IT転職は厳しい?未経験・20代・高卒などの条件で成功する秘訣を紹介!

「20代高卒で、未経験からIT企業に転職したいけど、可能なのだろうか?」
「IT企業への転職はなんだか難しそう。」

そう思って、IT企業への転職をためらってはいませんか?
20代の高卒で未経験でもIT企業への転職は可能です!むしろ今が転職のチャンスです!

この記事では、20代・高卒・未経験という条件でもIT企業への転職が可能な理由と注意点を説明します。

ぜひ最後まで読んでみて下さい。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

IT転職が高卒や未経験でも可能といわれる理由

IT企業は最終学歴が大学卒以上の必要がある、未経験での転職は難しい、などと思われがちですが、高卒や未経験でもIT企業への転職は可能です。

その理由を説明していきます。

スキルを重視する

IT企業で働くためにはスキルが必要です。プログラミングや専門的な知識も必要ですが、社会人としてのコミュニケーション能力やマネジメント能力も求められます。そういった能力は大学などで学ぶことは難しいです。そのため、IT企業は学歴よりもスキルを重視する傾向があり、高卒でも、IT企業への転職は可能です。

高卒でもこれまでの仕事で身につけた社会人としてのコミュニケーション能力や、小さなグループでもそれを束ねるマネジメントの経験があれば、十分に転職の際の強みになります。

人材不足が続いている

経済産業省の「IT人材需給に関する調査」によると、2023年にはIT企業の人材が約79万人不足すると言われています。少子高齢化に伴い、現在もIT企業の人材不足のため、多くの企業が求人募集を行っています。

未経験者を採用し、自社でスキル教育を行う企業も多くあります。

未経験者を自社でITのスキルを教育するとなると、これから伸び代がある20代を募集する企業が多いです。そのため、IT企業への転職は20代の方が有利です。

IT転職で気を付けたい点【高卒・未経験者】

IT企業への転職は高卒や未経験者でも可能です。しかし、ITに関する知識もないまま、転職活動を行うことで、転職に失敗したり、転職後後悔することは避けたいです。

そこで、高卒・未経験者がIT企業に転職するにあたって、気をつけたい点を紹介します。

スキルや基礎知識を身につける

IT企業で働くためにはスキルが必要となります。企業は自社でスキル教育を行うつもりで、高卒や未経験者も採用可能と説明しましたが、全くの知識なしでは採用は難しいですし、採用されてもキャリアアップや仕事に支障が出てしまいます。

面接対策としてもある程度のITの知識や簡単なスキルを身につけておくとスムーズに転職ができます。

知識の身につけ方

本やwebサイトを使用し、独学で学ぶ

プログラミング用語や基礎知識は本を読んだり、webサイトで学ぶことができます。一番安く、手軽な方法です。
しかし、簡単ではないので、挫折してしまったり、遠回りしてしまう可能性があります。

プログラミングスクールに通う

プログラミングスクールは40万円〜90万円するため、安くはないですね。しかし、効率的に学ぶことができ、挫折しにくいのがメリットです。

また、IT企業の人材不足解消のため、教育訓練給付金制度という、国からの給付金を受け取ることができる制度があります。給付金認定を受けたプログラミング講座を受けると、最大受講料の70%が給付金として受け取ることができます。

これらを活用し、スキルや基礎知識を身につけることで転職を有利に進めることができます

未経験可の企業をリサーチする

全ての企業が未経験可で求人募集をしているわけではありません。まずは未経験可の求人を探しましょう。
また、未経験であってもスキルは必要という企業も少なくありません。もし、自分が働きたい企業がスキルが必要な場合は、スキルを身につけたり、学んだりする必要があります。

IT転職で気を付けたい点【20代】

20代でのIT企業への転職は伸び代があるため、未経験からでも採用されさすい傾向にありますが、注意が必要な場合もあります。

注意点と対応策を学び、転職に備えましょう。

転職回数が多いと評価が下がりやすい

転職回数が多いということは、その職場で経験できる技術や知識を十分に身につけることができていないという印象を持たれ、自分の会社でも会社での利益をもたらす前にあなたが退職してしまうかも知れないと思われる可能性があります。

しかし、「転職回数が多い=採用されにくい」というわけではありません

転職回数が多くても採用したいと思われる人

転職回数が多くても採用したいと思われる人は、様々なスキルを持っている人です。

多くのスキルを持っている人は自分の会社に利益があるという印象を持たれます。これまでの仕事の経験から得たスキルやこの企業でどの様に生かすことができるか面接時に具体的に話すことができると、転職回数が多くても採用したいと思ってもらえます

企業リサーチは丁寧に行い後悔を防ぐ

IT企業で未経験可の企業があった場合でも、業務内容が自分の希望に合わない場合や学びたいスキルを学ぶことができない場合もあります。転職後後悔しないためにも、転職前に丁寧に企業についてリサーチを行う必要があります。

自身で転職サイトや企業のホームページから調べることもできますし、転職エージェントに登録して情報収集を行うことも可能です。

20代後半は経験とスキルが求められる

これまで、「20代は未経験であってもIT企業への転職は可能です。」とお話ししてきましたが、20代後半は未経験の場合、転職の難易度が高くなります。
なぜなら、未経験の場合、スキルを自社で指導する必要があり、今後の伸び代を考慮すると、20代前半の方を採用したいと考えるからです。

そのため、スキルを学んだり、できるだけ早く転職活動を開始しましょう

まとめ

20代の高卒で未経験でもIT企業への転職は可能です。

しかし、企業側はスキルを重視する傾向にあるため、希望する企業がスキルを求める場合にはスキルを学ぶ必要があります。また、転職後に後悔しないよう、企業リサーチは丁寧に行いましょう。

20代後半の場合は、転職の難易度が高くなるため、早めに転職活動を始めましょう。

20代の高卒で未経験からIT企業へ転職するためには、注意点を理解し、転職を成功させましょう!

「IT転職は厳しい?未経験・20代・高卒などの条件で成功する秘訣を紹介!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

無料でキャリア相談
キャリアのプロ杉井に直接相談