転職エージェントの担当変更はどう伝える?伝えるときのポイント解説!

転職エージェントでは、担当者が転職の成功を左右するといっても過言ではありません。しかし、相性が良くないと、転職活動にも影響が出てしまいます。

そんな時には担当者の変更をお願いするわけですが、「トラブルに発展しそう」「相手に申し訳ない」といった理由で、躊躇してしまうケースもあるようです。

そこでこの記事では、転職エージェントで担当者を変更したいときの連絡方法について解説していきます。

この記事を読むことで、スムーズな担当変更が可能になるので、変更を希望する人は参考にしてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

転職エージェントの担当は変更して問題ない

転職エージェントの担当者を変更してもらうことは、珍しくありません。

ただし、担当者を何度も変更してしまうと、転職活動もスムーズに進まなくなります。担当者変更を繰り返さないためにも理由を明確にしておきましょう。

求職者のスムーズな転職活動が最優先

転職エージェントは求職者の転職成功を目的としたビジネスなので、相性が合わないなら変更した方がいいという考えを持っています。そのため、担当変更を申し出ても悪い印象を持ちません。

担当者にはそれぞれ得意分野がありますので、合わない場合には正当な理由があれば問題なく担当を変更できます。あなたの転職活動に合わないと判断できるなら、遠慮なく申し出て下さい。変更の際には、後述するポイントを押さえて伝えるようにしましょう。

明確な変更理由を伝える

担当者の変更をお願いする時には、その理由を明確にしておきましょう。そうすることで後任者を選定しやすくなります。

担当者の変更理由

  • 提案される求人が希望内容と違う
  • 相性が合わない
  • やり取りの時間帯が合わない

まずは、変更せずに問題を解決できないか模索し、どうしても合わないなら変更を申し出てください。

担当者も求職者の転職活動に支障が出るのなら、変更も仕方がないと考える傾向にあります。

転職エージェントの担当者を変更してもらう前に

変更してほしいと思っても、その判断が間違っている可能性もあります。

そこで、本当に必要なのか確認するべき2つのポイントを解説していきます。

自分の希望を改めて説明する

紹介された求人情報が合わないと感じたとき、担当者に原因があると思うかもしれません。しかし、こちらが希望する条件が伝わっていない可能性もありますので、改めて説明してみましょう。

また、利用者の潜在ニーズに合わせて提案をしてくれているパターンもあります。その場合、その求人を紹介した理由を聞いてみると、納得できるかもしれません。

自分だけでは探せなかった会社と出会えるチャンスとなりますので、担当者の話をよく聞いて柔軟に対応してください。

サポートの手厚い担当者は変更しない方がいい

担当を変更したいことがある一方、そのまま継続した方がいい担当者もいます。以下の特徴を持つ場合は変更しない方が得策です。

優秀な担当者の特徴

  • レスポンスが早い
  • ヒアリングのスキルが高い
  • こちらの要望に対応してくれる
  • 転職の知識が豊富
  • アドバイスが的確である

上記のような特徴がある担当者は優秀である可能性が高いです。利用者をしっかりとサポートしてくれるなら、あなたの転職活動の心強い味方となってくれます。

将来的なキャリアを見据えたうえで、適切な求人を提案してくれるのがいい担当者です。丁寧な面談とヒアリングを行なってくれることも優秀である条件といえるでしょう。

転職エージェントの3つの担当変更方法

担当者を変更するためには3つの連絡方法があります。

それぞれについて解説していきます。

電話で連絡する

担当者の人柄に問題がなかった場合には、電話で伝えるのが好ましいです。これまでの感謝も伝えやすく、気持ちよく引継ぎができます。

また、確実に伝えられるため伝達ミスが起こりにくいこともメリットの一つでしょう。直接連絡できるため、引継ぎにかかる期間も短くできます。

しかし、相手が忙しいときは業務の妨げになってしまうかもしれません。電話での連絡が難しい場合は、後述する方法で変更をお願いしてみてください。

メールで連絡する

普段からメールでやり取りしている場合は、担当変更をメールで伝えるとスムーズに伝えられるでしょう。メールなら都合のいいタイミングに返信できるため、忙しい担当者でも対応できるので効果的です。

メールであれば、文面を考える時間が取れます。落ち着いて内容を考えられるので、電話で伝えるよりも要件をまとめやすいです。

メールの内容はサポートへの感謝の気持ちを伝えましょう。また、相手に落ち度があるような言い方は避けてください。

専用フォームから連絡する

転職エージェントの担当者は、複数の求職者のサポートをしているため忙しいことが多いです。そのため、変更を申し出ても返信が遅いこともあります。そういったときには、専用フォームから連絡するといいでしょう。

転職エージェントによっては、お問い合わせなどの専用フォームが用意されていることがあり、メッセージは運営側に直接届きます。担当者からの返信が遅い場合は、専用フォームの利用を検討してください。

まとめ

担当者が合わないと感じたら、そのまま転職活動を進めても納得できる結果が得られない可能性があります。まずは、改善のために対処してみて、それでも状況が変わらないなら変更を申し出て下さい。

転職活動を成功させるためには、合わない担当者の変更は必要なことです。ただし、同じ転職エージェントでの利用を続けるのなら、これまでの信頼関係を損ねないように伝え方には注意しましょう。

「転職エージェントの担当変更はどう伝える?伝えるときのポイント解説!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

無料でキャリア相談
キャリアのプロ杉井に直接相談