【転職準備】第二新卒の成功率を上げたい!後悔しない転職の進め方

第二新卒の転職活動と通常の転職活動でやることは同じだと思っていませんか?

まだ若いので採用したいと思ってくれる企業はあるはずです。

ただ第2新卒の転職活動は準備だけで、
・成功するのか
・失敗してしまうのか
決まってしまうくらい重要なことです。

この記事を読んで、
・おおまかなスケジュール
・転職準備でするべきこと
を把握することから始めて下さい。

また読むだけではなく理解して行動することが、第2新卒の転職活動を成功させるカギになります。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えた提案に強み
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnote👇👇もご覧ください。(以下をクリック!)

第二新卒の求人は増加傾向

少子高齢化が進み労働人口が減少している中で、人材不足の企業が増加しました。

そこで第二新卒を採用したいという需要が増えています。

第二新卒のボリュームゾーンは24歳~26歳。中途採用ではありますが、新入社員に近い位置付けとして積極的に採用を行うという考え方が広まっています。

第二新卒に期待が集まっている理由は、社会人の経験が少なく自社に合わせた教育が容易であること。基本的なビジネスマナーが備わっているため、教育コストが省け「費用対効果が高い」と考えられているからです。

まだ若い第二新卒は、定年まで長く活躍することを期待されています。長期にわたり経験を重ね、戦力として会社に貢献してほしいと考えるのは、どの企業でも同じことです。

基本的な転職スケジュール

転職活動の基本的なスケジュールは、大きく4つのステップに分けられます。

転職の4ステップ

  1. 事前準備
  2. 書類作成・応募
  3. 面接
  4. 内定・退職・入社

転職活動は平均で3か月くらいの期間になることが多いです。

それぞれのステップをざっくりと説明すると以下の通りです。

転職4ステップの内容

  1. 事前準備では、自己分析と情報収集を行います。
  2. 書類作成・応募では、自分を採用することのメリットを短時間で伝わるようにまとめます。
  3. 面接では、毎回のように質問される内容があります。事前に調べておいて、自分の回答を用意しておきます。
  4. 内定が決まったら、退職前の引継ぎや入社手続きを行います。

新卒採用のピークは3月~6月とある程度の時期が決まっていますが、第二新卒は中途採用での募集なので、採用時期は決まっていません。

必要な時期にスピーディーに転職活動ができるのが大きなメリットです。

第二新卒が転職準備で最初にすべきこと

第二新卒の転職準備では、転職の目的を明確にすることが大切です。

情報収集を徹底し、何をアピールできるのか把握しておきましょう。

転職の目的を明確にする

転職準備でまず最初にすることは、目的を明確にすることです。

転職することを目的にしないように気をつけてください。採用された後、仕事に向かっている自分を想像して、将来的にどうなりたいのかを考えましょう。

なぜ前職から転職しようと考えたのかを振り返り、その理由を突き詰めていくことで、自分が達成するべき目的が見えてきます。

転職した後、5年後、10年後の自分がどうなりたいのかを見据えて、応募する会社を選びましょう。

目的がはっきりすれば転職先の選択が容易になり、ミスマッチを防止することができます。

面接の場でも一貫性のあるアピールができるため、好印象を持たれやすいです。

また、自己PRにおいても長所をアピールしやすくなり、説得力のある主張ができるようになります。

自己分析と情報収集を徹底的に行う

自己分析で自分の強みや長所を見つけておきましょう。自分の強みとは過去の経験から身に付いたスキルのこと。長所は自分の資質や人柄のことです。

自己分析は過去の経験や考え方を振り返り、自分がどういう価値観かを明確にするために必要です。

就活サイトにある自己分析ツールを活用するのが手軽でおすすめです。

転職において情報収集はとても大切です。今の時代インターネットからたくさんの情報が簡単に入手できます。

自分にとって不要な情報は避け、必要な情報だけを集める事が重要です。

情報を持っていても行動しないと意味がありません。情報を集めて正しく活用できるからこそ役に立ちます。情報収集だけで満足しないよう気を付けてください。

第二新卒に求められるものを把握しよう

第二新卒に求められているものを知っておきましょう。

前もって対策しておくことで、転職の成功率が上がります。

基本的なビジネスマナー

第二新卒は一度就職し基本的な教育を受けているので、基本的なビジネスマナーが身に付いていることを期待されます。新卒のような教育コストがかからないから、すぐに活躍してくれるという考えです。

基本的なビジネスマナーは業種によりますが、挨拶、時間を守る、身だしなみに気を遣うなど常識の範囲のものや、メールの書き方、名刺交換、電話の受け答えなど。新人に任される仕事が基本的なビジネスマナーに該当します。

潜在的なポテンシャル

ポテンシャル採用とは、応募者の潜在能力や可能性などを能力として評価する採用方法です。未経験の応募でも、採用されやすいという特徴があります。

第二新卒の面接で重視されやすいのは、「熱意・意欲」「コミュニケーション」「協調性」など。どれも仕事の経験ではなく、その人が本来持っている特性ですね。

ポテンシャル採用は1年を通じて不定期で行われており、条件も厳しくありません。

大手企業でも採用方法が多様化しており、ポテンシャルの高い人材を採用して、優秀な人材に育成しようという流れができています。

そのため、第二新卒の若さと、熱意あるポテンシャルをアピールできれば、大手企業に転職できる可能性もあるのです。

早期に退職しない

第二新卒は、前職の在職期間が短いことが企業にとってメリットではありますが、会社を早期退職した理由は面接で確認されます。

忍耐力がなかったのが原因であれば、採用してもすぐに辞めてしまう可能性があるからです。

早期退職は、入社後のミスマッチであることが原因だと言われています。

自己分析をしっかりと行い、企業の情報を事前に集めておくことで、同じ失敗をせずに済みます。

企業が重視しているのは、「長く勤めてくれるのか」なので、面接で一貫性のあるアピールをすることで、長く貢献したいという意欲を示しましょう。

まとめ

第二新卒の成功率を上げるための、後悔しない転職の進め方を解説しました。

転職活動は平均で3か月かかるので、それに合わせたスケジュールで動きましょう。

転職する目的の確認や、自己分析と情報収集も大事なので徹底的に行ってください。

第二新卒に何が求められているかを知り、面接で適切に自己アピールできるようになりましょう。

「【転職準備】第二新卒の成功率を上げたい!後悔しない転職の進め方」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録