転職でキャリアアップをするとは?意味を理解し成功を掴もう!

キャリアアップしたいと思っても、「具体的に何をすればいいのか分からない」という人は多いのではないでしょうか。

キャリアアップとは仕事に対する能力を磨いて経歴を高めていくことです。特別なものではなく、働く人みんなが持つべき考え方です。

そこで、この記事では、キャリアアップの意味と、成功させるための方法を解説していきます。

この記事を最後まで読めば、キャリアアップを正しく理解できます。転職に活かしたい方はぜひ参考にしてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnote👇👇もご覧ください。(以下をクリック!)

そもそもキャリアアップとは何か

キャリアアップの意味の説明と、一緒に使われやすい言葉であるキャリアチェンジ・スキルアップとの違いについて説明していきます。

キャリアアップの意味

キャリアアップとは、スキルや経験を積むことで、仕事に対する能力を向上させ経歴を高めることです。つまり、なりたい自分になって自己実現し、会社や組織に貢献することを指します。

また、社内でポジションが上がり、対応する仕事の幅や裁量を広げること、自分の市場価値を高めることもキャリアアップです。さらに、派遣社員から正社員に雇用形態が変わることをキャリアアップと呼ぶケースもあります。

具体的なキャリアアップとしては、「部下を持つようになったので、マネジメントに携わりたい」「SEから上級工程に転職したい」といったことが該当します。

キャリアチェンジとの違い

キャリアチェンジも転職市場でよく使われています。混同しがちですが、意味が違う言葉です。キャリアチェンジとは、これまでの仕事で経験がない、異業界・異業種へ未経験で転職することを指します。

今の仕事でやりがいが見つからないので、未経験の仕事へ転職するパターンもキャリアチェンジの一種です。未経験分野への転職でも、小売店販売から営業職など、今までの経験を活かせそうな転職先を探すと成功しやすいです。

スキルアップとの違い

キャリアアップ・キャリアチェンジは、キャリアという「経歴」を重視した言葉です。スキルアップは、スキルという「能力・技能」を表す言葉なのが大きな違いといえます。

スキルアップとは能力・技能などを向上させること、または、それを証明する資格を取得することです。仕事に対する能力を向上させるための行動がスキルアップになります。

仕事に関連する資格を取得したり、プログラマーが使える言語を増やしたりすることがスキルアップといえるでしょう。

転職でキャリアアップを成功させる方法

キャリアアップを成功させるために必要なことを3つ紹介します。

行動する前にしっかりと準備しておくことが重要です。

自分のキャリアプランを持つ

最終的にどうなりたいのかというキャリアプランを考えておかないとキャリアアップできません。目指しているゴールを設定し、そこに至るまでの道筋を明確にしていきます。

キャリアプランを立てるには、最初にスキルの棚卸をしてください。現状どんなスキルや経験を持っているのか明らかにします。

次に、将来的に目指したいキャリアを考えてください。「〇〇領域のスペシャリストを目指す」など、中長期的に自分の理想像をイメージします。そして、それを実現するためにはどんなスキルや経験が必要になるのかを洗い出していきましょう。

現在身に付いているスキルや経験と、将来目指したい姿に必要なスキルや経験が明らかになったら、その差をどうやって身に付けるのかを計画します。こういった手順を踏むことで、現実的なキャリアアップの道筋が明らかになるのです。

転職の目的をキャリアアップのみにしない

キャリアアップが目的の転職の場合、面接の場での伝え方には注意してください。キャリアアップが何を意味しているのか分かっているのは自分だけです。キャリアアップを志望動機として伝える場合、組織にどのような形で貢献できるのか説明する必要があります。

「現職は年功序列で、結果を出しても評価されませんでした。若いうちに責任のあるポジションになりたいと考え転職を決意しました。」のように、転職前にしっかり行動したということを伝えられると説得力が増します。

転職せずにキャリアアップ可能かも検討する

キャリアアップの方法は転職だけではありません。働いている会社で、スキルや経験を磨いていくことでもキャリアアップはできます。上司に相談して社内で異動できないか模索することで、あっさりと道が開けることもあります。

安易に転職するよりも、まずは現職で可能性を探る方が、生活が安定するため無難な選択です。転職するのは、現職で方法がないことを確認してからでも遅くはないでしょう。

キャリアアップに迷ったら転職エージェントに相談しよう

キャリアアップとは、自分の人生を計画し未来を選択することです。正しい手順を踏んだとしてもそれが正しいのか自分では分からないこともあるでしょう。必ずしもベストな選択ができるとは限りません。

自分で解決できないなら、転職エージェントを頼ってみるのも一つの手です。転職のプロに頼ることで適切なアドバイスがもらえ、あなたの悩みを解説してくれるでしょう。転職エージェントは、転職に関する情報をたくさん持っているので、一人で悩んでいるよりも事態は好転するはずです。転職エージェントをあなたの転職活動に活かしてください。

まとめ

キャリアアップについて解説しました。自分の将来を設計し目標へ向かうためにキャリアプランを立てることが重要です。キャリアプランの設計により、いま何をすればいいのか理解できます。

キャリアアップは転職だけの話ではありませんので、まずは現職で道を模索してください。それでも方法が見つからなかったら転職を検討するといいでしょう。

もし自分で解決できないなら転職エージェントに頼る方法もあります。キャリアアドバイザーのサポートを、あなたのキャリアアップに役立ててください。

「転職でキャリアアップをするとは?意味を理解し成功を掴もう!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録