転職面接の準備しないのはNG!明日の面接には最低限何をしたらいい?

転職活動の面接が明日なのに準備していない。

面接はぶっつけ本番で行こうと思っているけど不安になってきた。

転職活動の面接でどんな事を聞かれるのかわからない。

面接は準備しないほうがいい?練習は必要ない? など

疑問や不安について、初めての転職で複数社から内定を頂いたわたしが、

最低限やるべきこと、時間をかけるべき理由をお伝えします。

明日が面接!という人でもまだまだ間に合うので、ぜひ参考にしてください!

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnote👇👇もご覧ください。(以下をクリック!)

転職面接で準備なしがNGな理由

準備をしない事でどのようなデメリットがある?

したほうがいい理由は?

確かに!と思っていただけた方は、ぜひ準備に取り組んでください!

準備不足は関心が薄いと思われる

転職活動の場合、複数社応募することになると思います。

採用する企業もそれを想定して応募を出していますが、

「この人は本当にうちで働きたいのだろうか」「うちでなくてもいいんじゃないか

と感じてしまいます。

しっかりと企業に対して、調べた上で業界、業務内容に興味がある。

ぜひ、働きたい!という意思を自信をもって伝えられるようにしましょう。

面接本番で想像以上に緊張する

転職活動では、社会人経験があるものとして、面接が行われます。

面接官も、部長や代表など、管理職についている方が行う場合が多くあります。

社会人としてのマナーはもちろん必要です。

面接で聞かれやすい内容は以下のものがあります。

面接で聞かれやすい内容

・いままでにどのような成果をあげてきたか。

・成果をあげるためにどのような工夫を行ってきたか。

・その成果が周りと比べてどのような差があったのか。

など、細かく聞かれる場合が多くあります。

それがうちの会社ではどう役立てる事ができるのかなど、深く掘り下げられる事も多く、

今までに受けた面接より、想像以上に緊張する事が多くあります。

掘り下げられた内容にも自信をもって答えられるように準備を行いましょう。

何も準備をしていない!という人も記事を読んで明日までに最低限やるべきことを行いましょう。

前日までに準備していない場合最低限やるべきこと

面接が重なって準備が間に合わなくなって、気が付いたら前日になってしまった!

何から準備すればいいかわからない!という人も参考にしてください!

面接先の情報を集め、志望動機を固める

情報の集め方は以下の方法があります。

情報の集め方

・ウェブサイトと社内資料の調査

・企業採用情報の確認

・企業の評判やニュースの調査

・インタビューや説明会への参加

・ソーシャルメディア(SNS)の活用

何も準備を行っていない場合は、初めに企業の公式ウェブサイトを確認しましょう。

公式ウェブサイトで確認する事

・企業概要

・事業内容

・採用情報や募集要項

・社内インタビュー

・ソーシャルメディアアカウント

などを確認することができます。

企業が行っている事業内容はどのようなものがあるのか。

求められる人物像がどのような人で、その人になるために自分がアピールできる所はどこか。

実際に採用されて働いている人はどのような人なのか。

ソーシャルメディアの中ではどのような活動を広報しているのか。

など、様々な情報を知ることができます。

次に、求人サイトや転職サイトを利用し、口コミを参考にしましょう。

実際に面接を受けた人が、聞かれた内容やどのような人が面接官として来たか、など投稿している場合もあります。

また、企業の属する業界に関しても調査を行いましょう。

最近のニュースや動向、数年前からの変化を調査することで、業界全体をどう感じているのかも話すことができるようになります。

転職理由をまとめる

わたしも複数社面接を受けた中で必ず聞かれた質問は、

転職をしようと思ったきっかけはなんですか?

という質問です。

この質問には必ず答えられるようにしておきましょう。

転職をしようと思ったきっかけの答え方は、仕方がない場合もありますが、ネガティブな理由ではないほうがおすすめです。

・さらに自分自身が成長をしていきたい。

・キャリアをつみたい。

・やりたいことがある。

などといった理由がおすすめです。

逆質問を最低一つ考えておく

面接の最後では「それでは何か質問はありますか?」と聞かれる場合も多くあります。

その場合には、集めた情報を元にすぐに聞けるようにしておきましょう。

例えば

・社員の働き方やライフワークバランスについて取り組んでいる事はありますか?

・キャリアパスや成長機会はどのようなものがありますか?

・上司への連携やフィードバックはどのような方法をとっていますか? など

今後成長をしていきたい。貢献したいという思いが伝えられる内容だとより良くなります。

面接準備はできるだけ時間をかけるべき理由

同じ企業を受ける人と比較をされるため、しっかりと準備をして臨みましょう。

様々なパターンを想定して、受け答えられると印象もよくなります。

自己分析を丁寧に行うと自己PRしやすい

自己分析を行うことで自身の強み、今後に活かせることを自己PRで話しやすくなります。

「わたしは、〇〇を行う事が得意です。内定を頂いた際には〇〇を活かし、△△の業務に◇◇のように貢献していきたいと思います。」

という形で基本の文章を作ることができるようになります。

自己分析をしないと、面接官にも自信をもって伝える事ができなくなってしまいます。

〇〇がなぜ得意なのか、なぜそう思ったのかといった裏付けまでできるとなお良くなります。

面接本番での不安や緊張を和らげる

面接で緊張しない!という人はごく少数だと思います。

ここまで準備したから大丈夫! この質問がきたらこう返そう!というのは自信につながります。

しっかりと事前準備をしていることは好印象を与えます。

実力を十分に発揮して、良い結果につなげることができるように、時間をかけて準備を行いましょう。

まとめ

いかがでしたか?

面接の準備をすることで、あなたの魅力をより伝える事ができるようになるだけでなく

今後の仕事についても理解を深める事につながります。

面接が急遽決定する場合もあるので、決定した段階から少しづつ進めておくことがおすすめです。

記事を参考に準備を進めてみてください。

ここまで見ていただき、ありがとうございました!

「転職面接の準備しないのはNG!明日の面接には最低限何をしたらいい?」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録