Q.転勤は断れるのか?

転勤を完全に拒否することは難しい場合が多いです。ただし、家庭の事情を説明し、上司や人事部門と相談することはできるでしょう。

例えば、配偶者の転勤、家族の介護、育児など、止むを得ない理由があれば、一時的に転勤を免除してもらえる可能性はあります。

しかしながら、転勤を断ることは今後のキャリアアップにマイナスになることが多いです。今後のキャリア形成とライフプランのバランスを考え、柔軟に対応するようにしましょう。

最近では、人材不足の影響で地域限定採用や勤務エリアを限定できる会社が増えてきました。これらの制度をうまく利用するのもひとつの選択肢です。

まとめ

この記事では、転勤が多い仕事とそのメリット、デメリットについて説明しました。

金融や商社、国家公務員などの職種を選ぶと転勤は避けられません。

確かに転勤は、引っ越しの手間や家族への影響が大きいですよね。けれど、その分さまざまな土地や文化に触れられるのは、かけがえのない経験になるはずです。

転勤はキャリアアップの良い機会にもなりますし、視野や人脈が広がるのもメリットです。一方で、転勤を拒否するのは難しく、将来的なキャリア形成の阻害要因にもなりかねません。

転勤が多い仕事に就くかどうかは、あなた自身のライフプランやキャリアビジョンと照らし合わせて、じっくり検討する必要があるでしょう。

転勤のメリット、デメリットを踏まえつつ、自分に合ったスタイルを選んでいってください。

少しでもこの記事が役に立てていたら嬉しいです。 ちなみに、Xでは毎日2回140文字で転職やキャリアに関する前向きになれる大切な情報を発信しています。 よかったらフォローしてみてくださいね😊 👇

「全国転勤が多い仕事とは?メリットとデメリットを解説します!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

無料でキャリア相談
キャリアのプロ杉井に直接相談