営業への転職する魅力とは?未経験の人にもおすすめの業界を解説!

未経験でも営業職への転職ができます。
ただし、どの業界へ転職するかの選択が重要です。

  • 営業職ではどんなスキルが必要なのか
  • どの業界がいいのか分からない

という方も多いと思います。
そこでこの記事では、営業職への転職について解説します。

  • 営業への転職で身につけられるスキル
  • 未経験でもおすすめの業界4選

の順番に説明していきます。
未経験でも転職しやすい業界を選べば、採用率を上げることができるので、事前に確認しておきましょう。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnote👇👇もご覧ください。(以下をクリック!)

営業への転職で身につけられる経験やスキルとは

営業とは商品やサービスの提案を通じて、顧客の要望に応える業務です。

顧客との距離が近いのが特徴で、さまざまなスキルを身に付けることができます。

人脈

営業職は人脈がものをいう世界です。人とのつながりを積み重ねることができれば、自分の成績アップに繋がります。

日々顧客のもとを訪れニーズを聞き出し、売り込みや提案を行うのが営業職の主な仕事です。
顧客との距離が近く、直接やり取りできるのが特徴で、提供したサービスや提案で顧客を満足させることが業務の目的です。

人脈を構築できれば、業界の最新情報を入手しやすくなったり、新規顧客を紹介してもらえたりするなどのメリットがあります。
人脈作りはメリットばかりを意識せず、人とのつながりを大切にしてください。

「感じが良くて話し上手」というタイプの方は営業職に向いているといえるでしょう。

情報収集と課題発見力

情報収集
営業職は取り扱っている商品の内容だけでなく、関連分野についての幅広い知見が求められます。
他社の営業職の人よりも、より多くの情報を持っていないと契約を勝ち取るのは難しいでしょう。それだけに日々の情報収集は重要です。

課題発見力
課題発見力とは、顧客がどうなれば満足するのかを見つける能力です。
ニーズに合った営業をするのが基本ですが、顧客のさまざまな課題を見つけなくてはいけません。

「顧客の課題を見つけて、それをクリアできる商品」の提供を目的としたアプローチが有効となります。

プレゼンテーション力

プレゼンテーションと言っても、パワーポイントのスライドを使った物だけがプレゼンではありません。

人に伝えるプロセス全てをプレゼンテーションと呼ぶことができます。

内容・説得力・あなたの印象やタイミングなど、さまざまな要因で結果が変わるため、プレゼンテーション力は非常に重要です。

プレゼンの結果で大きな契約が決まることもある反面、1回の失敗で大きな損失が発生することもあるため、精神的にプレッシャーを感じることもあります。

未経験でもおすすめの業界4選!

営業職の求人は多く、さまざまな業界で未経験者が募集されています。

未経験者におすすめの業界を4つ紹介します。

人材業界

人材業界が扱う広告の顧客は法人が多くなります。人材を募集する求人広告はすべての企業にとって必要なものです。

未経験でもおすすめできるポイントは、未経験可の求人が多いこと。扱う商品が少ないので仕事を覚えやすいことが理由です。

コロナウイルスの感染拡大により採用をストップしていた企業も、採用を再開させる動きが活発になっています。
未経験で人材業界へ転職するのであれば、チャンスであると言えるでしょう。

広告業界

広告業界の顧客はほとんどが法人です。Web広告はインターネットの発展とともに急速にニーズが高まってきました。

コロナ禍で採用を見送った企業も、現在は採用拡大の傾向があるため、未経験でも転職のハードルが低いと言われています。

未経験で広告業界への転職を考えているのであれば、「Webメディア」か「インターネット広告」に特化した企業がおすすめです。

IT業界

IT業界は変化が大きく、成長性が高い業界です。

慢性的に人材不足が続いており、未経験者の採用に積極的な企業が多いので転職しやすい業界と言えるでしょう。

IT業界への転職を考えているなら採用の確率を上げるため、IT関連の基礎知識を学んでおくなどの事前準備をしっかりと行っておきましょう。

人材不足が続いているIT業界では、コミュニケーション能力や調整力などを備えている方や、他業種で営業経験のある方が、IT業界への転職を成功させています。

不動産業界

不動産業界では、土地や建物などの有形商材を商品として扱います。

個人営業では住宅の取り扱いが多く、法人営業ではオフィスや倉庫などの物件仲介が主な仕事です。

引っ越しに関わる住み替えの需要があるため、求人数が増加傾向にあります。

未経験者の採用にも積極的で、研修や資格取得の支援体制が整っている企業が多く、未経験でも転職しやすい業界です。

コロナ禍においても、積極的に未経験者の採用を続けた数少ない業界です。

まとめ

営業職は未経験からでもスキルを磨くことができ、将来のキャリアを広げることができる仕事です。決して楽な仕事ではありませんが、苦労を乗り越えた先に「自身の成長」や「やりがい」があります。

仕事の結果が売上という数字ではっきりと出てしまうため、目標をクリアする強い意志が必要です。将来どんなキャリアを積みたいのかはっきりとさせた上で業界を選び、営業職にチャレンジしてください。

「営業への転職する魅力とは?未経験の人にもおすすめの業界を解説!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録