メーカー営業の転職先で人気の職種は?経験を活かして転職を成功させよう!

さまざまな知識やスキルが必要なメーカー営業は、仕事がきついので転職したいと考えている方もいるでしょう。

しかし、転職を決めてもどうすればいいのか分からないことも多いですよね。今まで培った経験を活かした転職をしたいと考えているはずです。

そこでこの記事では、メーカー営業から経験を活かした転職について解説します。メーカー営業のどこが評価されて、どんな企業への転職がいいのかを説明していきます。

転職後の収入変化や労働環境についてもまとめましたので、転職に不安で行動に移せない方は、ぜひ参考にしてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

メーカー営業の高評価ポイントはこの2つ

メーカー営業が評価を受けやすいポイントを2つ紹介します。

転職で自己PRに盛り込めば、効果的なアピールとなるでしょう。

コストに対する意識

営業活動では、交通費・資料の印刷費・電話の通信費などさまざまな費用が掛かります。金銭的なコストが高くなれば、その分利益が減ってしまうからです。そのため、ビジネスでは利益追求だけではなくコスト削減も重要視されます。

経営者はコストに対する意識が重要なことを理解しているので、不要なコスト削減や改善の意識がある人は評価されやすくなります。転職時にはコスト意識についてアピールできると高評価に繋がるでしょう。

顧客との折り合いをつける力

顧客がこちらの提案した内容に難色を示しているときに、どれくらい譲歩するかお互いが納得するためにうまく折り合いをつける力を「折衝力」と言います。

会社にとって不利益にならないようにバランスを取りつつ妥協点を探るということは、営業でしか経験できません。

相手の立場で考え、状況に合わせて代替案を出すなど、商談中に瞬時に判断するのはかなり難しいことです。折衝力はあらゆる商談で活かせるスキルなので、メーカー営業からの転職でも役に立つでしょう。

メーカー営業の経験を活かせる転職先とは

今まで培ってきたメーカー営業としてのスキルがあれば、別業界への転職も可能です。

メーカー営業からのおすすめの転職先を紹介します。

競合他社のメーカー営業

競合他社のメーカー営業は、知識やスキルがそのまま活かせる転職先です。

売上が高く将来性のあるメーカーへ転職できれば、自分の成長に繋がりスキルアップも期待できます。

同業への転職は、業務内容が似ているため新鮮味がないと感じるかもしれません。競合他社のメーカー営業への転職は、待遇や環境を改善したい場合や、キャリアアップが目的の転職になります。

コンサルティング会社

コンサルティングは業界や企業への経営戦略や課題解決の提案が仕事です。クライアントにはメーカー企業が多いので、メーカー営業として培った知識や経験が活かせます。

メーカー営業は他の部署と関わる機会が多い仕事です。そのため、製品発注や効率的な生産ラインの確保などの業務に理解があります。コンサルティングでも具体的な提案ができ、最適な解決案が出せるでしょう。

ベンチャー企業

ベンチャー企業とは、大企業でやっていないような新しいサービスを提供する新興企業のことです。設立から数年の場合が多く、即戦力の経験者を求めている傾向があります。メーカー営業の能力やスキルが評価される可能性は高いでしょう。

これから顧客拡大・安定を目指した組織整備のなかで、事業規模が小さくても重要な役職を任せられれば、やりがいや収入もアップします。その分、責任も大きくなりますが業務範囲を増やしてキャリアアップを目指している方や、メーカー営業としての知識や経験に自信がある方におすすめです。

メーカー営業からの転職で気を付けたい点

転職するうえで特に気をつけたいのは、未経験分野への転職です。

さまざまな可能性を考慮して、収入や労働環境の変化に備えてください。

未経験職種の場合は収入が下がる可能性もある

転職は経験者が優遇されるため、異業種への転職は収入が下がる可能性があります。
未経験分野への転職の場合は、たとえ収入や待遇が悪くなってもやりたい仕事なのかをよく検討してください。

一時的に収入が下がるとしても、目標の達成でインセンティブが付与されるなど、会社の制度によって収入アップの余地がないか確認しておきましょう。
しかし、収入アップはあくまでも想定でしかないため実際にどうなるかわかりません。希望的観測ではなく、現実的な範囲で考えてください。

労働環境の変化を考慮しておく

転職で労働環境が変わるのは当たり前ですが、想定した通りの労働環境ではない場合があります。

大手メーカーは業務手順が整っており、比較的安定して業務を進められる傾向があります。

しかし、ベンチャー企業や中小企業へ転職した場合、労働環境が異なるため残業が多くなってしまう可能性も否定できません。

企業の業務体制について転職サイトなどを使ってあらかじめ調べておくと、転職後のトラブルを回避できます。

まとめ

メーカー営業からの転職では、コスト意識や折衝力をアピールしましょう。高評価を受けやすく転職で有利になります。

経験を活かした転職先として、同業他社やコンサルティング会社がおすすめです。また、即戦力を求めているベンチャー企業への転職も、キャリアアップを目指しているならおすすめできます。

未経験分野への転職は、収入低下や労働環境が変わってしまう可能性も考慮してください。転職サイトなどから企業の情報をしっかりと調べておくことで、入社後のギャップがなくなるでしょう。

「メーカー営業の転職先で人気の職種は?経験を活かして転職を成功させよう!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

無料でキャリア相談
キャリアのプロ杉井に直接相談