転職の面接準備はどれくらいしたら?少なくとも必要な準備を解説!

面接準備ができていないと、転職に失敗する可能性が高いです。

  • 面接準備で何をすればいいの?
  • いつから準備すればいいのか?

という方もいると思います。

そこで、この記事では転職の面接準備はどれくらい必要かを解説します。

抑えておくべきポイントもまとめましたので参考にしてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

面接の準備にしすぎはない!効率的に行おう

面接は念入りに準備しておいてください。緊張して練習通りの受け答えができない事もあります。

さまざまな質問を想定して、複数のアピールポイントを用意しておきましょう。

少なくとも約2週間前から始める

面接準備が重要な理由は「失敗する可能性が高いから」です。

面接の準備をしなかった場合、本番で緊張して上手く話せないかもしれません。

伝えたいことがまとまらず話が長くなったり、言いたいことが面接官に伝わらないと、何もアピールできないまま面接が終わってしまう可能性もあるでしょう。

転職活動にかかる期間は平均して3か月と言われています。

面接の準備にかけられる期間は2週間〜1か月くらいを見込んでおきましょう。

面接直前になったら、半日〜1日くらいかけて、質問の受け答えなどをチェックしてください。

面接の準備不足が採用担当者に伝わるポイント

調べればわかるような基本的な質問に答えられないと、印象が悪くなってしまいます。

企業研究はもちろん、逆質問についても答えを用意しておきましょう。        

企業の理解度が足りない

面接で「当社の印象は?」と聞かれたときにはどう答えればいいのでしょうか?

自社の印象を聞くことで、企業研究ができているかを確認したいという目的があります。

深い情報収集ができていれば、志望度も高いと判断できます。志望度が高ければ転職を成功させたいという熱意があると読み取ることができるのです。

印象に関する質問の答え方ですが、まずは「企業理念に共感する」共感したポイントについて説明できると好印象です。

次に、「主力サービスを褒める」実際に使ってみてどうだったのかを説明します。

3つ目は「最近の実績を褒めること」直近の実績を知っているということは、企業に対する興味関心の高さをアピールできます。

逆質問が足りない

面接で「何か質問はありますか」と聞かれたときに、どう答えればいいか困った方もいると思います。逆質問は自分をアピールする機会なので、有効活用できると印象をアップできます。

「特にありません」と逆質問をしないと、評価が下がる可能性があります。「熱意が足りない」「志望度が低い」と評価されてしまうかもしれません。

逆質問は必ず聞かれることなので、前もって答えを用意しておきましょう。す. 情報収集したうえでアピールに繋がる質問ができれば好印象を残せるチャンスになります。企業についての説明の中で、わからないことがあれば逆質問の時間に聞いてみるといいでしょう。

ただし、調べたら簡単にわかる内容は避けてください。説明会や面接ですでに聞いた内容に関しても質問しないように注意します。

逆質問の答えを複数用意しておけば、説明内容と被ってしまっても他の質問をすることができます。

少なくとも抑えておくべき面接準備

事前にやっておくべき面接の準備を説明します。

面接当日に必要になる持ち物や、基本的なマナーについても確認しておいてください。

自己分析を整理し明確にする

転職時の自己分析は、仕事選びの軸と自分の強みを見つけるために行います。

働いていた経験のある転職者には「即戦力」が求められています。過去の経験から会社にどれだけ貢献できるのかをアピールできるような、情報の整理が必要です。

最初に自己分析をして、転職活動の方向性を明らかにしておくと、これからの作業がスムーズに進みます。

自己分析をしておくことで、企業とのミスマッチがなくなり、早期退職するような事態を防ぐことができます。

志望企業及び志望業界の情報整理

企業研究や業界研究の目的は「納得感を持って入社すること」です。

企業についてわからないままにしておくと、入社後にミスマッチが起きて後悔するかもしれません。

情報整理をするときは、「業界研究」→「企業研究」の順に内容を整理していきます。業界研究で大まかな方向性を決め、企業研究でどの企業に応募するかを決定。

どんな会社なのか知りたいときは、企業ホームページや企業概要を参考にしましょう。

職場の雰囲気や労働環境は、口コミサイトなどに情報が書き込まれているかもしれません。

情報整理の内容を志望動機や自己PRに活かす時は、会社が注力していることを把握して、求人票の内容から期待されている仕事内容やポジションに繋げてアピールします。

よくある面接質問への対策

自己紹介は氏名を名乗り、1分程度にまとめて話してください。職務経験や応募先で活かせそうなスキルを簡潔に語ってください。

転職では、職務経歴について聞かれます。今までどんな仕事をして、どんなスキルを獲得してきたのか。応募先の仕事に関係ないスキルはアピール力がないので、話す内容は企業に合わせて選んでください。

前職の退職理由を聞かれたら、ネガティブな印象にならないように、ポジション表現に言い換えて説明します。「嫌だから辞めた」のではなく、「実現したいことがあるから辞めた」という表現にしましょう。

なぜ応募したのか、という質問には、企業目線で戦力になるというアピールが必要です。応募先の業務内容を把握していなければ、志望理由を話す事はできません。企業研究をしっかりとやっておきましょう。

最後に「何か質問はありますか?」と聞かれることがあります。配属されたらどんな仕事を任せられるのか。配属先の雰囲気について聞いてもいいでしょう。その他気になることがあるなら聞いてください。すでに説明があったことや、調べればわかるような質問は避けましょう。

持ち物やマナーなど基本の確認

面接で用意したい持ち物リスト

  • 履歴書などの指定書類
  • 筆記用具・手帳
  • スマホ
  • 腕時計
  • 財布
  • 会社案内・会社の場所のコピー
  • ハンカチ・ティッシュ
  • その他企業から指定されているもの

自分のスキルがアピールできる成果物があるなら、持っていくといいでしょう。

スマホには、採用担当者の連絡先を入れておきます。

企業から指定されていなくても、手ぶらで面接に行くのは避けてください。

面接会社で書類を渡されることがあるので、カバンは必要です。

面接における基本的なマナー

  • あいさつは目を見てしっかり行う
  • ドアは後ろ手で開閉しない
  • 面接官より先に座らない
  • 面接官の話を最後まで聞いてから返答する
  • 小さな声は避けて自信をもってハキハキと答える
  • ネガティブな印象にならないようにポジションな言葉を使う

身だしなみ、態度やしぐさもチェックされますので、好印象を持ってもらえるよう基本的なマナーは抑えておきましょう。

まとめ

転職の面接準備はどれくらいしたらいいのか。必要な準備を解説しました。

面接は慣れていないと失敗する可能性が高いので、念入りに練習しておきましょう。企業について調べておき、想定される質問には答えを用意しておきます。

自己分析ができていれば、求められている人物像に合わせて適切にアピールできるでしょう。

面接当日は、持ち物とマナーについての確認も忘れずに行ってください。

「転職の面接準備はどれくらいしたら?少なくとも必要な準備を解説!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

無料でキャリア相談
キャリアのプロ杉井に直接相談