転職でキャリアチェンジする際の注意点!コツをおさえて成功をつかむ!

未経験分野への転職をキャリアチェンジといいます。業務を通じて「興味のある業界で働きたい」「関連業務をやってみたい」と考えている人がいるかもしれません。

この記事では、キャリアチェンジを成功させるには、どのように転職活動すればいいのか紹介します。

「キャリアチェンジのメリット」「キャリアチェンジの注意点」「成功のコツ」に分けて解説していきます。

よく分からないままキャリアチェンジをすると思いがけず収入が下がってしまうリスクもありますので、内容を理解したうえで転職を検討してください。

転職でキャリアチェンジを失敗したくない方は、ぜひ最後まで参考にしてみて下さい。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えた提案に強み
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnote👇👇もご覧ください。(以下をクリック!)

キャリアチェンジの意味とメリット

キャリアチェンジは未経験の職種や業界への転職のことです。

自分の成長やモチベーションアップなどのメリットがあります。

キャリアチェンジとは

未経験分野への挑戦がキャリアチェンジです。自分の成長や、望んでいる働き方を目指した行動を指します。職種・業界のどちらかを変える事や、両方変えることもキャリアチェンジです。

キャリアチェンジをする時は、自分のスキルを分析することで、どんな職業に活かせるか見えてくるはずです。自分を客観的に見ることも大切なので、転職エージェントのキャリアアドバイザーに意見をもらうと新しい発見があるかもしれません。

しかし、未経験分野への挑戦は不利になることもあります。キャリアチェンジのリスクを減らすには、職業が変わっても活かせるスキルを持っていると役立つでしょう。

キャリアチェンジのメリット

自分の働きたい業界を選べることがキャリアチェンジのメリットです。「現職の関連業務に興味が出てきた」「全く違う業界に興味が出てきた」などの理由で、未経験の業種へ転職を考えることもあります。

キャリアチェンジによって職業を変えると、今までとは違う経験ができます。新しい資格の取得や、新しいスキルの習得などを通じて自身の成長に期待できるでしょう。

また、希望通りの職業に就ければ、仕事へのモチベーションも上がります。新しい仕事に適性があれば、早い段階での活躍も期待できるでしょう。

転職時キャリアチェンジする際の3つの注意点

キャリアチェンジの注意点を3つ紹介します。

転職を成功させるには、収入ダウンのリスクも考えながら努力する必要があります。

キャリアチェンジには20代後半が最適

未経験分野への転職がキャリアチェンジですので、成長性が期待できる20代を、企業は優先して採用します。基本的なビジネスマナーを身に付けていて、教育コストがかからない20代後半の人材に内定を出す企業が多いです。

20代後半であれば、将来性やポテンシャルにも期待できます。新しい組織に対応する柔軟性もあり、リーダーを経験する人も出てくるので、転職市場でのニーズも高いです。キャリアチェンジでもさまざまな選択肢があるといえるでしょう。

未経験分野への挑戦は努力が必要

キャリアチェンジは未経験分野への転職ですから、選考通過が難しいケースもあります。人気の職業は応募が増えるため未経験者は不利です。転職エージェントなどで相談してアドバイスを受けるといいでしょう。

また、キャリアチェンジは転職できたら終わりではなく、新しい仕事で成果が出せるようになって成功といえます。職場の環境や人間関係も一新されるため分からないことが多く、仕事を覚えるためには一定の努力が必要です。

収入ダウンの可能性がある

未経験分野への転職ですので即戦力にならないと判断された場合、収入が下がってしまう可能性もあります。また、前職のやり方を引きずってしまうと、新しい仕事に馴染むまでに時間がかかるでしょう。

また、キャリアチェンジで転職する人は、自分がやりたいことに注目しがちです。しかし、自分のスキルでできることと、やりたいことのバランスを考えないと内定獲得が長引くケースもありますので注意しましょう。

転職でキャリアチェンジを成功させるための2つのコツ

キャリアチェンジを成功させるためのコツを2つ紹介します。

事前のリサーチや、適切なアピールができると有利に進められるでしょう。

希望する業種についてリサーチを十分にする

過去の経験から自分のスキルを整理してください。また、自分が希望している職業で活躍している人のインタビュー記事などを調べて、どんなスキルが活かせそうかリサーチするとミスマッチが起こりにくいです。

働きたいと思っている仕事に対してイメージの相違はないか、業界や企業の研究はしっかりとやっておきましょう。有利になる資格があれば、取得しておくことで有利に立ち回れるでしょう。

異業種でもアピールできるスキルを持つ

職業が変わってもアピールできるスキルがあれば有利です。リーダーシップやコミュニケーションスキルはどの仕事でも役に立ちます。

アピールできるスキル

  • コミュニケーション力
  • スケジュール管理
  • 目標達成の責任感
  • 行動力
  • ヒアリング能力

アピールできるスキルがない場合は、勉強中のものをアピールしましょう。例えば、販売職であれば、「マーケティングセミナーの受講」などです。

まとめ

キャリアチェンジについて解説しました。未経験の転職は自身の成長につながるメリットがありますが、成功させるのは難しいです。会社が変わっても活かせるポータブルスキルや、求められている人物像との共通点を適切にアピールできれば、採用の可能性を上げることができます。

また、キャリアチェンジは転職して終わりではありません。転職してからも成果を出せるように、できることを整理してから転職先を選んでください。リサーチをしっかりと行いミスマッチのない転職を目指しましょう。

「転職でキャリアチェンジする際の注意点!コツをおさえて成功をつかむ!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録