転職活動で準備することは?働きながらの転職を成功に導くポイント!

働きながらの転職活動は思うように時間が取れず、スケジュール管理も大変で難しいと感じている方も多いのではないでしょうか。

この記事では働きながら転職活動を行うメリットや、転職活動を成功させるために気を付けるべきポイントについて解説しています。是非参考にしてみてくださいね!

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnote👇👇もご覧ください。(以下をクリック!)

転職活動を働きながら行うメリット

働きながら転職活動をするのは時間の余裕がなく大変ですが、実はメリットもあります。
具体的にどのようなメリットがあるのか解説していきます。

精神的金銭的に余裕ができる

まず1つ目のメリットは、金銭的な余裕があるという点です。

今の仕事の収入があるため慌てて次の仕事を決める必要がなく、精神的な余裕をもって転職を行うことが出来ます。

退職してから転職活動を行うと、次の仕事が決まるまで貯金を切り崩しながら生活しなければなりません。失業保険もありますが、すぐに振り込まれるわけではないのでしばらく収入がない期間が続きます。

仕事がなかなか決まらず貯金が減っていくのを見ると、急いで次の仕事を見つけなければと焦ってしまいますよね。焦って就職した結果、希望の条件ではない会社に就職してしまい、また転職ということにもなりかねません。

あまり貯金がなく、転職活動中のお金が心配という方は働きながら転職活動をするのをおすすめします。

転職活動が失敗した時のリスクが少ない

二つ目は、転職活動が上手くいかなかった時のリスクが少ないという点です。

転職活動が難航し、なかなか次の仕事が決まらなかったとしても収入があるため金銭的な心配をしなくて済みます。
色々な会社を見てみたけれどやはり希望の条件の仕事が見つからないという場合、転職活動を中断し、今働いている会社に残るという選択をすることもできます。

このように、転職活動が上手く行かなくても大きなリスクがないというのが働きながら転職活動をする大きなメリットです。

転職活動でまず準備すること

働きながらの転職活動は忙しく、あまり時間が取れないので効率的に行いたいですよね。
そのために必要な準備について解説していきます。

転職スケジュールを立てる

転職活動を始める前に、まずは転職のスケジュールを立てましょう。

今働いている会社の繁忙期に退職してしまうと周囲の人に迷惑をかけてしまいます。
退職するのは何月が良いのかを検討し、そこから逆算していつ転職活動を始めるのか決めましょう。
転職の動き出しが遅いのもよくありませんが、早ければよいというわけでもありません。
退職したい時期のかなり前から転職活動を開始し、内定を貰えたとしても、希望の時期まで入社を待ってもらえるとは限らないからです。

まずはスケジュールを立て、それに沿って転職活動を進めていきましょう。

自己分析・情報収集を行う

スケジュールを立てたら、続いて自己分析と会社の情報収集を行いましょう。

自分のことが理解できていないまま転職活動をはじめてしまうと、軸が定まらず転職活動がダラダラと長引いてしまう可能性があります。
会社に何を求めるのか、どんな仕事がしたいのか、この転職で何を叶えたいのかなど、きちんと自己分析をし、自分の価値観を明確にしたうえで転職活動を進めるようにしましょう。

自己分析が済んだら次は会社の情報収集を行いましょう。

行きたい業界がある場合はその業界誌を読んだり、会社ホームページや四季報、ビジネス誌を読むなどして情報を集めて行きましょう。
転職エージェントを利用して転職活動を行う場合は、担当のエージェントに聞いてみるのもいいでしょう。

注意してほしいのは、業務中に会社のパソコンを使って調べるのは避けるということです。
履歴が誰に見られているか分かりませんし、転職活動を行っていることが会社の人にばれると職場に居づらくなってしまうかもしれません。

働きながらの転職を成功させるポイント

続いて、働きながら転職活動を行う時に気を付けたいポイントについて解説していきます。

スケジュールを余裕をもって立てる

先ほど転職のスケジュールを立てましょうとお伝えしましたが、スケジュールは余裕を持って立てるようにしましょう。

一般的に転職活動を始めてから内定が決まるまで、3ヶ月ほどかかると言われています。
働きながら転職活動をする場合、仕事のある日はなかなか時間が取れず、自己分析や会社の情報収集をしたり、職務経歴書を準備したりできるのは休日だけになってしまうかもしれません。

思うように転職活動を進められず焦ってしまうことのないよう、予め余裕を持ったスケジュールを心掛けましょう。

面接のスケジュールに余裕を持つ

また、働いていると面接日と出勤日がかぶってしまい、面接の日程調整に時間が掛かってしまうようなことがあると思います。
日程調整が難航している間に、他の候補者に採用が決まってしまうかもしれません。

仕事が落ち着いている時期など、有給の取りやすい時期に面接を予定し、面接候補日を多く提示するなど余裕を持って行動できるようにしておきましょう。

転職活動を始めると、面接のために会社を休まなけらばならないことも増えてくるかと思います。
有給日数に余裕があるかどうかも事前に確認しておくようにしましょう。

今はオンライン面接を行っている会社も増えてきているので、会社を休むのが難しいという方は上手く活用できると良いですね。


社内で転職活動がバレないように注意する

転職活動中は周りの人たちに色々と相談したくなってしまうかもしれませんが、働いている会社の人たちに話すのは避けたほうが良いでしょう。

転職活動をしていることがばれてしまうと、今の仕事にやる気がないと思われたり、社内での心証が悪くなり正当な評価が受けられなくなってしまったりする可能性があります。

また、もし転職活動をやめて今の会社に残りたいと思った時に居づらくなってしまうかもしれないので、社内の人たちにはばれないよう注意しましょう。


働きながら転職活動をするのは大変ですが、この記事を参考にポイントを押さえて進めていきましょう!

まとめ

働きながら転職活動をすることのメリットとして、金銭的余裕があるため精神的に余裕を持って取り組めることや、転職活動が上手くいかなかった場合のリスクが少ないことがあげられます。

転職活動を始める前にスケジュールを立て、自己分析や会社の情報収集を行うことが必要です。

仕事中に転職活動を行う場合は注意が必要であり、余裕を持ったスケジュールの立て方や面接のスケジュールにも余裕を持つことが大切です。
また、社内で転職活動がバレないように注意することも重要です。

働きながら転職活動をするのは大変ですが、ポイントを押さえて進めることで成功する可能性が高まります。

「転職活動で準備することは?働きながらの転職を成功に導くポイント!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録