転職エージェントを上手く利用できていないのはなぜ?ぴったりのエージェントと出会う方法!

転職エージェントをあまり上手く利用できていないと感じる時、何が原因なのでしょうか。

上手く利用できていないと感じる人の中には、
「紹介された求人が合わなかった」
「連絡がなかなか来ない」
などの不満を抱えている方が多いようです。

そこで、この記事では、転職エージェントを上手く利用するための方法を紹介します。自分に合った担当者と出会うためのコツも解説していますので、参考にしてください。

この記事を読めば、転職エージェントを効率的に利用できるようになります。転職活動に行き詰っている方は読んでみてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnote👇👇もご覧ください。(以下をクリック!)

転職エージェントを上手く利用できていないと感じる時とは

転職エージェントが上手く利用できていないと感じるのはどんな時でしょうか。

考えられる原因を3つ紹介します。参考にしてください。

伝えた希望と紹介内容が合わない

紹介された求人内容が、伝えた希望と違う場合があります。これは、求職者が希望した条件に合う求人が無かったときに起こります。

また、担当者が、希望業界や業種へのサポートを得意としていない可能性もあります。これは、担当者の得意分野ではなかったために、紹介する求人内容にずれが生じてしまうということです。

この場合、自分の希望を伝えることはもちろんですが、どうしても求人が合わないのであれば、転職エージェントに担当者の変更を申し出てください。

連絡がなかなか来ない

担当者は複数の求職者に求人紹介しているため、同時に対処する必要がある時に、優先順位を付けてサポートするしかない状況があります。その結果、連絡が遅くなる人が出てくるのです。

連絡が来ない場合は、こちらから連絡する頻度を増やしてみましょう。転職の意欲が高い人は支援が手厚くなるため、優先的に対応してもらえるようになります。

また、あなたと相性が悪いと感じる場合は、担当者の変更を検討してください。この時、どこが合わなかったのかを伝えておきましょう。そうすることで、似たような人が担当者になるリスクを下げられますよ。

多数の応募を勧めてくる

自分の想定より多数の書類選考に応募することを勧めてくるケースがあります。想定より多く応募し、複数の会社に落ちてしまうと精神的に落ち込みますし、逆にたくさんの選考に通ってしまうと面接をたくさん受けることになります。希望していない企業にたくさん応募することは、結果がどちらに転んでもいい事はありません。

やはり転職先はしっかりと選んで、自分に合っているかを確認しながら選ぶべきです。もし入社できたとしても、長続きしなければ転職する意味がないので、大量に応募するのは避けたほうがいいでしょう。

『ぴったりの』転職エージェントと出会う方法

自分に最適の転職エージェントに出会うためには、転職エージェントを利用する前に、やっておくべきことがあります。

転職活動を有利に立ち回るため、入念に準備をしておきましょう。

自分の転職希望や自己分析を明確にしておく

転職エージェントを選ぶ前に、自分のことをはっきりさせておくべきです。あなたが転職先に希望していることを整理しておきましょう。

自己分析やスキルの棚卸で、自分のことを客観的にまとめておきます。その情報を元に転職エージェントに転職先を紹介してもらってください。

あなたの希望がはっきりしていれば、転職エージェントもそれに合った求人を探しやすくなり紹介の精度が上がります。転職の事前準備をしておくことが重要です。

転職エージェントの得意分野を確認する

転職エージェントにも、得意分野というものがあります。特定の業界に特化している場合は、転職で有利な情報を入手しやすいです。

自己分析で希望する転職業界が分かっていれば、それに合った転職エージェントを選ぶことで、より具体的なアドバイスをもらうこともできます。

また、担当者にも得意分野があります。あなたの希望業種の知識が乏しい人が担当に付いてしまった場合、早めに変更してもらった方がいいでしょう。

変更を申し出るときは、「〇〇分野に詳しい人をお願いします。」とはっきりと伝えておくと間違いが起こりません。

複数登録し自分に合ったものを選ぶ

転職エージェントに登録するときは、2~3社に登録する事が多いです。複数登録の目的はできるだけたくさんの情報に触れることで、たくさんの選択肢から選べることがメリットとなります。ただし、多ければいいという話でもないので、複数登録は多くても5社くらいまでにしておきましょう。

複数登録することで各社のサービス内容を比較できます。情報収集が十分にできたら、使い勝手のいい所を残して徐々に減らしていき、最終的には1社にしてください。

転職エージェントを利用する方が向いている人とは

転職エージェントを使うには、担当者との情報共有が重要です。

そのためには、相手に自分のことを分かりやすく伝える必要があります。

自分の意志を持ちつつ効率的に転職したい人

自分の経験やスキルが整理できていて、それを分かりやすく説明できる人は、担当者もマッチする求人を探しやすいです。

転職意欲が高い人は、優先的に求人情報を紹介してもらえます。あなたは転職エージェントから紹介を受ける立場ですが、こちらからも積極的に行動してください。

目的意識がはっきりしていて、相手にしっかりと言語化して伝えられる方は、効率よく転職活動ができるでしょう。

まとめ

転職エージェントを上手く利用できていないと感じるときの特徴についての記事でした。

相手が転職のプロとはいっても、あなたが希望を伝えられなければ、マッチする求人は見つかりません。

そのために、自分のスキルや経験を整理しておくことが重要です。転職に何を望んでいるのかを、はっきりさせておきましょう。最後までお読みいただきありがとうございました。

「転職エージェントを上手く利用できていないのはなぜ?ぴったりのエージェントと出会う方法!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録