転職の履歴書写真の髪型は何が正解?男女別のおすすめと注意点!

転職活動で必ず必要になる履歴書は、第一印象を左右する重要な書類です。その履歴書に貼り付ける写真の印象も、履歴書に書かれた情報と合わせて、あなたがどんな人物かイメージするため、面接官の第一印象に大きく影響します。

「どんな髪型にすればいい?」
「どうすれば清潔感が出るのか教えてほしい」
などの悩んでいる人がいるかもしれません。

そこでこの記事では、履歴書の写真の髪型について詳しく解説していきます。

男女別のおすすめの髪型や、清潔感の出し方についても紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnote👇👇もご覧ください。(以下をクリック!)

転職の履歴書写真の髪型は「眉毛と耳を出す」がおすすめ

提出する履歴書に貼られている写真は、第一印象を決める重要な物です。

清潔感を意識した写真を用意しましょう。

清潔感を出すことが重要

写真撮影時の髪型は「眉毛と耳を出す」のがおすすめです。見た目がスッキリしていると清潔感をアピールできるため好印象になります。

また、髪でスーツや顔が隠れないようにしてください。長い髪は後ろでまとめるか後ろに流してスッキリとした印象にします。前髪が眉毛にかかる人は、サイドに流して眉毛や目が見えるようにしましょう。

整髪剤は軽く整える程度に使います。ワックスで固め過ぎたり、髪を立ち上げて遊びのある髪型にしたりすることは控えてください。

22時過ぎまで働き、週末は体力回復にあてていたM.Hさんの転職成功事例】 実際に弊社で転職支援させて頂いたHさんの生の声と、転職活動で大切なポイントについて教えて頂きました。 👇(以下をクリック)

【女性】転職の履歴書写真におすすめの髪型

履歴書写真を撮影するときの女性の髪型について解説します。

面接では見た目の印象も大切なので、特に気を使いたいポイントです。

ショートやミディアムは耳にかける

女性でショートやミディアムヘアの人は耳が隠れがちです。「必ず耳を出す」というルールはありませんが、可能なら髪を耳にかけて見えるようにした方がスッキリとした印象になります。

前髪は目や眉毛にかからない長さに切るか、横に流すと表情が見えやすくなります。明るく活発的な印象を与えられるため、営業や金融などの業界に向いている髪型です。

履歴書の写真だけではなく、面接でも表情が良く分かるため、面接官に明るい表情を効果的にアピールできます。

ロングはハーフアップかポニーテール

ジャケットやワイシャツの襟が隠れるほど髪が長い場合は、一つに束ねるのが基本です。髪の長い方はハーフアップかポニーテールにしましょう。

ハーフアップは、顔周りがスッキリと見えるようにセットできるので、業界を選ばない髪型で転職市場でも人気の高い髪型です。

ポニーテールの場合は位置が高いと幼く見えるため気を付けましょう。耳を出してスッキリとした印象になるようにしてください。

やりたいことが見つかっても、「受からなければ」選べない。】 株式会社Neutralで支援した相談者さんも多数の面接を通過し「年収50〜100万円UPの内定」をもらっている面接対策のテンプレートは以下に記載しています。 (こちらは、大変好評いただいているのと弊社の長年のノウハウが詰まっているため有料購入者様限定とさせて頂きます🙇‍♂️) 👇(以下をクリック)

【男性】転職の履歴書写真におすすめの髪型

履歴書写真を撮影するときの男性の髪型について解説します。

清潔感のある髪型を意識し、好印象を与えられるようにしましょう。

耳や眉の出るショートがおすすめ

前髪が目にかかっていると、表情が見えづらく清潔感のない印象を与えます。整髪料などを使い、目や眉毛が見えるように分けると印象が良くなるでしょう。

髪の長さはジャケットやワイシャツの襟にかからないようにしてください。スタイリングはサイドのボリュームを抑えて、耳が見えるように整えます。

長髪・坊主はNG

転職活動では長髪を避けてください。社会人としてのマナーを守れているのか常識も見られているため、ビジネスマナーとしてふさわしくありません。

周囲から見て自分が浮いているか、客観視できないことはマイナスイメージになるため、周りと溶け込めるような髪型を目指しましょう。

長髪と同様に坊主もNGです。短すぎる髪型もビジネスにふさわしくないとされてしまうため、適度な長さの髪型を意識してください。

【転職成功は、転職活動の進め方で決まる。】 とりあえず大量に面接を受けていては受かるものも受からない。良いプロセスが良い結果を生みます。 人気企業ほど面接難易度は高い中で、手間を最小にして転職活動を最短で終わらせる方法を記載。 👇(以下をクリック)

男女共通の履歴書写真髪型の注意点

性別問わず気を付けたほうが良い注意点を解説していきます。

好印象を与えられるような清潔感を意識した髪型にしましょう。

適度な整髪料を利用し、髪型を整える

整髪料は使いすぎないように注意し、整える程度に使用します。無造作へアや髪ツンツンに立てたスタイル、ガチガチに固めたスタイルは避けましょう。

髪の毛のハネや寝癖を直すのは基本ですが、清潔感や爽やかさを重視した髪型になるように意識しましょう。

パサついた髪の毛にならないよう、適度に整髪料を使って自然な仕上がりにしてください。

髪色に悩んだら黒髪が無難

髪色は自然な地毛の色か、黒髪が無難です。女性なら美容院で髪を染める際に使用する、色見本の8トーン程度なら問題ありません。毛の量や髪質によってはワントーン上げたほうが明るいイメージになるケースがありますが、美容師と相談すると良いでしょう。

髪の毛のカラーリングで染めた部分と伸びた地毛で色の違いが目立つと、だらしない印象になってしまうため、きれいに染め直してください。金融業や社会インフラに関わる企業では、黒髪が好まれる傾向がありますので、迷ったら黒髪にしておくと間違いないでしょう。

まとめ

履歴書に貼る写真の髪型について解説しました。基本は「清潔感」を意識した爽やかな印象を重視しましょう。眉毛と耳を出すだけで、かなり印象が良くなります。

女性の場合は耳を出すようにして、長い髪は後ろで一つにまとめましょう。男性も長すぎる髪型は避けたほうが無難です。逆に、坊主のような短すぎる髪型もNGなので注意しましょう。

髪型を整える整髪料は使いすぎないように注意し、全体を軽く整える程度の使い方をしてください。

また、髪色について悩んだら黒髪にしておけば間違いありません。髪色が統一されていないならきれいに染め直しておきましょう。

少しでもこの記事が役に立てていたら嬉しいです。 ちなみに、Xでは毎日2回140文字で転職やキャリアに関する前向きになれる大切な情報を発信しています。 よかったらフォローしてみてくださいね😊 👇

「転職の履歴書写真の髪型は何が正解?男女別のおすすめと注意点!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録