キャリアコンサルタントへの転職は未経験でも可能?資格取得方法を解説!

キャリアコンサルタントは2016年に国家資格になりました。キャリアを支援する人をキャリアカウンセラーと呼びますが、2016年まではキャリアコンサルタントとの違いははっきりしていませんでした。しかし、国家資格となった現在では、明確にルールが定められています。

この記事では、キャリアコンサルタントとはどんな仕事なのか、また、資格取得の条件や合格率、勉強時間などを解説していきます。

キャリアコンサルタントについて理解が深めたい方、興味のある方はぜひ読んでみてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えた提案に強み
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnoteもご覧ください。(以下をクリック!)

そもそもキャリアコンサルタントとは

キャリアコンサルタントとは、労働者が最適な環境で働くために支援するキャリアコンサルティングを行う専門家です。

キャリアコンサルティングとは、働きたいと思っている人の相談に乗り、その人が自分らしく働けるようにアドバイスを行うことです。

主に以下のような職場で活躍しています。

キャリアコンサルタントの職場

  • 企業の人事
  • 大学のキャリアセンター
  • ハローワークの職員
  • 人材派遣会社
  • 人材紹介会社

上記のような、人のキャリアに関わる場所で、就職・転職を支援しているのがキャリアコンサルタントです。

未経験者がキャリアコンサルタントにはすぐにはなれない

国家資格を取る必要があるため、すぐになれるわけではありません。

キャリアコンサルタントになるには、国家資格が必要です。

キャリアコンサルタントを名乗るには国家資格が必要

キャリアコンサルタントは名称独占資格と呼ばれており、無資格の人は名乗ることができません。

キャリアコンサルタントになるためには、国家資格の学科・実技の両方に合格しなければなりません。登録制の資格ですので、合格後に名簿登録することでキャリアコンサルタントを名乗れます。

また、5年ごとに更新講習が必要です。資格を更新しないと失効となります。

未経験者がキャリアコンサルタントの国家資格を取得する方法

国家資格を取得するために、まずは受験資格を得てください。

受験資格を得たら国家試験を受け、合格できればキャリアコンサルタントになることができます。

キャリアコンサルタント養成講習を受講して受験する

国家試験の受験資格は以下の3つの方法で得ることができます。

受験資格を得る方法

  • 養成講習の課程を修了
  • 実務経験3年以上
  • キャリアコンサルティング技能検定に合格

未経験で受験資格を得るなら、養成講習を受けるのが一番早いです。

厚生労働大臣認定講習は2023年11月時点で、22の団体が講座認定されています。必要な知識が初心者でも学びやすくまとめられているため、未経験者にはおすすめの方法です。

実務経験を3年以上積んで受験する

実務経験とは労働者を対象とした、キャリアに関する相談や支援を、業務として行なった経験を指します。

未経験から始めると、条件を満たすまでに3年以上かかってしまいます。

実務経験の具体例

  • 企業でのキャリア相談
  • ハローワークでのキャリア支援
  • 求職者向けの相談
  • 民間の人材紹介会社での転職・就職支援
  • 学生や既卒向けの就職相談

また、3年以上の実務経験を証明するために、実務経験証明書を提出する必要があります。

年数の算出は、受験の申請日を含む月の月末までです。

キャリアコンサルタント養成講習について

講習受講者の合格率は比較的高い

3つの受験資格毎の合格率は、養成講習の修了者が最も高いです。

令和5年3月に実施された、第22回キャリアコンサルタントの試験結果を見てみましょう。

受験資格別の合格率

受験資格学科実技
全体平均82.2%64.6%
養成講習修了83%65.8%
実務経験者73.3%50.1%
技能検定50%57.1%
出典:第22回キャリアコンサルタント試験結果の概要(pdf)|厚生労働省

受験数のうち、養成講習の修了者は以下の通りです。

  • 学科試験:5154人中、4393人
  • 実技試験:5369人中、4674人

受験した人のほとんどが、キャリアコンサルタント養成講習を修了して受験していることがわかります。

講習方法はオンラインと通学がある

カリキュラムは「講義」と「演習」に分かれており、150時間以上の講習があります。

その150時間のうち、半分の時間は通学して学ぶことが決められています。しかし、コロナ禍をきっかけに、オンラインでの受講が認められるようになりました。

今まで通学が難しかった人や、講習の開催地が遠方にしかなかった人にとっては、オンラインの普及で、学ぶチャンスが広がったということです。

講習期間は3~6カ月程度

国家試験の受験資格を得るために、養成講習を受講すると150時間以上のカリキュラムがあります。3~6カ月程度が目安になりますが、修了後にも試験合格へ向けての勉強が必要です。

養成講習で150時間以上、学科試験への対策に100~200時間程度の自主学習が必要だといわれています。

2023年11月時点で、22の団体がキャリアコンサルタントの養成講習を実施しています。

参考:厚生労働省「講習一覧(養成講習)[PDF]

まとめ

キャリアコンサルタントとは、働きたい人の相談に乗り、自分らしく働けるよう支援する専門家です。国家資格が必要になりますので、受験資格のためにまずは養成講習を受けてください。

3~6カ月程度、150時間以上のカリキュラムが目安になりますが、学科試験への対策に100~200時間程度の自主学習も必要になるでしょう。

オンラインの講習もあるので、どこにお住まいの方でも挑戦できます。22団体ごとにオンラインの対応は異なりますので、しっかりと確認しましょう。

「キャリアコンサルタントへの転職は未経験でも可能?資格取得方法を解説!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録