転職ではキャリアパスを確認!キャリアパスのメリットや考え方を紹介!

転職でキャリアパスという言葉を使うことがありますが、よく似た言葉が多いため理解できていない人も多いです。

そこでこの記事では、キャリアパスの意味とどういった場面で使われるのかを解説します。

企業が提示するメリットや、自分で考えるときの注意点などをまとめました。正しく理解して将来のキャリアに活かしてください。

この記事を読めばキャリアパスについて理解できます。興味のある方はぜひ最後まで読んでみてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えた提案に強み
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnote👇👇もご覧ください。(以下をクリック!)

そもそもキャリアパスとは

まずはキャリアパスの意味を確認しておきましょう。

企業が提示する場合と、自分で考えるケースを見ていきます。

企業内でのキャリアの道筋

キャリアパスとは、企業内で目標としているポジションや職位に対して、どのようなスキルや経験を積んでいくかを明確にしたものです。

例えば、係長→課長→部長とステップアップを目指していく場合、昇進するための基準や、どれくらいの期間が必要かを企業が示すことになります。

明確な基準があれば、今何をすればいいのかが分かるので、計画的に働くことができるのです。

企業側が社員に提示する場合が多い

キャリアパスは企業が働く従業員に提示する場合が多いです。

キャリアパスの具体例

○○部でAという業務経験を2年、Bという業務経験を3年積み、△△という資格を取得後、昇格する。

キャリアパスは求人情報に記載されていることもあります。募集している職種で経験を積んだ場合に、将来的にどんなキャリアを選択できるかを明示しているものです。

また、キャリアパス制度を設けている企業も増えています。社内で昇格するために、どのような経験やスキルが必要か明確にしています。

自身でキャリアパスを考えることも可能

自分でキャリアパスを考えることもできます。自分の立ち位置を把握し、市場価値を高めるための経験やスキルが明確になることがメリットです。

また、自分の将来のために転職の判断ができるようになります。応募企業を選ぶ際にもキャリアパスと比較して、目標を実現できそうな企業を選ぶといいでしょう。

キャリアパスがはっきりしていれば、企業が提示する内容と重ねることで、志望動機や転職理由が明らかになり、効果的なアピールができます。

企業がキャリアパスを提示する2つのメリット

企業がキャリアパスを提示することで、どんなメリットがあるのか解説します。

大きく2つのメリットがあり、入社後のミスマッチを防げることと、社員のモチベーションアップが期待できる点です。それぞれについて詳しく見ていきます。

入社後のミスマッチを未然に防げる

企業がキャリアパスを提示するメリットは、ミスマッチを防げることです。企業を継続させるには人材の確保が必要不可欠です。しかし、採用するだけではなく離職率を下げて定着させることも重要となります。

応募してきた求職者にキャリアパスを提示すれば、入社後のイメージが具体的に伝わります。入社前から働き方を共有できているので、企業と求職者双方のギャップを軽減することができるでしょう。

また、求職者がキャリアパスを元に、企業に適応できるかを判断できるため、人材のミスマッチを減らすこともできます。キャリアパスを提示することは、短期離職を防止する効果があり定着率を向上できるでしょう。

社員のモチベーションが上がる

キャリアパスがあることで目指すキャリアまでの道筋が明確になるため、どんな経験を積むべきか理解できます。自分のキャリアを考えている人にとって重要な基準となるのです。

道筋が示されていることで、今の仕事が将来につながっていることを理解できるので、日々の業務に対して、高いモチベーションを保てます。

また、将来設計を立てやすくなるため、努力の方向性が明確になり意欲的に働けるようになるのも大きなメリットでしょう。

自身でキャリアパスを考える時の注意点

キャリアパスを自分で考えることもできます。

その際の注意点を2つ紹介します。

現在のキャリアを徹底的に分析する

自分でキャリアパスを考えるには、現在のキャリアを分析する必要があります。まず自分のスキルを整理し、どんなことが得意なのか把握しましょう。

自分の興味や関心を持っている対象をまとめておくと、職業適性につながることもあります。自分の興味関心を踏まえて仕事を選べば、その仕事への適性を確認できるでしょう。

また、自分一人で考えるよりも、周囲からアドバイスを受けたほうが客観的に判断できます。相談できる環境がないときは、転職エージェントに相談するのもおすすめです。

定期的にキャリアパスの見直しをする

一度考えたキャリアパスは、一年に一度は見直しをしてください。周囲の環境や健康・家族などの状況変化で、見直しが必要になることがあります。現状に合っているか定期的に確認し、必要であれば修正していきましょう。

また、キャリアパスにはある程度の柔軟性を持たせてください。最初に決めたことにこだわり過ぎると視野が狭くなってしまいます。理想を描きつつ、少しくらいの回り道は許容するゆとりを持たせておくことも大切です。

まとめ

キャリアパスについて解説しました。キャリアパスは道筋が明確になることが一番のメリットです。目的意識を持って働けるので、高いモチベーションを維持できます。

自分でキャリアパスを考えるときには、現在のキャリアを分析してから判断しましょう。周囲からアドバイスを受けても良いですが、相談相手がいないなら転職エージェントに登録するのもおすすめです。プロから的確なアドバイスを受けることができます。

「転職ではキャリアパスを確認!キャリアパスのメリットや考え方を紹介!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録