転職面接の準備不足はどうカバー?当日でもできることを解説!

転職の面接が明日なのに、なにもしていない。

面接の準備不足で、自信がないから辞退したい。

面接準備をしていなくて、行きたくなくなってきた。

という人でも、明日でも間に合う準備を解説します!

ひとつでも当てはまる人はぜひ、参考にしてください!

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えた提案に強み
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnote👇👇もご覧ください。(以下をクリック!)

【転職面接】準備不足でもあきらめない!

面接では「準備をあまりしてなかったけど、内定をもらった!」「落ちたと思っていたけど、内定をもらった!」という事も多々あるそうです。

準備不足でも、ぎりぎりまで準備をしてあきらめずに臨みましょう!

当日本番までの移動時間も活用する

当日に現地へ向かうまでの移動時間も活用しましょう。

音楽を聞いたり、SNSを見たいという気持ちもわかりますが、少しでも合格率をあげるために、

我慢をして対策を行いましょう。

移動時間にできる対策も様々なものがあります。

移動時間にできる対策

・企業ホームページを確認する。

・企業SNSを確認する。

・応募要項や求められる人材を確認する。

・聞かれやすい質問への答え方を考える。

・逆質問を考える

携帯でメモをとるなど、ぎりぎりに見返すことができるようにしておくとなお良いです。

面接前に準備すること

当日までに、特に重視して行いたい事をまとめたので、「準備に何をすればいいかもわからない!」という人は最低限これだけでも行いましょう。

聞かれやすい質問でもありますし、答えに一貫性を持たせるためにも必要です。

志望動機を確認しよう

まずは、なぜその業界・企業・職種を志望したのか確認しましょう。

未経験の業界・職種へ転職をする場合必ずきかれます。

志望動機をうまく作るためのコツとしては

志望動機をつくるコツ

・自己分析

・企業・組織研究

・目標設定

・具体性

自己分析:価値観・興味・経験を分析しましょう。

自分がやりたい事は何か、なにに情熱を持っているか理解すると作成しやすいです。

企業・組織研究:業界の動向やトレンドもそうですが、同業種の会社との違いを調べることができると、より応募先への熱意が伝えられます。

目標設定:将来どのような役割や業務を担っていきたいのか考えましょう。

それに向けて成長ができる環境や機会を提供してくれる組織に魅力を感じたなどで作成することができます。

具体性:なんとなくで考えてしまうと、「それ、うちの会社じゃなくてもできると思いませんか?」という返し方をされてしまいます。

より具体性をもち、応募先でないとできない、応募先で叶えたいなど熱意を伝えられるようにしましょう。

自己PRを固めよう

自己PRは、履歴書に記載するだけでなく、面接でも聞かれます。

自己紹介をしてください。という形でPRを求められる場合もあります。

自己PRについても以下を参考に考えてみてください。

・強み(スキル、性格)

・前職での経験や体験談

・強み、経験をどう活かしていけるか

転職の場合は、なにかしら戦力として活躍できる人材が求められます。

今まで培ってきたものを、どのように発揮することができるのかという風に伝えましょう。

考えることができると以下のような例文で伝えることができます。

「わたしの強みは〇〇です。

前職では◇◇という役職につき、××という業務を担当してきました。

その中で、△△という経験をし、〇〇の能力を身に着けました。

御社に入社した際には、〇〇の能力を活かし、業務を遂行したいと思います。

将来的には、□□という役職で活躍をしていきたいです。」

応募先企業のHPで情報収集をしよう

時間がない!という人は最低限応募先企業HPを確認しましょう。

応募先企業HPでは

情報収集するもの

・企業理念、クレド

・企業概要

・事業内容

・採用情報、募集要項

・ソーシャルメディアアカウント

などを確認することができます。

応募先企業がどのような思いで会社を設立したのか

どのような規模で事業を行っているのか

どのような人材を求めて募集をしているのか

を知ることができます。

内定をもらうために、面接内容は応募先企業が求める人材と一致する必要があります。

面接で答える内容に一貫性を持たせるために、最低限確認しておきましょう。

面接当日に面接先へ到着するまでにできること

「メラビアンの法則」といったように、第一印象が面接において重要な要素の一つであることは広く知られています。

少しでも内定をもらえる可能性をあげるために、身だしなみはきちんと整えましょう。

身だしなみは面接室に入る前ではなく、企業の周辺に到着した際には準備が終えられているようにしましょう。

姿勢を正し、身だしなみを確認する

きちんと立った状態で身だしなみがないか確認しましょう。

ヘアスタイル

目にかからないようなヘアスタイルで面接に臨みましょう。

髪が長い場合はピンで止める、結ぶなど工夫が必要です。

顔が見え、清潔感を与えるようなヘアスタイルで臨みましょう。

スーツ

スーツは柄のない無地のものを選ぶのが無難です。

無地での、派手に見えてしまう明るいグレーなどは注意をしましょう。

心配な人は、暗めの無地を選ぶほうが良いです。

スカートスタイルの場合は、膝丈ほどの長さを選ぶようにし、肌の色にあったストッキングを着用しましょう。

ベルト・靴・靴下

ベルト・靴・靴下は装飾の少ないものを選びましょう。

色も黒色が無難です。

パンプスを着用する際は、ヒールの高さが3センチ程度がオススメです。

アクセサリー

アクセサリー類は基本外していきましょう。

着用しても良いものは

・腕時計

・結婚指輪

の2点です。

ネックレス・ピアス・ブレスレットなど不要なものはすべて外しておきましょう。

転職面接では準備が重要といわれる理由

転職面接では、限られた時間で自己PRをしなければなりません。

また、前職はどの立場だったのか、何をしていたのかなど経歴まで聞かれる事が多くあります。

話す内容も、履歴書、職務経歴書と違う場合は疑問を持たれてしまいます。

短く、丁寧に、履歴書に記載された内容と同じものを話すことができるように準備しましょう。

面接準備は少なくとも半日~1日必要

履歴書や職務経歴書の内容確認、企業研究など、まとめて行おうとすると半日~1日は最低でもかかってきます。

仕事をしながら転職活動をする場合に、半日時間を確保することも難しくなると思います。

そのため、通勤時間や休憩時間を活用し、少しづつでも進めていきましょう。

準備量が面接官に伝わりやすい

転職の面接では、「まず、自己PRも含めて自己紹介をお願いします。」

という形で1問1答ではない質問形式ででる場合もあります。

自己PRや長所、経歴などまとめていればつなげて話をすれば、長い文章でもわかりやすく伝えることができます。

準備をしていないと、何度も話につまってしまったり、無駄に長くなってしまうことがあります。

そうすると面接官は、準備をしていなかったのかな?という風にとらえてしまうこともあります。

実際の仕事でもどこまで準備をして取り組んでくれるのだろうかという判断にもなりますので、しっかりと準備をして面接に取り組みましょう。

まとめ

いかがでしたか?

明日に面接を控えているけどなにもしていない

これから面接だけど最後に何を復習しておこう

うまくできるか不安という人に少しでも力になれれば嬉しいです。

準備した内容を自信をもって伝えられるように頑張ってください!

「転職面接の準備不足はどうカバー?当日でもできることを解説!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録