20代の転職に有利な資格とは?業界別に役立つ資格を紹介!

「20代で転職に有利な資格には何があるの?」
「資格は若いうちに取っておいた方がいいの?」
20代で転職を考えている方は、このような疑問を持っているかもしれません。

そんな方に向けて、この記事では、20代の転職に有利な資格を「業界別」と「業界共通」に分けて紹介します。業界や職種によっては資格が必須の場合がありますし、必須ではなくても資格はスキルや知識の証明として有効です。

資格は仕事の幅が広がったり、転職先の選択肢が増えたりするメリットがあるので、20代で転職のための資格取得を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnote👇👇もご覧ください。(以下をクリック!)

資格の種類は主に3種類

資格には大きく分けて3種類あります。ここでは、それぞれの特徴や違いを押さえておきましょう。

国家資格・公的資格・民間資格

資格の主な種類は、次の3つです。

資格の種類

  • 国家資格:法律に基づいて、国や国から委託を受けた機関が認定する資格
  • 公的資格:民間団体や公益法人が試験を実施して、省庁や大臣が認定する資格
  • 民間資格:民間の企業や団体が独自に認定する資格

国家資格は難易度が高い傾向にあるものの、社会的な信用度が高い資格です。宅地建物取引士(宅建士)やファイナンシャルプランナー(FP)、中小企業診断士が国家資格に該当します。

公的資格は「国家資格と民間資格の中間」と言え、日商簿記検定が代表的です。民間資格は難易度やジャンルが多岐に渡り、TOEIC(トーイック)やMOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)などがあります。

22時過ぎまで働き、週末は体力回復にあてていたM.Hさんの転職成功事例】 実際に弊社で転職支援させて頂いたHさんの生の声と、転職活動で大切なポイントについて教えて頂きました。 👇(以下をクリック)

業界別転職に有利な資格

転職に有利な資格は業界ごとに異なります。ここでは転職に役立つ資格を、業界別に紹介します。

IT業界

IT業界では資格よりも実績が重視されるため、資格は必須ではありません。ただし、技術や知識を身につける手段として、資格の取得は有効です。

例えば、ITパスポートや基本情報技術者、応用情報技術者といった資格があります。

未経験者がIT業界への転職を目指すケースでは、資格を持っていると学習意欲を評価される場合もあるでしょう。このようにIT業界では資格は必須ではないものの、勉強としておすすめです。

金融業界

金融業界は他の業界と比べて、資格の取得を求められることが多いです。金融業界の資格は、次の3タイプに分けられます。

金融業界の資格

  • 資格がないと特定の業務を行えない「業務独占資格」
  • 特定の企業(職種)で働くために必要な資格
  • 必須ではないが業務に役立つ資格

「業務独占資格」には、公認会計士や税理士といった資格があります。

特定の企業で勤務するために必要な資格も少なくありません。例えば、金融商品の勧誘・販売を行う場合は、証券外務員が必要です。

また、税金や保険、ローンなどの幅広い「お金」の知識が身につくファイナンシャルプランナー(FP)は、必須ではなくても金融業界の仕事全般に役立ちます。

企業や職種によって求められる資格は異なるので、自分に必要な資格をチェックしておきましょう。

不動産業界

不動産業界は扱う商品が高額なため、資格が重要視されます。代表的な資格が宅地建物取引士(宅建士)で、不動産の取引に必要な国家資格です。宅建士には「独占業務」があり、資格がないと以下の業務を行えません。そのため、仲介業の場合は宅建士を取得しておくといいでしょう。

宅建士の独占業務

  • 重要事項の説明
  • 重要事項説明書(35条書面)の記名押印
  • 契約書(37条書面)の記名押印

管理業の場合は、マンション管理士や管理業務主任者をダブル受験する人も多いです。金融業界と同じように職種によって必要な資格が違うので、しっかり確認しておきましょう。

よくある失敗がわかればやり直しせずに最短でベストな転職ができます。】 転職活動やり直しで6ヶ月かかっても内定でない、、だとしんどいですよね。 一度で理想の企業から内定するにも「よくある失敗事例」は知っておくのがおすすめ。 👇(以下をクリック)

業界に関係なく転職の幅を広げる資格

先ほどは業界別に必要な資格を挙げましたが、業界を問わず転職に役立つ資格もあります。ここでは、業界に関係なく転職に有利な資格を紹介します。

普通自動車運転免許

業務で社用車などを運転する場合は、運転免許が必要です。そのため、求人票に「運転免許必須」と書かれているかを確認してください。

求人票に記載されていなくても車を運転するケースも考えられるので、とくに営業職を希望している場合は、事前に問い合わせをしておくといいでしょう。その他の職種でも、運転免許があると便利です。

TOEIC

TOEIC(トーイック)は、実践的な英語力を測るための国際的な資格です。TOEICは990点満点で、転職で評価されるスコアの目安は700点以上と言われています。

海外との取引がある職種や、外資系企業を中心に求められることが多いです。ただし現代はグローバル化が進んでいるため、英語に触れるシーンが増えていて、さまざまな業界で英語力の必要性は高まっています。

ITパスポート

ITパスポートは、ITの基礎知識を証明する国家資格です。「入門レベル」の資格ではありますが、ビジネスはもちろん、日常生活を含めて幅広いシーンで役立ちます。

とはいえ、IT業界では「知っていて当たり前レベル」の知識なので、転職に有利とは言えません。しかし未経験者の場合は最低限の知識を証明でき、学習意欲のアピールにもなるでしょう。

また、ITパスポートを取得するとITリテラシーが身につきます。そのため、事務職などのPCを使用する職種に幅広く活かせる資格です。

やりたいことが見つかっても、「受からなければ」選べない。】 株式会社Neutralで支援した相談者さんも多数の面接を通過し「年収50〜100万円UPの内定」をもらっている面接対策のテンプレートは以下に記載しています。 (こちらは、大変好評いただいているのと弊社の長年のノウハウが詰まっているため有料購入者様限定とさせて頂きます🙇‍♂️) 👇(以下をクリック)

まとめ

この記事では、業界別の転職に有利な資格と、業界を問わず転職に活かせる資格を紹介しました。業務や職種によって必要とされる資格は異なり、資格がないと特定の業務を行えないこともあります。

また、資格が必須ではなくても、資格取得はスキルアップや意欲のアピールになります。転職活動では資格を取得して損はないので、あなたに必要な資格について詳しく調べてみるといいでしょう。

少しでもこの記事が役に立てていたら嬉しいです。 ちなみに、Xでは毎日2回140文字で転職やキャリアに関する前向きになれる大切な情報を発信しています。 よかったらフォローしてみてくださいね😊 👇

「20代の転職に有利な資格とは?業界別に役立つ資格を紹介!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録