20代の転職は厳しいって本当?年代・性別別で転職成功のコツを紹介!

20代の転職活動は、ポテンシャル採用があるため、学歴や経験を問わない求人もたくさんあります。しかし、20代後半に入ると企業が求めるものが変わってくるため、転職が難しくなると考える方もいるようです。

「転職したいけどスキルがない」
「20代後半では転職が難しい?」
など、転職について悩んでいる方もいるかもしれません。

そこでこの記事では、20代の転職活動について解説していきます。年代・性別ごとに転職を成功させるコツも紹介していますので、20代で転職を考えている方はぜひこの記事を読んでみてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

20代の特に後半が転職が厳しいといわれる理由

転職活動を進めていく中で、20代後半の転職がなぜ難しいのかについて解説していきます。

20代後半は20代前半に比べて、スキルや経験を求められる傾向が強くなるため、適切にアピールできるように準備しておきましょう。

20代後半は経験やスキルも求められる

20代後半になると社会人経験が長くなるため、20代前半の頃よりも「スキルや経験」を求められるようになります。具体的な実績を示せなければ、企業は20代前半の人材を採用する可能性もあるでしょう。

同じ20代でも後半になるとスキルや経験、コミュニケーションスキル、仕事に取り組む姿勢などが見られます。「会社にどのような貢献ができるのか」ということを重視されます。仕事における自分の強みや、職務経歴を説明できるように準備しておくことが大切です。

20代後半は転職を希望する人が増える

20代後半になると、転職を希望する人が増えてくることも転職が難しくなる原因の一つです。採用倍率が高くなり、競争率が上がる可能性もあるでしょう。

大手企業や人気業種への転職を目指している人は、競争が激しくなることを覚悟して、自分のスキルや経験をアピールする準備をしておきましょう。

一方、20代後半の転職希望者の採用に積極的な企業も増えつつあり、これらの企業ではポテンシャルや適応力を重視する傾向があります。その場合には20代後半でも転職できるチャンスがあるでしょう。

22時過ぎまで働き、週末は体力回復にあてていたM.Hさんの転職成功事例】 実際に弊社で転職支援させて頂いたHさんの生の声と、転職活動で大切なポイントについて教えて頂きました。 👇(以下をクリック)

実際は20代は転職に不利ではない

20代後半の転職が厳しい理由について解説しましたが、難しいのは「新卒・第二新卒」と比べた場合の話であり、20代であれば異業種への転職も不可能ではありません。

30代になると早い人は管理職になる人もいるので、一から仕事を覚えて同年代の人に追い付くのは大変です。

しかし、20代後半であれば、まだ未経験分野へ転職する道もあります。今の仕事にやりがいを感じておらず、異業種へ転職したいと考えているのなら早めに行動しましょう。

年代・性別別転職成功のコツ

20代の転職について、「前半・後半」と「男性・女性」に分けて成功のコツを解説します。

年代ごとに何を求められているのか理解して転職活動を進めましょう。

20代前半はポテンシャルを磨く

20代前半の転職は実質新卒のようなものであり、スキルや経験を期待されることはありません。そのため、未経験や異業種であっても求人が多く、採用される可能性も高いでしょう。

20代前半の人材には「仕事への熱意」や「学ぶ意欲」が重視されます。学歴や経験を問わない職種では、教育する体制が整っている企業も多く、働きながらスキルを磨き、キャリアを積み上げていくことも可能です。

20代後半はスキルや経験を活かす

20代後半の人材には長期的な活躍を期待されます。年齢としてもまだ若く、前職での経験がある即戦力として活躍できるという点も企業にとってはメリットです。

20代後半の人材に求められるスキルは以下のものがあります。

  • 即戦力(基礎体力・経験)
  • リーダーシップ
  • 適応能力

これらの要素をアピールできれば、転職成功の確率を上げることができるでしょう。これまでの経験やスキルをどのように仕事に活かせるのかが大切です。

男性・女性ともに転職軸を明確に持つ

転職したい理由を明確にしないまま転職先を探してしまうと、入社した会社でまた「転職したい」と考えるようになります。自己分析を含め、自分がなぜ転職したいと思ったのかを明確にしておきましょう。この点に関しては男女ともに重要です。

「現職のどこに不満があるのか?」「仕事のどこを改善したいのか?」をはっきりさせてから転職先を探しましょう。

特に女性は生活環境の変化に対応できる会社選びがおすすめ

性別の大きな違いとして、女性は出産時に働き方が大きく変化することが挙げられます。そのため女性は転職先に「結婚・出産」しやすい環境を重視して職場を選ぶことをおすすめします。

「結婚・出産・育児」の予定は正確に立てられませんが、生活環境の変化に柔軟に対応してくれる企業を選ぶことは、自分の人生の選択肢を増やすことにつながりますよ。どんな人生を選んでもやりがいのある仕事を続けられる、そんな企業を選べると転職成功といえるのではないでしょうか。

具体的には、「時短勤務可能」「育休・産休を取得できるか?」などの女性のための「福利厚生の整備」を転職先の条件として意識しましょう。制度が導入されていても、制度を実際どの程度利用しているかなどの現場の声も確認できるとなお良いです。女性が活躍しており、産休・育休の取得実績がある職場を選んでください。

やりたいことが見つかっても、「受からなければ」選べない。】 株式会社Neutralで支援した相談者さんも多数の面接を通過し「年収50〜100万円UPの内定」をもらっている面接対策のテンプレートは以下に記載しています。 (こちらは、大変好評いただいているのと弊社の長年のノウハウが詰まっているため有料購入者様限定とさせて頂きます🙇‍♂️) 👇(以下をクリック)

まとめ

20代の転職について解説しました。20代の前半・後半で企業から求められるものは異なります。

新卒に比べれば求められるものが多くなりますが、30代に比べれば、まだ異業種への転職も可能な年齢です。もし、違う業界への転職を考えているなら、早いうちに行動しましょう。

20代前半ではポテンシャルを磨き、20代後半ではスキルや経験を活かした転職活動を進めましょう。

男女ともに転職の軸を明確にしてから転職先をえらんでください。女性の方は結婚・出産を視野に入れた職場選びを意識すると良いでしょう。

少しでもこの記事が役に立てていたら嬉しいです。 ちなみに、Xでは毎日2回140文字で転職やキャリアに関する前向きになれる大切な情報を発信しています。 よかったらフォローしてみてくださいね😊 👇

「20代の転職は厳しいって本当?年代・性別別で転職成功のコツを紹介!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

無料でキャリア相談
キャリアのプロ杉井に直接相談