【IT転職】20代エンジニアが転職を成功させる!重要ポイントを解説!

ITエンジニアの転職では、どういった点に気をつければいいのでしょうか?
初めて転職する方はどう立ち回ればいいのか、分からない方も多いと思います。

そこでこの記事では、20代エンジニアが転職を成功させるための方法を解説します。
20代のエンジニアが置かれている状況や、転職を成功させるためのポイントを確認していきましょう。

キャリアアップや、ブラック企業の見分け方についてもまとめています。転職先を間違えないためにも、まずはご一読ください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

ITエンジニアの転職は経験を求められがち

20代であれば選択肢も多く、転職のハードルはそれほど高くありません。

転職は30歳までに決断して行動してください。

転職は20代後半が最も有利

転職市場での20代は行動力や体力などの面において、ポテンシャルの高さで企業から求められやすい人材であると言えます。プログラミングスキルがない場合でも採用されるというケースもあるでしょう。

これが30代になると、エンジニアの求人広告はマネージャークラスが多くなり、未経験可の案件はほとんどなくなります。

そのため、転職を考えているなら遅くとも20代後半から30歳までには決断して、少しでも具体的な行動がとれるように計画を立てておきましょう。

20代ITエンジニアが転職に向いている理由

20代の転職はどんなことが有利になるのでしょうか?

転職に向いている理由を、具体的に解説していきます。

求人が豊富

どの業界にも言えることですが若いほど求人数が多く、豊富な選択肢から条件に合った企業を探しやすくなります。20代の大手企業への転職は、現場教育による技術の習得を見込んで採用されるケースがあるため、エンジニアとしての経験が浅くてもチャンスがあることが特徴です。

しかし、20代後半になると転職の難易度が上がります。20代後半の人材はある程度の実務経験やスキルを持っていることが前提の採用となるため、早めに転職を決断し、有利な時期を逃さないことが重要です。

キャリアアップに有効

ITエンジニアのキャリアアップは、業務の幅を広げたり新しい分野に挑戦しながら、自分の価値を高めることが必要です。IT技術は日々進歩しており、自主的に学んでいかないと時代の流れについていけません。

ただ、昔ながらのやり方を重視する保守的な企業があることも現実です。新しいことを試せる環境にないと難しいこともあるでしょう。20代であれば転職の選択肢が多いので、やりたいことに合わせた企業選びも可能です。

ITエンジニアは、挑戦しやすい環境に身を置くことがキャリアアップに繋がるということです。

昇給しやすい

20代のエンジニアが昇給を目指しているなら、大手企業への転職に挑戦してください。将来性のあるエンジニアは他業種と比べて年収が高い傾向にあります。若いうちから多くの経験と実績を積んでおくことで、プロジェクトマネージャーを任され高収入を狙うことも可能です。

しかし、確かにITエンジニアは収入が高い職業ですが、新しい技術を学び続けることが必要な仕事でもあります。慢性的な人手不足により残業も多くなりがちです。残業手当により給料が上がっていることを考えると、年収アップだけではなく「どれくらいの時間働きたいのか」ということも加味して転職を検討することも必要となるでしょう。

20代ITエンジニアが転職を成功させるための3つのポイント

20代のITエンジニアが転職を成功させるためのポイントを3つにまとめました。

変化の激しい業界ですので、将来を見据えた行動が大切になります。

キャリアアッププランを明確に持つ

ITエンジニアとして転職するには、長期的なキャリアアッププランを設計してから行動することが大切です。例えば、ITエンジニアだけでもいくつかの種類があります。

ITエンジニアの種類

  • Webエンジニア
  • システムエンジニア
  • インフラエンジニア
  • ネットワークエンジニア
  • サーバーエンジニア

どの道へ進むかによって、必要となるスキルや学ぶ内容が異なります。設計した計画に合わせた転職先の選択が必要で、行動するなら若い方が有利になります。

転職を検討するには、早いうちにキャリアアッププランを決定してから行動することが重要です。

自身のスキルアップを忘れない

ITエンジニアとしてのスキルアップを考えるうえで重要なのは、教育制度が整っていることです。やる気があったとしても、スキルが身に付くような仕事を任せてもらえないと実績を積めません。転職先の教育制度や、どんな仕事を任せてもらえるのかを事前に確認しておきましょう。

もちろん教わるだけではなく、自己研鑽して技術を高めていくことも大切です。主体的に学んで習得していくことで、周りのエンジニアとの差別化を図ることも必要となります。

転職先の情報収集は丁寧に行う

長く安定して働くことを目指すなら、業績が安定している企業を探してください。転職エージェントに聞くと信頼できる情報が入手できます。

IT業界は人手不足が常態化しています。ブラック企業が多い業界でもあるので、情報収集は丁寧に行なってください。求人票の見分け方としては以下のような特徴があります。

ITブラック企業の特徴

  • 1年中求人を出している
  • 離職率が10%以上あるいは非公開
  • 裁量労働制である
  • 固定残業代である
  • 雇用形態の曖昧さ
  • 社会保険がない
  • やりがいの強調

特徴に該当したらブラック企業というわけではありませんが、警戒すべき特徴ではあるので、求人票をよく見ておきましょう。

まとめ

ITエンジニアが転職を検討するなら、なるべく若いうちに決断したほうが、より多くの選択肢から企業を選べます。

キャリアアッププランは早めに決めておき、計画に合った企業へ転職しましょう。将来どうなりたいのかが決まれば、必要なスキルの習得も目指せます。

転職先の企業は、業績が安定している会社を探してください。信頼できる情報源として転職エージェントを頼るといいでしょう。ブラック企業が多い業界ですので情報収集を徹底しましょう。

「【IT転職】20代エンジニアが転職を成功させる!重要ポイントを解説!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

無料でキャリア相談
キャリアのプロ杉井に直接相談