【転職準備】1年後の入社が目標!今するべきはスキルアップと情報収集!

「今すぐではないが、将来的には転職を視野に入れたい。」

自身の将来の目標や年収アップのために、今すぐではなくてもいつか転職をしたいと考えている人もいるでしょう。

長期的なキャリアプランを考えたときに、1年後の転職を成功させることを目標にすると、今からすべき内容が浮かび上がってきます。

この記事では、そもそも企業が中途採用に求めているものと、1年後の転職を成功に導くためにやるべきことについて解説しています。さらに、転職が近づいてきた場合にすべきことも時間軸に沿って説明していますよ。

この記事を読むことで、思い通りのキャリアプランを実現させるために、どのような準備をするべきか分かるので、ぜひ参考にしてみてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

転職準備を1年前から始める必要はある?

1年も前から転職のためにやる事とは?

イメージしにくいかもしれませんが、入念に準備を進めることで転職の成功率が上がります。

転職希望先をすぐに決める必要はない

働いている職場からなんとなく転職したいと思ったとき、短期間ではなく1年後に転職をしたいときにはどうすればいいのでしょうか?

通常、転職活動には3か月程度かかると言われています。つまり残り9か月を準備期間に充てられるということです。

具体的な転職希望先を探すのは、転職予定日の3か月前で十分です。その前に自分のスキルの棚卸しをしましょう。

今までの仕事の中で何をやってきたのか。自分にはどんなスキルがあるのかを確認する作業です。まず自分の能力を確認してから、次にどうするか考えるという順番になります。

1年前でもできる転職準備はある!

1年前からできる転職準備はスキルアップと情報収集です。

面接でアピールできるような実績を作ることで、転職活動がスムーズに進みます。資格取得や、仕事で成果を上げることに時間をかければ、転職先の選択肢を広げることができます。

また、希望する業界や企業についての情報収集を十分にしておくメリットも大きいです。面接対策につなげたり、入社後のギャップを減らしたりする効果を期待できるでしょう。

内定が決まってから、入社を待ってもらえる期間は平均で2〜3か月だそうです。そこから逆算して、転職活動を始めるタイミングの目安にしてください。

22時過ぎまで働き、週末は体力回復にあてていたM.Hさんの転職成功事例】 実際に弊社で転職支援させて頂いたHさんの生の声と、転職活動で大切なポイントについて教えて頂きました。 👇(以下をクリック)

企業が中途採用で求めている人材とは

企業が求めている人材を知ることは、転職の成功率を上げてくれます。1年という時間を有効活用するためにも、求められる人材についてしっかりと理解を深めましょう。

コミュニケーション力

中途採用に経験を求めることはもちろんですが、上手く会社になじみ、円滑に業務を進めるコミュニケーション力は重要視されます。

社会人の経験を踏まえて、基本的なビジネスマナーを踏まえたコミュニケーションができる人材は、とても魅力的です。新しいルールや職務がある中で、コミュニケーションがうまくいくと仕事を覚えるのも順調に進みやすいからです。

コミュニケーション力は、転職先がどのような職種でも歓迎される能力といえるでしょう。

長期的に働いてくれる人

中途採用の場合、どうしても「すぐにまた別の仕事に転職してしまうのではないか」という、早期退職への不安を持たれてしまいます。

そのため、企業に対して貢献したい、長期的に働きたいという強い気持ちを持っている人材は高く評価されます。気持ちを伝えるためには、きちんと企業研究をして、なぜ応募先企業でなくてはだめなのかを伝えることが重要です。

もちろん、面接でその場しのぎで「ずっと働きます」ということがいいわけではありません。きちんとした自己分析と企業研究に基づいて、じしんが「ここで働きたい」と思える転職先を見つけることが大切といえるでしょう。

やりたいことが見つかっても、「受からなければ」選べない。】 株式会社Neutralで支援した相談者さんも多数の面接を通過し「年収50〜100万円UPの内定」をもらっている面接対策のテンプレートは以下に記載しています。 (こちらは、大変好評いただいているのと弊社の長年のノウハウが詰まっているため有料購入者様限定とさせて頂きます🙇‍♂️) 👇(以下をクリック)

