【転職エージェント経由で面接】面接後のお礼は必要?企業に直接はNG!

面接後、時間を割いて対応してくれた企業にお礼をしたいという気持ちになる方も多いでしょう。

でも、いざ送ろうとなると、「お礼メールって送っていいのかな?」「どんな内容で送ればいいのだろう?」と感じられるのではないでしょうか。

また、転職エージェントを利用しての転職活動の場合、企業と直接やり取りする機会はありませんよね。お礼のタイミングでコンタクトを取っていいかなと思ったりしませんか?

こちらの記事では、お礼メールについて紹介しています。特に、転職エージェントを利用されている方は気を付けないといけないこともあります。

メールの例文も紹介していますので、是非ご一読ください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えた提案に強み
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnote👇👇もご覧ください。(以下をクリック!)

企業への面接のお礼は必須ではないが誠意が伝わる

お礼メールに関して、「送って迷惑にならないかな」とも「送らないと失礼なのでは」とも考えてしまいますよね。

結論としては、お礼メールは、送っても迷惑ではないし、送らなくても失礼ではありません。

詳しく説明していきます。

企業へのお礼はしなくてもマナー違反ではない

企業へのお礼は、必須ではありません。

メールを送ることで好印象につながりますが、選考には影響しませんので、「不採用で検討していたけれど採用にしよう!」とはなる訳ではないです。

また逆に、面接を受けてみて志望度がそれほど高くないと感じた場合も、送らなくて構いません。

送らない人も多く、それで印象が悪くなる訳ではないので、ご安心ください。 ただ、緊張していたため十分にアピールできなかった場合や、あってはいけませんが遅刻してしまった場合などは、メールを送ることで印象が変わることは考えられます。

誠意を伝える方法の1つ

面接の時間を設けてもらったことや、話を聞く中で印象に残ったこと、志望度がより上がったことなどを伝えることで、企業に誠意を伝えられます。
誠意を伝えるだけで採用につながる訳ではありませんが、メールから意欲が伝わることで印象は良くなるでしょう。

感謝の気持ちや意欲を伝えたいと感じられた方は、お礼メールを検討してみてください。

企業へ面接のお礼を伝えるときの注意点

「是非お礼メールを送りたい」と思われた方に、注意点をお伝えします。
ただ送ればいいかというと、気を付けるべき点があるからです。

特に転職エージェントを利用している場合は、送り方に気を付けてください。

転職エージェントを通してお礼メールを送る

転職エージェントを利用して転職活動をしている場合、エージェントを通しての連絡がルールです。
直接企業に連絡したい気持ちは分かりますが、転職エージェントを利用しているのであれば、トラブルにつながることもあります。

必ず、エージェントを通してお礼を伝えるようにして下さい。

当日中に贈る

できるだけ早く、面接当日、遅くとも翌日には送りましょう。
ただし、あまりに遅い時間に送信すると企業から「常識がない」などみなされることがあります。
面接時間が遅かった場合は、翌朝に送信するなどを心がけると良いです。

数日後や1週間後など、あまりに遅いと失礼にあたります。その頃には選考結果も出ているかもしれません。
お礼メールと選考結果が入れ違いになると、お互い気まずいですよね。

なるべく当日中など、早く送ることを心がけてみてください。

内容は簡潔にまとめる

面接のお礼やその企業への志望度、入社意欲についてなど、面接を受けたからこそ伝えられる内容にしましょう。

また、あまりにダラダラと長く書いてはいけません。
面接官や採用担当の方は忙しい合間を縫ってメールを見てくださるということを忘れないようにしたいですね。

また、自己PRなどをしてしまうと、「なぜ面接で言わなかった?」と、逆効果になります。かえって印象が悪くなってしまいますので、気を付けましょう。

面接が複数回ある場合は毎回送っていい

複数回の面接ではそれぞれ別の方が対応される場合もあります。
それぞれの面接官の方との面接の中での感想などを伝えられると、良い印象を与えられます。

逆に、毎回同じ文言でメールを送るのは、失礼にあたるので注意が必要です。
複数回送るのであれば、毎回の面接での内容を踏まえるようにするといいですね。

企業へ面接後のお礼を伝えてもらう場合のメール例文 

メールの文章にも注意が必要です。
あくまでも企業に対して送るものなので、フランクなものではなく、ビジネスメールを意識しましょう。

転職エージェントを利用している場合は、担当のエージェントさんに内容を送ってください。

一例を上げてみます

〇〇株式会社
   ××様(←採用担当者の名前)
   お世話になっております。
   本日、面接をさせて頂いた転職太郎です。
   本日は貴重なお時間割いて頂きまして、誠にありがとうございました。
   面接の際に伺いました、「〇〇〇〇」というお話に大変共感致しました。
   また、「△△△△」についての理解をより深めることができ、
   貴社で働きたいという気持ちが一層高まりました。
   まずは、取り急ぎ面接のお礼を申し上げたく、メール致しました。
   末筆ながら、貴社のますますのご発展をお祈り申し上げます。
   転職太郎
   090-1111-2222
   tarou@〇〇〇〇.co.jp

   

ポイントとしては、
 ・まずは面接のお礼を伝えること
 ・面接でのお話の中で興味深かったことや印象に残ったことを自分の言葉で伝えること
 ・志望度が上がったのであればそれも盛り込むこと
 ・端的にまとめること
 ・マナーや礼儀を忘れないこと
が大切になります。

こちらの例文はあくまで例ですので、お礼は忘れず伝えることと、面接に中でご自身が感じられたことなどを、自分の言葉で伝えてみてください。お礼メールの例文はインターネットなどでも出てきますが、それをコピペしてのメールは絶対にダメです。

まとめ

こちらの記事では、面接後のお礼は必要?企業に直接はNG!ということで、面接後のお礼についてまとめました。

企業への面接のお礼は必須ではありませんが、誠意を伝えることで好印象を残すことにつなげられます。
企業へ面接のお礼を伝えるときの注意点もあり、転職エージェントを通している場合は直接のメールはダメです。送るタイミングや内容にも少し注意が必要です。
また、一例を紹介していますが、ご自身の言葉でメールを書くのが大事ですね。

お礼メールを送りたい場合の参考にしてください。

「【転職エージェント経由で面接】面接後のお礼は必要?企業に直接はNG!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録