【IT転職】失敗したと入社後感じるのはなぜ?原因と対策から後悔を防ぐ!

IT企業に入社した後に失敗したと感じる方は少なくありません。これは転職の準備不足が主な原因です。

しかし、転職へ向けて何をすればいいのか、分からない方も多いと思います。

そこでこの記事では入社後の失敗したと感じる理由を、原因と対策から解説していきます。

しっかりと対策することで、転職の失敗を減らせますので、ぜひご一読ください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えた提案に強み
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnote👇👇もご覧ください。(以下をクリック!)

IT転職後に失敗したと感じる主な理由

転職に失敗する理由をまとめました。どれも準備不足によるものです。

内容をよく確認して、対策を取ってください。

プログラミングスキルが足りない

IT転職が成功しない原因の一つとしてスキル不足が挙げられます。最近のプログラミング技術は複雑化していますので、新しい知識を絶えず学び続けることが必要です。そういった時代の流れについていけない場合や、そもそも最初からスキルが不足しているケースなどが原因として考えられます。

わずかにスキルが不足しているだけならば、個人の努力でカバーできるかもしれません。しかし、経験不足や適性がないことが原因でプロジェクト全体が遅れるようなことになっては仕事に支障をきたす可能性もあるのです。

希望していた業務ができない

自分のやりたいことを理解しないまま転職活動を始めてしまい、求人先をなんとなく決めてしまったケースでは「希望していた業務ができない」という失敗に繋がります。また、転職を焦って、最初に内定した会社に入社してしまうことでも業務のミスマッチが起こります。

そのほか、仕事に対する調査が不十分な場合でもミスマッチが起こります。しっかりと調べることはもちろん、面接の場で質問することや、可能であれば現場の社員に話を聞くなどの対策が有効です。

会社がイメージと違った

職場の人間関係で転職を後悔する人がいます。例えば社員同士の挨拶もなくオフィスの雰囲気が暗いケースや、逆に体育会系のノリが強い会社で、転職の失敗を感じることもあります。

企業の価値観や会社独自の雰囲気などを「社風」と呼びますが、社風が自分の性格と合わない場合、業務上のストレスになるかもしれません。

求人票から社風を読み取ることは難しいので、企業のウェブサイトや口コミサイト、社員ブログやSNSなどから社内の雰囲気をチェックしておくと入社後のギャップを減らせます。

IT転職後に失敗したと感じる原因

入社後に必要なスキルが具体的に分からないまま入社してしまうと、思ったような活躍ができずに悩んでしまうこともあります。

情報収集が足りない

経験とスキルを活かして即戦力として活躍できる会社を選んだつもりが、思うようにいかないこともあります。例え同じ業種であっても、会社が変われば求められるスキルが異なることも珍しくありません。

このような失敗は、企業が求めるスキルを事前に把握できていなかったことから起こります。情報収集が足りないことが直接的な原因です。求人票のチェックだけではなく、転職サイトや口コミサイトなどからも幅広く情報を集めましょう。

IT転職に失敗しないための3つの対策

転職に失敗しないための対策を3つ紹介します。

どれも重要なので、順番に見ていきましょう。

自己分析をし、足りないスキルを身につける

転職の失敗は自分のスキルを把握できていないことが原因です。

自分の経験を振り返りながらスキルの棚卸を行ない、能力を整理することで強みや弱みが明確になります。

スキルの棚卸で整理する要素

  • 技術力
  • 担当した工程
  • 業界や業務の知識
  • マネジメント経験

過去の実績や経験を整理することで、履歴書や職務経歴書を作成するときに役立ちます。

希望する業務に必要なスキルや資格を揃えることも重要です。目指すエンジニアにどんな知識が必要なのか確認しておきましょう。

キャリアプランを立て、転職の明確な目的を持つ

自分の将来像を考えておらず、なんとなく仕事を選んでしまうと、ミスマッチを起こし転職を繰り返すことになります。これはキャリアプランが定まっていないことが転職の失敗原因の一つです。

キャリアプランとは、将来の目標を達成するための行動計画のことです。キャリアプランが明確になることで、目標達成のために不足しているスキルを獲得するという行動がとれるようになります。

面接の場では転職することで達成したい目標や、キャリアプランを具体的に説明できると、目的を持って長く働くというアピールになりポジティブな印象を与えられます。

企業・業界の情報収集を徹底する

転職活動では情報収集が重要です。求人票に記載されている情報はもちろんですが、実際に働いている方の口コミ情報などを参考にすることで、リアルな内情をチェックできます。

他には、企業の将来性や業界内での立ち位置、活躍している人の特徴などを調べられるとミスマッチを避けられるでしょう。

選考の時にこちらから質問するのもいいですが、休日や給与などをストレートに聞いてしまうと印象が悪くなります。残業について聞きたいなら、「1日の仕事の流れを教えてください。」のように、関連する質問に置き換えて聞くといいでしょう。

まとめ

IT転職後に失敗したと感じる理由は、準備不足によるものです。企業の情報収集が足りないことが、失敗したと感じる原因となります。

対策としては、自分が持っているスキルを整理し、キャリアプランを立ててください。企業の情報収集を徹底し、自分の能力を発揮できる企業選びを心がけましょう。

「【IT転職】失敗したと入社後感じるのはなぜ?原因と対策から後悔を防ぐ!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録