1年前から積み重ねるべき転職準備

まずは基本の自己分析で自分の強みを知り、時間をかけてスキルアップを目指します。

さらに情報収集で転職を希望する業界の勉強もしておきましょう。

それぞれについて詳しくみていきます。

自己分析し自分の強みを把握する

転職の準備ではまず自己分析で自分の強みを見つけます。

自分の価値観や目的を確認できると、次にやることが明確になるため、転職活動の最初にやっておくべきです。

転職まで時間があるので現職からの転職理由に対して何かアイデアを出したり、改善して問題を解消するなどの努力をしてみてください。

その結果うまくいかなかったとしても「どう考えて行動したか」というエピソードが、面接でのアピールに使えます。

自分の強みを伸ばすためのスキルアップをする

自己分析で自分の強みが確認出来たら、その強みを伸ばすために空いた時間に勉強する習慣をつけましょう。

長めの準備期間を活かして資格取得ができれば、転職活動で評価を上げることができます。

将来自分がどうなりたいかで必要なスキルが変わりますので、自己分析で自分の転職目的や志望動機はしっかりと確認しておきましょう。

転職エージェントに登録しておき、専門家の知識に頼ってもいいですね。自分の強みが分かっていることで、具体的な相談ができます。

転職先の情報収集をする

自己分析で自分の価値観や転職の目的を確認したら、自分がやりたいことを達成できるような仕事を探します。働きたい業界選びのために情報収集をしていきましょう。

ネットの情報だけではなく、ビジネス雑誌や業界関係の本も役に立ちます。幅広く情報を集めておけば、複数の選択肢がある時に迷わずにすむでしょう。

業界の知識を知っていると、入社後の仕事で役に立つかもしれません。

よくある失敗がわかればやり直しせずに最短でベストな転職ができます。】 転職活動やり直しで6ヶ月かかっても内定でない、、だとしんどいですよね。 一度で理想の企業から内定するにも「よくある失敗事例」は知っておくのがおすすめ。 👇(以下をクリック)

本格的な転職活動は3~4か月前から

時間をかけて転職準備を進めたら、3〜4か月くらい前から転職活動を始めます。

積み上げた実績と集めた知識で、自分にマッチする企業を見つけてください。

転職希望先を具体的に決める

転職の準備期間で、自分の強みから働きたい業界がある程度選択できていると思います。

現職で働きながらの仕事内容の改善や資格取得などの経験も、面接でアピールできる要素です。準備期間で実力や強みをスキルアップできていると、企業の選択肢も広がっていることでしょう。

転職予定の3〜4か月前くらいから、転職したい企業を具体的に決定します。集めた情報と、自分の志望動機から応募先の企業を絞り込んでいきましょう。

転職希望先の決定後に面接対策などを行う

転職希望先が決まったら、面接対策に入ります。

アピールは大事ですが、業務と関係のない情報を伝えるのは良くありません。

応募先の企業がどんな人材を求めているかを求人情報から読み取って、自分のスキルから合うものを面接で伝えるようにします。入念な準備で、自分とマッチする企業を選べているはずです。

転職は能力だけではなく応募枠が開いていないなどのタイミングの問題もありますので、いくつかの候補に絞り込んだら、同時に応募して複数の返答をもらっておくと納得のいく企業を選択できるでしょう。

まとめ

1年後の入社を目指すための転職準備。スキルアップについての解説でした。

時間に余裕があるので、働きたい業務のための勉強と、情報収集で面接でアピールできる実績を作りましょう。

業務の棚卸しや自己分析で、自分の目的が明確になっていれば、入社後に後悔することはありません。

面接対策は、相手が求める人材を理解してアピール内容を用意することがコツです。

企業研究が重要になるので、しっかりと情報を集めておきましょう。

少しでもこの記事が役に立てていたら嬉しいです。 ちなみに、Xでは毎日2回140文字で転職やキャリアに関する前向きになれる大切な情報を発信しています。 よかったらフォローしてみてくださいね😊 👇

「【転職準備】1年後の入社が目標!今するべきはスキルアップと情報収集!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

無料でキャリア相談
キャリアのプロ杉井に直接相談