20代で転職3回目は評価が下がる?転職回数が多くても採用されるポイント!

20代での転職は珍しいことではありませんが、転職3回目ともなると企業からの評価も変わってきます。

「転職回数が多いと不利になる?」
「早期退職しないコツが知りたい」
などのように考えている方もいることでしょう。

そこでこの記事では、転職回数が多くても採用されやすいポイントを紹介していきます。

転職回数が多いとなぜ不利なのかを解説した後、採用されるポイントを説明しますので、20代で転職を考えている方は参考にしてみてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnote👇👇もご覧ください。(以下をクリック!)

転職回数が多いと転職が不利になりやすい理由

20代で転職回数が多いと、どのような理由で不利になるのかを解説します。

企業が求めているのは長く働いてくれる人材です。「すぐに辞めそう」というイメージが採用を難しくしているのです。

早期退職の不安を与えてしまう

短い期間で仕事を辞めてしまう人は、「また同じ理由で辞めるかもしれない」と考えられてしまいます。企業が人材を採用するにはコストがかかり、教育するにも手間がかかります。早期退職しそうな人よりも、長く働いてくれる人材を採用したいと考えるのは当然のことです。

そのため、採用基準の1つとして「長期間働いてくれるか」という要素を設定している企業が多くなります。面接官が抱えている不信感を払拭しないと、採用の可能性は低くなるでしょう。

スキル不足を懸念される

早期退職を繰り返す人は、「業務に必要なスキルが身に付いていない」と判断される場合があります。特に未経験分野への転職を繰り返していると、積みあがっていくキャリアがない状態になるため、市場価値が低いとみなされることもあるでしょう。

転職回数の多い人は、転職が少ない人に比べてアピールできるスキルや経験が少ないため、面接でも不利になってしまうのです。

年齢が高くなると、ポテンシャルよりもスキルや経歴を重視されるようになりますので、転職回数3回以上の20代後半の人材は、採用を敬遠されてしまう傾向があります。

22時過ぎまで働き、週末は体力回復にあてていたM.Hさんの転職成功事例】 実際に弊社で転職支援させて頂いたHさんの生の声と、転職活動で大切なポイントについて教えて頂きました。 👇(以下をクリック)

20代前半は1回、20代後半は2回までなら問題ない

20代で不利にならない転職回数の目安は、20代前半で1回、20代後半で2回までです。大卒の25歳から転職3回目でまだ20代ということは、1年未満での転職を繰り返している可能性が高いため、早期退職を懸念して採用を避けられてしまうケースもあるのです。

1年未満の転職を繰り返している人材は企業での在籍期間も短く、即戦力としてのスキルや経験が身に付いてないため、内定を勝ち取るのが難しくなるでしょう。

中には転職回数を気にしない企業もありますが、ほとんどの企業では転職3回目の20代は採用されにくいのが現状です。

転職3回目でも採用されるポイント

採用されるためには企業が求めるスキルや経験を持つことです。転職理由の説明に具体性を持たせることを意識してください。

資格の取得や、転職理由の伝え方を工夫することも有効な手段になるでしょう。

企業が求めるスキルや経験をもつ

中途採用で求められるのは「即戦力」として活躍できる人材です。過去の知識や経験をアピールするのがセオリーですので、転職先は同じ業界や業種の企業から選びましょう。

また、前職で何を学んだか具体的に伝えると、相手に好印象を与えられます。面接でも前職についての質問されることがありますので、納得できる回答を用意しておきましょう。

回答する内容は、特別なスキルや経験でなくても大丈夫です。仕事への取り組み方や意識したことについて分かりやすく伝えましょう。

また、業務に関連する資格を取得するのもおすすめです。分かりやすくアピールできる実績となりますので、ぜひ検討してみてください。

転職に具体的な目的をもつ

転職理由を明確にすると、仕事に対する不満を解消でき、長期的な目標を立てやすくなります。自分が仕事に何を求めているかを振り返り、それを解消できるような仕事を探しましょう。転職を考えたきっかけを掘り下げることが大切です。

自分にとっての転職理由が明確になったら、面接での回答のために内容をポジティブに言い換えておきましょう。給料が低いという不満なら、「成果が反映される仕事をしたい」のように伝えると好印象になります。

やりたいことが見つかっても、「受からなければ」選べない。】 株式会社Neutralで支援した相談者さんも多数の面接を通過し「年収50〜100万円UPの内定」をもらっている面接対策のテンプレートは以下に記載しています。 (こちらは、大変好評いただいているのと弊社の長年のノウハウが詰まっているため有料購入者様限定とさせて頂きます🙇‍♂️) 👇(以下をクリック)

早期退職を繰り返さないコツ

キャリアプランを立てて目的を明確にすると、モチベーションを維持できます。

転職先の企業研究を徹底すると入社後のミスマッチを防ぐことができるでしょう。

自分のキャリアプランを明確にする

キャリアプランとは、自分がこれからどのようなキャリアを積み上げていくかの将来設計のことです。終身雇用制度が難しくなってきた現在、中長期的な目標を持ち、計画を立てることが重要です。

「何のために働くのか」を明確にすることで、仕事へのやりがいやモチベーションを高められます。毎日の業務が将来につながっていると考えられれば、仕事に高い意欲を持って取り組めるでしょう。

事前に企業の情報分析を徹底的に行う

入社してから後悔しないためにも、転職先の企業研究は徹底的に行ってください。企業への理解が深まれば、入社後のミスマッチを防ぐことができ、早期退職のリスクを下げられます。

また、企業の情報を分析することで、入社後の自分の姿を具体的にイメージできます。これはキャリアプランを組み立てるのにも役立ちます。企業の仕事を通してどんなスキルが身に付くのかを調べておくのは大切なことです。

【転職成功は、転職活動の進め方で決まる。】 とりあえず大量に面接を受けていては受かるものも受からない。良いプロセスが良い結果を生みます。 人気企業ほど面接難易度は高い中で、手間を最小にして転職活動を最短で終わらせる方法を記載。 👇(以下をクリック)

まとめ

20代で転職3回目の人へ向けて、採用されやすいポイントについて解説しました。20代で3回目の転職は企業から見て多いので、転職では不利になります。

採用されやすいポイントとしては、企業が求めるスキルや経験を持つことです。前職と同じ業種への転職など、自分のスキルを活かせそうな企業を探しましょう。

キャリアプランを設計して具体的な目的を持つこともモチベーションアップにつながります。早期退職を繰り返さないためには、事前の企業研究を徹底して入社後のミスマッチを防ぐように注意してください。

少しでもこの記事が役に立てていたら嬉しいです。 ちなみに、Xでは毎日2回140文字で転職やキャリアに関する前向きになれる大切な情報を発信しています。 よかったらフォローしてみてくださいね😊 👇

「20代で転職3回目は評価が下がる?転職回数が多くても採用されるポイント!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録