転職時の履歴書写真での服装を解説!写真から好印象を与えよう!

転職活動で履歴書に貼る写真について、どういう写真を用意すればいいのか、悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

「スマホで撮影してもいいですか?」
「どんな服装で撮影するべき?」
などの疑問を抱えている人も多いことでしょう。

そこでこの記事では、履歴書に貼る写真の服装について解説していきます。

男女別のおすすめの服装から、好印象を与えるコツまでをまとめていますので、これから写真を用意する方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnote👇👇もご覧ください。(以下をクリック!)

履歴書の写真も合否の判断材料の1つ

企業は履歴書に貼られた写真で、第一印象を判断します。そのため、好印象を与えることで「一緒に働きたい」と思ってもらうことが重要となります。

写真の印象が悪ければ、「やる気がない」「雑な性格である」とマイナスイメージを与えてしまうこともあるでしょう。

服装は性別を問わずスーツを着用するのが無難です。応募先企業が服装自由であったとしても、履歴書に貼る写真はスーツを着用して撮影しましょう。

履歴書の写真は第一印象を決める大切な要素ですので、手を抜かずに準備してください。

【転職時の履歴書写真】男女別おすすめの服装

男女別におすすめの服装を紹介します。

黒や紺を基調とした、シンプルでフォーマルな服装が基本です。

男性の場合

落ち着いた色のスーツを着用してください。白いワイシャツに派手過ぎない色のネクタイを合わせます。真面目で誠実な印象を与えたいため、ボタンダウンシャツなどカジュアルな印象のものは避けましょう。

自分の体格に合ったスーツを着用し、シャツのボタンを留め、ネクタイをきちんと締めてください。スーツにシワがある場合には写真撮影前にクリーニングに出しておきましょう。

サイズが合っていないのなら、買い直すのも一つの手です。スーツは面接でも使うため無駄になりません。

女性の場合

紺かダークグレーのスーツ、またはジャケットを着用します。インナーは白や淡い色のシャツかブラウス、カットソーなどシンプルなものを選びましょう。

男性と同様に、自分に合ったサイズのものを着用してください。鎖骨が少し見える程度の服装にし、胸元が開き過ぎないものを選びましょう。フリルや装飾がついたインナーは避けてください。

シャツだと首元が詰まって見える場合には、カットソーを着るとすっきりとした印象になります。ロングヘアの女性は、ジャケットの襟が髪で隠れないように気をつけましょう。

22時過ぎまで働き、週末は体力回復にあてていたM.Hさんの転職成功事例】 実際に弊社で転職支援させて頂いたHさんの生の声と、転職活動で大切なポイントについて教えて頂きました。 👇(以下をクリック)

履歴書写真で好印象を与えるコツ

見た目が派手にならないように注意してください。

アクセサリーなどの装飾品は外し、ナチュラルメイクを意識しましょう。

アクセサリー・装飾品はつけない

アクセサリーや装飾品はつけません。イヤリングやネックレスなどは外してから写真を撮影してください。

普段から眼鏡をかけている人はそのままでも問題ありませんが、光の反射で目が見えなくならないように注意しましょう。

面接担当者は「服装・髪・メイク・爪の手入れ」などをチェックしています。そのため、基本的には装飾品を外しておくのが無難です。

メイクは濃すぎない範囲でしっかりめ

顔色を良く見せるために、しっかりとしたチークやリップを使い、健康的な印象に仕上げます。ただし、アパレル業界などの企業によっては華やかなメイクを好むことがありますので、企業研究で事前に調べておきましょう。

女性の場合、メイクが薄いと写真がぼんやりした印象になることがあるので、普段よりも血色のあるメイクにしましょう。健康的に見えることを重視し、顔にメリハリが出るようにしてください。

男性でもメイクをすることで、目の下のクマやヒゲをカバーできます。メイクに抵抗があるなら、顔の産毛を剃るだけでも明るい印象になるでしょう。眉毛の手入れをすることでキリッとした印象になるので試してみてください。

スマホで撮影する場合は背景や画質に注意する

スマホで撮影する場合には、シンプルな背景の場所で撮影し、顔が明るく見えるように光源にも注意してください。

アプリで補正ができますが、加工を使いすぎると面接で実際に会ったときに、写真と印象が変わるため、違和感を与えてしまうかもしれません。実際の顔の印象と大きく変わってしまう場合には、撮り直した方が良いでしょう。

また、スマホの画面ではきれいに見えても、写真になるとぼやけてしまう場合があります。画質設定にも注意して撮影してください。

写真館での撮影もおすすめ

履歴書に好印象な写真を使いたいのであれば、プロに依頼するのがベストです。プロが撮影した写真であることは採用担当者も分かるため、「入社したい気持ちが本気である」とアピールできるでしょう。

画質が良いのはもちろんですが、細かなアドバイスをもらいながら撮影できるため、納得いくまで撮り直せるのがメリットです。

年収UPを狙うなら転職活動の進め方から見直そう。 】最終フェーズから年収UP交渉を無理なく行う方法も紹介しています。 年収UPは高評価獲得と複数の●●があると有利です。 👇(以下をクリック)

まとめ

履歴書に使う写真について解説しました。企業は、写真を見て第一印象を判断するため、好印象を与えることが大切です。

おすすめの服装としてはシンプルでフォーマルな服装を選びましょう。体格に合ったサイズのスーツを着用し、クリーニングに出してシワがないように注意してください。

また、アクセサリーや装飾品は、基本的に付けません。小さなピアスなどは認められることがありますが、外しておくのが無難です。

きれいな写真を用意するなら、プロに依頼して写真館で撮影すると間違いありません。具体的なアドバイスをもらえるため、納得のいく写真を撮影できるでしょう。

少しでもこの記事が役に立てていたら嬉しいです。 ちなみに、Xでは毎日2回140文字で転職やキャリアに関する前向きになれる大切な情報を発信しています。 よかったらフォローしてみてくださいね😊 👇

「転職時の履歴書写真での服装を解説!写真から好印象を与えよう!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録