転職時の履歴書は手書きとパソコンのどちらでもOK!それぞれのメリットとは?

転職活動で履歴書を作成する際に、手書きとパソコンのどちらがいいのか迷ったことはありませんか?

「手書きじゃないと不利になる?」
「市販の履歴書でも問題ありませんか?」
などの疑問を持っている方もいることでしょう。

「手書きの方が気持ちが伝わる」という話はよく耳にしますが、中途採用である転職の場合は、実務経験やスキルの方が重要視されます。

そこでこの記事では、手書きとパソコンのメリット・デメリットを解説していきます。注意点についても紹介していますので、これから履歴書を作成する方はぜひ参考にしてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnote👇👇もご覧ください。(以下をクリック!)

転職の履歴書は手書きでもパソコンでもどちらでもOK

履歴書の記載方法は、手書き・パソコンどちらでも採用に影響はありません。手書きだと個性や人柄をアピールできますが、中途採用である転職ではスキルや経験の方が重視されます。

また、履歴書には決まったフォーマットがないため、市販の履歴書にも記入欄やサイズに違いがあります。アピールしたい項目が入っている履歴書を選ぶと良いでしょう。

個性をアピールしたいなら手書きを選択し、応募先がたくさんあって大変な場合はパソコンで作成した方が楽に作業できます。目的に合わせて使い分けましょう。ただし、会社から指定があった場合にはそれに従ってください。

履歴書を手書きで作成するメリットと注意点

人柄をアピールできるため、場合によっては手書きの履歴書も有効です。

手書きのメリット・デメリットを見ていきましょう。

【メリット】文字から人柄をアピールできる

手書きで書かれた履歴書は、丁寧な印象を与えることができます。熱意が伝えやすいメリットもあるため、入社したい気持ちを伝えたいなら手書きが適しています。

文字から人柄を読み取られてしまうため、字がきれいに書けない人や、読みやすくまとめられない人は、悪いイメージが付くかもしれません。

履歴書をきれいに仕上げられる人なら、手書きのメリットを十分に活かせるでしょう。

【注意点】修正ペンや消えるボールペンは利用不可

手書きのデメリットとして、間違えた時の修正が難しいことが挙げられます。修正の方法として修正ペンや消えるボールペンは使えません。こういった修正方法は書いた本人以外にもできるため、正式書類としての信頼性が損なわれてしまいます。

どうしても修正が必要な場合には、二重線を引いてから訂正印を使うのが一般的です。訂正印は通常の認印よりも小さいものを使いますが、持っていないときは認印でも構いません。インクを内蔵したものではなく、朱肉を使う印鑑を使用してください。

修正方法を詳しく説明しましたが、基本的には1文字でも間違えたら履歴書を新しく書き直すのが無難です。訂正するにしても1か所までとし、複数間違えたら最初から書き直すのが良いでしょう。

自分の軸さえ見つかれば「最短で良い転職」ができる。】 せっかく転職するならやりがいもワークライフバランスも休日の数も、、あれもこれもクリアしたい!ってあるあるですよね。 建前ではない自分の本音を軸にした「自分軸」の作り方の思考法や、フレームワークについては以下の記事に記載しています。 👇(以下をクリック)

履歴書をパソコンで作成するメリットと注意点

パソコンを使って履歴書を作成するメリットを見ていきましょう。

基本的にデメリットはありませんが、注意点がいくつかあるので確認しておいてください。

【メリット】効率的に作成できる

履歴書をパソコンで書くメリットは「効率よく作業できること」です。書き間違いの修正も簡単にでき、コピーするだけで手軽に複製を用意できるため、提出先が多い方はパソコンを使うメリットが大きいでしょう。

一度作成してしまえば必要箇所のみを修正するだけで、他の企業への応募に使用できるのも便利なポイントです。転職活動はある程度の数をこなすことも大切なので、効率よく作業を進めることが重要になってきます。

パソコンを使うと手書きに自信が無い人でも見栄えよく仕上げられるため、会社から指定されている場合でなければ手書きにこだわる必要はないでしょう。

【注意点】WordかExcelで作成しPDFファイルで提出

履歴書は「Word」か「Excel」で作成します。提出時にそのままの形式で送ると、内容が書き変わってしまうリスクがあるため、PDFファイルにしてから提出するといいでしょう。

WordやExcelの場合、データを閲覧するパソコン環境によってはレイアウトが崩れる可能性があります。あらかじめPDFファイルに変更しておけば、どんな環境であっても見た目は変わりません。

インターネットで履歴書を検索すれば、テンプレートが見つかるのでダウンロードして使用できます。Word・ExcelどちらにもファイルをPDF化する機能が備わっていますので、ファイル形式を変換してから提出しましょう。

【注意点】装飾はしない

履歴書は読みやすさを意識して作成し、文字のフォントは「明朝体」を使うのが一般的です。色文字の使用は避け、文字色は黒で統一します。

文字の大きさは「10pt前後」を基本とし、氏名などは少し大きく「13pt~15pt」にすると読みやすくなるでしょう。重要書類ではありますが、太字・マーカーなどは使用しません。

あなたの熱意やアピールポイントは、面接で言葉を使って伝えましょう。

【注意点】ファイル名を分かりやすくする

パソコンで作成した履歴書は、ビジネスマナーを守って送付しましょう。会社から履歴書をデータで送るよう指示があったときは、履歴書データに写真画像を挿入してメールで送ります。

企業の求人は、他の求職者からの応募も受け付けているため、ファイル名を分かりやすい内容にしてください。

採用担当者は毎日多くのファイルを管理しているため、最低でも「履歴書・氏名・日付」は入れておきましょう。

履歴書データのファイル名の例

ファイル名から内容が分かるように名前を付けてください。

「履歴書_氏名_20240315」

やりたいことが見つかっても、「受からなければ」選べない。】 株式会社Neutralで支援した相談者さんも多数の面接を通過し「年収50〜100万円UPの内定」をもらっている面接対策のテンプレートは以下に記載しています。 (こちらは、大変好評いただいているのと弊社の長年のノウハウが詰まっているため有料購入者様限定とさせて頂きます🙇‍♂️) 👇(以下をクリック)

まとめ

転職の履歴書について解説しました。手書き・パソコンのどちらを選んでも採用には影響しません。

手書きの履歴書には人柄をアピールできる効果があるため、きれいな字を書ける方ならメリットがあります。しかし、きれいな字を書けないなら逆効果になるのでパソコンを使用したほうがいいでしょう。

パソコンを使って履歴書を作成するメリットは効率的に作業ができることです。間違えた時の修正や、履歴書の複製が簡単にできるため、応募先がたくさんある場合にはパソコンを使って作業を進めたほうが楽に転職活動を進められます。

手書きとパソコンどちらを使ったとしても、ビジネスマナーを守って履歴書を提出しましょう。

少しでもこの記事が役に立てていたら嬉しいです。 ちなみに、Xでは毎日2回140文字で転職やキャリアに関する前向きになれる大切な情報を発信しています。 よかったらフォローしてみてくださいね😊 👇

「転職時の履歴書は手書きとパソコンのどちらでもOK!それぞれのメリットとは?」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録