IT転職で重要なスキルを解説!転職を成功に導くスキルを身につけよう!

AIやテクノロジーが発達していくこれからの時代に向けて、IT業界への転職を考えている方はきっと少なくないはずです。

IT業界への転職は、何かしらのスキルを身につけておくと成功率がグンと上がります。

ITのスキルといえば難しそうなイメージや一人で習得するのは無理なのではと思っていませんか?

実はIT業界で使えるスキルにはITに一見直接関係なそうなものや、みなさんが現職で既に身につけたスキルなど意外なものが評価される可能性があるんですよ!

そこで今回はIT転職で評価される具体的なスキルや、資格の取得が必要なのかどうかなどをご紹介していきます!

ぜひ最後までご覧ください!

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnote👇👇もご覧ください。(以下をクリック!)

IT転職で評価されるスキル4選!

では最初にIT転職で評価されるスキルを4つお伝えしていきます。

プログラミングスキル

まずご紹介する評価されるスキル1つめはプログラミングスキルです。

多くの方がIT系のスキルでこのプログラミングスキルが最初に思いつくのではないでしょうか?

特にIT転職でプログラマーやエンジニアといった職種を目指してる方は身につけておくとスムーズに転職ができる可能性が高まります。

プログラミングを学ぶ方法としてはスクールに通ってみたり、参考書で独学で自分のペースで学んだり、YouTubeやSNS といったツールを利用してみたりと多種多様な方法があります。

またプログラミング言語もJavaやPython、PHPなど会社や業務内容によって変わっていきます。

もし行きたい企業が決まっているのであれば、そこで扱っている言語のスキルを身につけておくと転職で評価されるのはもちろんのこと転職後も即戦力として活躍できる可能性がありますよ♪

コミュニケーションスキル

2つめにご紹介する評価されるスキルはコミュニケーションスキルです。

IT職といえば一人で黙々とひたすら仕事をこなすというイメージがあるかもしれません。

しかし実際にIT業界で働いていくと、お客様の要望を引き出す為に聞く能力としてヒアリング力が求められたり、チームで一つのシステムを作り上げていく際には情報の共有や進捗の確認をしたりとコミュニケーションを必要とされる場面は想像以上に多くあります。

コミュニケーションスキルであればITの専門的な知識がない方も、IT業界で現職で働いている方も誰でも今日から身につけていくことができます。

スキルを身につけていく方法としてはコミュニケーションの技を本で学んだり、コミュニケーション能力がある人の真似をしてみたりなど意識して生活していきましょう!

マネジメントスキル

3つめにご紹介する評価されるスキルはマネジメントスキルです。

先ほどコミュニケーションスキルで少し出てきましたが、IT業界では職種によってはチームで動くときがあります。

チームで動く仕事は1人で完結する仕事より規模が大きく、チーム内の連携がとれてないとスムーズに仕事が進まなかったり、どこかでミスが起きてしまったりなんてこともあります。

そこで必要となるのがチームをまとめあげるマネジメントスキルです。

社会人経験がある程度ある30代の方や、役職がついている方などはマネジメントスキルをアピールすることをオススメします。

その際は具体的に何人くらいの、どれくらいの規模のチームを指揮したのか、どんな規模の仕事をどのように計画して成し遂げたのかというように具体的にアピールしていきましょう!

文章作成能力

最後にご紹介する評価されるスキルは文章作成能力です。

IT職では素人にはわからないような難しいプログラムやシステムを設計することがあります。

それらをお客様にわかりやすく伝えしたり、システムの良さをアピールするための文章を作成したりするという能力はIT職の方にとって必須ともいえるスキルです。

今現在社会人として働いている方であれば、資料作りやメールでの情報伝達などでちょっとした内容なのに文章を作るのに凄く時間がかかってしまったなんて経験はありませんか?

このように文章作成能力は誰にでもできそうに見えて、そのスキルがしっかりと備わっている人は意外と少ないのが現実です。

だからこそ文章作成能力はとても評価されるスキルの1つでもあるんですよ♪

IT転職でスキルを証明する資格は原則不要

IT転職ではスキルを証明する資格は原則不要と言われています。

それは何故なのでしょうか?ここではその理由や、資格を保有していることで起きるメリットについてもお伝えしていきます。

資格取得は必須ではない場合が多い

原則資格が不要と言われている理由は、資格取得がIT転職では必須とされていない場合が多いからです。

資格を持っていないと働くことができないお医者さんや、美容師、大型トラックのドライバーといった職種と違い、実力主義の業界だからこそ専門性が高いにもかかわらず資格を持ってない全くの未経験の方でも働き始めることができるのがIT職の特徴の1つです。

しかしIT関連の資格取得が全くの無意味かと言われるとそういうわけではありません。

続いては資格取得をしていることで起きるメリットについてもお伝えしていきます。

客観的なスキルの証明としては有効

IT転職において資格を取得していることのメリットは客観的なスキルの証明として有効だからです。

特にIT業界での経験がない方や、面接で自己アピールをするのが苦手な方は、資格があることで一定のスキルを誰にでも分かりやすく伝えることができるので、資格を保有してない場合に比べスムーズに転職が進んでいきます。

また資格を取得していく過程で結果としてさらにスキルが身についていったり、他の人が知らないような専門性の高い知識を得ることができたりとスキルの証明以外にも数多くのメリットがあるんですよ♪

資格よりも前職で培った知識や経験をPR

IT転職では資格よりもこれまで培ってきた知識や経験を通してどんなスキルがあるのかPRすることが成功した転職に導いてくれます。

そのためIT転職をする際はこれまでの仕事でどんなことをしてきたのか、その仕事を成功させるためにどんな働きかけをしたのか、そして結果としてどんなスキルが身についてきたのか自己分析をしていく必要があります。

そしてその自己分析したスキルをIT職ではどう活かしていけるかPRすることができるように、これからIT業界へ挑戦する方は転職準備を進めていきましょう。

自分に身についているスキルを明確にすることで、多種多様に業務内容が分かれているIT職の中で自分にピッタリな目指すべきIT職が見つかっていくこともありますよ!

まとめ

今回はIT転職で評価される具体的なスキルや、資格の取得が必要なのかどうかなどをお伝えしましたがいかがだったでしょうか?

必ずしも資格を所持している人や、専門的なスキルがある人でないとIT転職ができないというわけではありません。

みなさんがこれまで一生懸命働いていく中で身につけてたスキルや経験が、思いがけない形でIT職で力を発揮することがあります。

転職を成功に導くためにも今日ご紹介したスキルが自分にあるのかどうか、PRできそうな知識や経験があるのかどうかを是非一度自己分析をしてみてください!

では、最後までお読みいただきありがとうございました!

「IT転職で重要なスキルを解説!転職を成功に導くスキルを身につけよう!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録