【転職】キャリアプランがない原因は?原因から基本の考え方を学ぶ!

転職活動ではキャリアプランという言葉をよく耳にします。しかし、キャリアプランがなかなか思いつかないという人も多いようです。

「どうすればいいのか分からない」
「将来の目的が特にない」
などの理由で、悩んでいる人もいるようです。

そこでこの記事では、キャリアプランが見つからない理由と、基本の考え方を解説していきます。
さらに、計画を立てるコツや、最低限おさえておきたいポイントを紹介していきます。キャリアプランの基本を理解することで、転職活動がスムーズに進むでしょう。

キャリアプランが立てられずに困っている方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnote👇👇もご覧ください。(以下をクリック!)

転職でキャリアプランは重要な軸

キャリアプランとは、自分の理想とする将来像を達成するための行動計画のことです。5〜10年先を想定することが多いですね。

転職活動でキャリアプランが必要になる理由は、軸を定めるためです。企業選択や入社後のミスマッチを減らすためには、将来を見越した「転職活動の軸」が重要となります。

また、面接の場でもキャリアプランについて質問されます。本人の希望と実際の業務にギャップがないか確認し、長く働いてくれそうかを見極めるためです。そのため、しっかりと説明できるような練習も必要となります。

キャリアプランがないと感じる2つの原因

計画を立てられない人にありがちな原因を2つ紹介します。

あとから修正することもできるので、考えすぎないことも大切です。

自分にはできないとあきらめてしまう

自己肯定感が低い人は、やりたいことを考えても「自分にはできない」と諦めてしまうことがあります。この場合、自分がやりたいと思うことが重要で、できるかどうかは関係ありません。

現状できないことでも、将来できるように訓練することもできます。現在できることをキャリアプランにしてしまうと、レベルが低すぎて自己成長は望めません。

『今できないけどやりたいこと』を目標にして、成長することで理想とする姿を目指すということがキャリアプランを立てる目的です。

逆算して計画を立てられない

キャリアプランが思いつかない人は、ゴールを設定していない可能性があります。目標もなしに計画を立てても、うまくいくはずがありません。ゴールがないと必要になるスキルや経験も設定できないため、計画を立てようがないのです。

また、別の理由として完璧主義になっているケースもあります。理想像から逆算しても、やるべきことが多すぎて、そのすべてを完璧にやろうとすると無理があるでしょう。

計画を進めていくうちに、やりたいことが変わったり、環境の変化でキャリアプランを修正することもあります。最初から完璧に計画しなくてもいいのです。

キャリアプランがないと悩むときの基本の考え方

キャリアプランがない人は、考えるための情報が足りていない可能性があります。

過去を振り返ったり、新しい情報を探してみてください。

自分にできることを整理し分析する

まずは現状を把握します。スキルの棚卸でこれまでの自分を振り返り、経験した業務や資格などを洗い出してみてください。この段階では深く考えずに、事実だけを書き出していきましょう。

スキルの棚卸で、過去の経験から将来どうなりたいのかを考えていきます。何かの法則のようなものや、自分の興味関心が見えてくれば計画を立てるヒントになります。

また、仕事の経験や知識が少なくて、選択肢が思いつかないこともあります。その場合には、業務の中でできることを増やしてください。ある程度の経験を積んでから改めてキャリアプランを立てましょう。

自分の価値観や得意も分析する

自分の価値観や得意分野を分析するには、仕事で楽しかったことや、辛かったことを振り返ります。また、自分にとって得意だと感じることを考えてみてください。自覚がなくても、楽に達成できることは得意分野かもしれません。

他には、求人サイトなどから興味のある仕事を探してみるという方法もあります。実際に転職できるかは別として、自分の興味の範囲を確認するためにさまざまなジャンルの情報に触れてみると、新しい気づきがあるかもしれません。

目標を定め逆算して計画を立てていく

自分がなりたい理想像を先に設定し、そこから逆算して計画を立てていきます。すでにスキルの棚卸によって現状を把握できています。さらに、自分の価値観や得意なことも確認済みです。

自分が設定した理想像と、今のスキルや経験との差を確認し、どうすればその差を埋めることができるのか考えていきます。

必要となるスキルをいつまでに習得するべきか具体的に考えていきます。あくまでも計画ですので、定期的に見直してみて状況が変わっていれば修正していきましょう。

専門家の意見も有効活用しよう

キャリアプランを考える方法について解説してきましたが、まだ思いつかない方は専門家に頼るのも一つの手です。転職エージェントに登録して、プロの意見を参考にすると客観的に自分を評価できます。

転職エージェントはキャリア相談だけではなく、転職相談や選考のサポートなどのサービスが無料で受けられます。転職に関する視野が広がり、適性のある職業を見つけるためのアドバイスを受けられますので、ぜひ検討してみてください。

まとめ

キャリアプランがない原因について解説しました。大きな原因として、「自己肯定感が低い」「完璧主義である」の2つが挙げられます。最初から完璧なものを作る必要はなく、修正しながらプランを進めていきましょう。

計画を立てられない時の考え方として、スキルの棚卸による現状把握、自分の価値観や得意なことを確認してください。そこから将来像を設定し、逆算して計画を立てていきます。

これらの情報でも思いつかないなら、専門家であるプロに頼るといいでしょう。転職エージェントであれば登録は無料です。転職に関することなら何でも相談できますので活用していきましょう。

「【転職】キャリアプランがない原因は?原因から基本の考え方を学ぶ!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録