転職で準備不足か心配な人向け!原因と気を付けたいポイントを解説!

転職の準備が足りていないと、入社できたとしてもすぐに退職してしまうかもしれません。

この記事を読んているあなたは

  • 入社できればそれでいい
  • 面接さえクリアすればOK

と考えているかもしれません。

この記事では転職準備がなぜ重要なのかを説明していきます。

  • 転職で準備不足になる原因
  • 準備不足になりやすいポイント

準備が万全に出来ていれば、自分に合った仕事を見つけられます。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

転職で準備不足になる原因は?

転職での準備不足の原因は、スケジュールを立てないことです。なんとなく行動すると結果がついてきません。

情報収集を徹底し、計画を立てて転職を活動をする必要があります。

スケジュール管理の甘さ

転職準備の全体的なスケジュールを把握しないまま、なんとなく企業探しを始めてしまうと、日程の調整に苦労します。

まずは転職準備のスケジュールを考えるところから始めましょう。

転職活動にかかる期間は、平均3か月と言われています。

  • 転職準備1か月
  • 選考・面接1か月
  • 内定・入社1か月

いつ頃に転職したいのかを設定します。そこから退社日の目安を決めます。

退社日は就業規則を確認して、問題が起きないようにしてください。

転職活動を始めるのは、退社予定日の2か月以上前に設定します。

日程の調整で一番大変なのが面接です。

一次面接は採用担当者が面接官であることが多く、時間を調整してくれる可能性があります。

二次面接以降は、役員や社長との面接になるため、有給を取って調整する事になるでしょう。

情報収集量の不足

情報不足で面接に臨んでしまうと、あいまいな返答で「関心が薄い」と判断されてしまう可能性があります。

集めるべき情報は、応募先の事業内容や仕事内容。志望動機などの面接でよく聞かれることに対して答えを用意しておくなど、ネットで調べれば出てくる情報は最低限知っておくべきです。

社会人経験が長い方なら、相手がどんな人材を臨んでいるのかを調べておくことで、アピールする内容を絞って無駄のない受け答えができます。

準備不足なことは相手に伝わってしまうので、しっかりとリサーチをしてください。

仕事をしながら転職活動は時間不足になりがち

週5日働きながら転職活動をする場合、活動時間は毎日2〜3時間、終日使えるのは休日だけになります。

転職活動の順番としては、自分が転職したい理由を深掘りして、目的を明確にすることです。

目指す方向性がはっきりすれば、応募先は絞れますし、時間効率も良くなります。

方向性が決まったら、同時に複数の求人に応募しましょう。書類選考の平均的な通過率は20〜30%なので、数社に応募して1〜2社から連絡が来るかどうか、という感じになります。

できれば数社から連絡をもらって、しっかり比較してから会社を選びたいです。

時間を確保できないから、退職してから応募先を探すというのは最後の手段にしてください。

余裕のない状態で転職活動を始めてしまうと、自分にとって理想の仕事を見つけられないまま、妥協した転職を決めてしまうかもしれません。焦って活動してもいい結果は出せないでしょう。

準備不足になりやすいポイント

準備不足になりやすいポイントについて見ていきます。

事前に準備がしっかりできていれば、転職活動で困ることはありません。

転職先の情報収集

情報収取が不足していると、イメージしていた仕事内容と、実際の業務内容にギャップを感じて退職を繰り返してしまう可能性があります。

情報収集するにしても、調べられる情報は膨大で、すべて集めるのは無理です。

そこで自己分析を行い、自分が働きたい企業や業界をある程度決めてから情報収集を始めましょう。

業界全体の情報を調べてから、自分が応募したい企業を絞り込みます。

確認したい情報は、事業内容とビジネスモデルです。

ミスマッチに繋がらないように仕事内容、教育体制、働き方などを調べていきます。

情報として信憑性が高い、企業の採用ページやSNS公式アカウント、転職サイトの口コミなども見ておくといいでしょう。

面接対策

情報収集ができたら、その内容を使って面接対策をします。

面接で必ず聞かれることがあるので、自分の答えを用意しておきましょう。

自己紹介…第一印象が決まるので大事です。今までの経験やスキルを端的に伝えます。1〜3分でまとめてください。

転職理由…ネガティブなものはポジティブな理由に変換してください。転職理由が応募先で解説できるか、同じ理由で辞めてしまう可能性はないかをチェックされます。

志望動機…仕事への熱意をアピールしましょう。長く働いてくれそうかを確認されます。企業研究もしておき、自分のキャリアの軸と重ねて説明します。

自己PR…自分の経験やスキルから、募集職種に適した実績を選んで答えます。目標達成のための行動を具体的に、数値で語ってください。

逆質問…「最後に質問があればどうぞ」と聞かれます。このとき待遇や福利厚生についての質問は避けましょう。入社後に担当する仕事内容や、一緒に働く社員のキャリア・年齢などを聞いておくといいでしょう。

退職の手続きの確認

退職の申し出は1〜2か月前に伝えてください。

人員補充や業務の引継ぎに支障が出ます。引き止めが発生することを考えると、早めに伝えたほうがいいでしょう。

伝える相手は「直属の上司」です。先輩や同僚に相談して、本人以外から上司へ伝わってしまうと、トラブルの原因になります。

退職届は上司に退職の意向を伝え、退職日を確定したあと、退職1ヶ月〜2週間前に提出するのが一般的です。

退職日に備品返却と書類受取をします。

会社へ返却するもの

  • 健康保険被保険者証
  • 身分証明書
  • 名刺
  • 通勤定期券
  • 社費で購入したもの
  • 業務上のデータ

会社から受け取るもの

  • 離職票
  • 雇用保険被保険者証
  • 年金手帳
  • 源泉徴収票

転職の準備不足が不安な場合は相談しよう

転職のことを誰に相談すればいいのか、わからない方もいると思います。まず最初に、相談しない方がいい相手を確認していきます。

働いている職場の同僚や上司への相談は避けてください。信頼できる相手であっても、どこから情報が漏れるかわかりません。

円満に退職するためには、職場には黙って転職活動をしてください。

友人や家族も、建設的な意見を聞きたい場合には注意が必要です。親身になって話を聞いてはくれますが、転職の知識がないのでアドバイスを鵜呑みにするのはやめておきましょう。

良い相談相手としては、退職済みの同僚や上司が適切です。体験談として話を聞けるので、役に立つ話を聞ける可能性が高く、新しい気づきがあるかもしれません。

まとめ

転職で準備不足か心配な人に向けて、原因と気を付けたいポイントを解説しました。

準備不足になる原因はスケジュール管理の甘さです。働きながらの転職活動は時間不足になりがちなので、しっかりと計画を立てて行動してください。

気を付けたいポイントは、情報収集と面接対策。退職した後の手続きについても確認しておきましょう。

もし準備不足が不安な場合は、退職した経験がある人に相談すると役に立つ話を聞ける可能性が高いです。身近に相談できそうな人がいるなら話を聞いてみるといいでしょう。

「転職で準備不足か心配な人向け!原因と気を付けたいポイントを解説!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

無料でキャリア相談
キャリアのプロ杉井に直接相談