IT転職フェアの活用方法が知りたい!事前準備やオンラインについて解説!

転職フェアは直接会いに行くことで、企業の情報収集ができるイベントです。転職したいけど、まだ詳細が決まっていない、という方でも気軽に参加できます。

直接足を運ぶわけですから、イベントについて詳細が分からないと不安ですよね。
そこでこの記事では、転職フェアの活用方法について解説していきます。

オンラインの転職フェアもありますので、家から面談を受けることもできます。積極的に行動できる方には得るものが多いイベントですので、興味のある方はこの記事を読んで詳細をチェックしてみてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnote👇👇もご覧ください。(以下をクリック!)

そもそも転職フェアとは

転職フェアとは、求人を募集したい企業が会場に集まって開催する「企業合同説明会」のことです。会場には多くの企業から採用担当者や社員が集まります。企業ブースでは会社説明や面談などが行なわれます。ほかには、キャリアアドバイザーによる個別相談が行なわれることも多いので、転職が不安な方にもおすすめです。

参加費は無料、予約不要で入退場も自由であることが多いです。ただし、大規模なフェアで個別面談を希望する場合は、事前登録しておくと確実です。

4月と10月の入社へ向けて採用活動が活発になるので、その前となる3月と9月は転職フェアへの企業の参加数、来場者数が増加する時期となります。

転職フェアに行くべき2つのメリット

転職フェアは、対策が必要な面接とは違って、さまざまな企業から気軽に話を聞けるイベントです。

できるだけ多くの情報を集めて、転職活動に活用しましょう。

複数の企業を比較検討できる

転職フェアでは、複数の企業の担当者と直接話をすることができます。この機会に、できるだけ多くのブースを回って担当者と話してみることをおすすめします。これまで興味のなかった企業を新規開拓してみると、新たな発見があるかもしれません。

本来であれば、書類選考を通らないと会えない人たちと、直接話ができるチャンスです。同業他社の企業風土や待遇の違いを比較検討することもできます。転職の選択肢を増やすためにも、転職フェアへの参加はおすすめです。

カウンセラーに転職相談ができる

転職フェアには無料でプロに相談できるスペースが設置されていて、気軽に転職相談ができます。転職について悩みがあったり、迷いがある人はカウンセリングを受けてみるといいでしょう。有益な情報を直接教えてもらえるので、転職活動に役立ちます。

転職フェアに参加する目的は、多くの企業からの情報収集です。知りたいことを整理しておき、企業への質問をいくつか用意しておきましょう。不明点がはっきりすれば意欲も高まります。たくさんの方とのやり取りがあるので、メモをとって相手の回答を忘れないようにしてください。

転職フェアに行く前の事前準備

服装や身だしなみは、面接と同様に気をつけてください。

履歴書などを用意しておくと、自分のことを知ってもらえます。

服装は自由だがスーツがおすすめ

基本的に転職フェアの服装は自由とされています。ただ、採用担当者と会って話すことを考えると、スーツにビジネスシューズで参加するのがおすすめです。当然ですが、身なりも整えておきましょう。服装で意気込みが伝わりますし、入社後に働いている姿をイメージしてもらいやすいです。

転職フェアの会場では、履歴書用写真の撮影サービスが用意されていることもあります。スーツであればそのまま撮影できます。どのみち面接で着ることになるので、スーツに慣れるいい機会になるでしょう。

履歴書や職務経歴書も持参がおすすめ

転職フェアに参加している企業は、採用を求める気持ちが強いので、求めている人材が見つかればすぐにでも採用したいと考えています。そのため、会場で面接日が決まるケースもあります。企業にとって、転職フェアは採用が目的で参加しています。そのことを意識して積極的に参加すれば、可能性が広がるかもしれません。

会場には履歴書や職務経歴書を持っていきましょう。複数の企業で使うことを考えると、複数枚の用意が必要です。企業の中には、転職フェアに参加した人の書類選考が免除になったり、企業ブースで面接を行なうこともあります。話を聞くだけではなく、自分のことを説明するためにも必要書類は準備しておきましょう。

オンライン転職フェアの2つのメリット

コロナ禍をきっかけに、転職イベントもオンライン化が進んでいます。

リアルイベントの違いを踏まえながら、そのメリットを見ていきましょう。

気になる企業と1対1で面談できる

オンラインの転職フェアでは、すぐに面談するわけではありません。公開されている動画を事前にチェックして担当者や現場の様子を見てから判断できます。

コミュニケーション方法はビデオ通話かチャットになります。対面よりもハードルが低いため、気軽に情報交換できるでしょう。

面談は基本的に1対1で行なわれ、指定がなければ服装はカジュアルなものでも参加できます。オンラインであれば遠方に住んでいる方でもイベントに参加できるのがメリットです。

日時が比較的自由に選択できる

イベントはすべてオンラインで参加できます。土日祝日も開催されていますので、決まった日時に会場まで足を運ぶ必要がありません。職業別にイベントが開催されているので、具体的な話が決まっていない状況でも参加できます。

エントリーから面談まで無料で利用できます。イベントのテーマが気になっているなら気軽に申し込んでみてください。

最後に注意事項ですが、あくまでも面談は選考とは関係ないことを理解してください。面談後に合否結果が出ることはありません。気になっている企業から応募する前に直接話を聞けることがメリットです。

まとめ

転職フェアは、面接とは違って対策を取らなくても気軽に参加できます。採用担当者と直接話ができるのが大きなメリットです。相手も人材を採用したいと考えているので、うまくアピールできれば採用の可能性が広がるでしょう。

企業によっては書類選考が免除になったり、その場で面接を受けられる企業もあります。積極的に行動できる方にとってはメリットの多いイベントですので、ぜひ参加を検討してください。

「IT転職フェアの活用方法が知りたい!事前準備やオンラインについて解説!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録