転職成功率は20代が高い?20代の転職事情とメリットを紹介!

20代で転職を検討している方は、社会人経験が少ないことから、本当に転職できるのか不安を感じている方も多いことでしょう。

「失敗したらどうしよう」
「未経験でも転職できますか?」
などの不安を感じる方もいるようです。

そこでこの記事では「20代の転職事情とメリット」について解説していきます。20代を取り巻く現状から、転職するメリットを詳しく解説していますので、これから転職を考えている20代の人はぜひこの記事を読んでみてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

20代を取り巻く転職事情とは

初めに20代の転職の現状を見ていきます。

転職成功率と、年収増加率のデータを用意しました。

それぞれの内容を見て、転職活動の参考にしてください。

年代別転職成功率

厚生労働省が公表している「中途採用に係る現状等について(図表17)」のデータを見ると、年代別の転職成功率を確認できます。

20代の転職成功率は「15~24歳で60.7%」「25~29歳で50.3%」です。全体の平均が45.2%となるため、20代は平均よりも転職しやすいことが分かります。

年齢割合
15~24歳60.7%
25~29歳50.3%
30~34歳41.9%
35~39歳41.9%
40~44歳36.2%
45~49歳36.6%

年代別の年収増加率

続いて20代が転職によって年収を増加させた割合を見てみます。厚生労働省が公表している「令和3年雇用動向調査結果の概要:転職入職者の状況(p4)」によれば、2021年に転職した20代の年収増加率は以下の通りです。

20代の前半・後半どちらも4割以上の人が転職によって年収を増加させていることが分かります。

区分増加減少変化なし
20~24歳47.1%24.6%27.0%
25~29歳42.9%30.8%25.0%

20代は比較的転職しやすい

20代は他の年代と比べて、転職しやすく年収も増加させやすい年代だということです。企業が20代に求めるのは、柔軟な姿勢で働ける若さです。そのため、未経験の仕事でもポテンシャルが評価されれば採用される可能性があります。

20代の転職活動でアピールするべきは「何ができるか」よりも、「何をしたいか」といった「将来の目標」を熱意を持って伝えると効果的です。30代になると異業種への転職は難しくなりますので、早いうちにキャリアプランを立てておきましょう。

22時過ぎまで働き、週末は体力回復にあてていたM.Hさんの転職成功事例】 実際に弊社で転職支援させて頂いたHさんの生の声と、転職活動で大切なポイントについて教えて頂きました。 👇(以下をクリック)

20代で転職に挑戦するメリット

転職を20代から始めるメリットを解説します。

若いほど有利に立ち回れるため、早い段階から計画的に転職活動を進めていきましょう。

第二新卒で転職している割合が増えている

昔は「入社した会社で終身雇用」という雇用形態が一般的でした。しかし、現代では最初に入社した会社を3年以内に辞める人が、3人に1人の割合です。

これは少子高齢化が進み、人材不足の会社が増えているため、若い世代は仕事を選べる立場にあることも大きく関係しています。

一度入った会社が自分に合わないと感じたら、よりよい会社へ転職するということが、昔よりも気軽に行える環境だということです。

自分を活かせる職場に早く出会える

転職サイトで検索すると、「20代歓迎」と書かれた求人が多数あります。選択肢が多いので自分を活かせる職場を探しやすいことも転職のメリットです。

自分の興味や適性にマッチした仕事を探すため、転職を決めたら早めに転職活動を始めましょう。

選択肢が豊富なうちに情報収集すれば、複数の企業やポジションを比較・検討できるでしょう。その結果、より良い条件の求人を見つける可能性も高まるのです。

未経験の分野にも挑戦しやすい

20代は若い世代であり、自分の適性を見つけるために、新しい仕事にチャレンジしやすい時期です。新しい経験は将来的な可能性を広げ、自分自身の成長にもつながるため、動き出すメリットが大きいのです。

20代の転職なら、スキルや経験を求めていないケースも多いため、「未経験OK」の求人を狙って応募していきましょう。

すべての業界へ未経験で転職できるわけではありませんが、他の世代よりも選択肢が多いというメリットを活かしましょう。

よくある失敗がわかればやり直しせずに最短でベストな転職ができます。】 転職活動やり直しで6ヶ月かかっても内定でない、、だとしんどいですよね。 一度で理想の企業から内定するにも「よくある失敗事例」は知っておくのがおすすめ。 👇(以下をクリック)

転職市場の動向を知りたいならプロに相談してみよう

自分で転職先を探すのが難しいと感じているなら、転職のプロに相談するのがおすすめです。キャリアコーチングなどの有料サービスなら、個人の悩みに向き合って相談に乗ってくれるでしょう。

また、転職エージェントなら無料で登録できるため気軽に利用できます。一般に公開されていない「非公開求人」を紹介してもらえることもメリットです。書類の添削や、面接対策などをしてくれるため、効率的に転職活動を進められるでしょう。

自分の軸さえ見つかれば「最短で良い転職」ができる。】 せっかく転職するならやりがいもワークライフバランスも休日の数も、、あれもこれもクリアしたい!ってあるあるですよね。 建前ではない自分の本音を軸にした「自分軸」の作り方の思考法や、フレームワークについては以下の記事に記載しています。 👇(以下をクリック)

まとめ

20代の転職事情とメリットを解説しました。20代の転職は成功率が高く、年収増加率も他の年代に比べて有利です。新しい経験は自己成長につながるため、若い世代の転職には様々なメリットがあります。

未経験分野であってもスキルや経験より、ポテンシャルで採用されるケースが少なくないため、30代以上の人よりも異業種へ挑戦しやすいといえるでしょう。

自分で転職活動を進めるのが難しいと感じるなら、転職のプロへの相談をおすすめします。有料のキャリアコーチングや、無料で登録できる転職エージェントを利用してみましょう。どちらもメリットがありますので、効率よく転職活動を進められます。ぜひ検討してみてください。

少しでもこの記事が役に立てていたら嬉しいです。 ちなみに、Xでは毎日2回140文字で転職やキャリアに関する前向きになれる大切な情報を発信しています。 よかったらフォローしてみてくださいね😊 👇

「転職成功率は20代が高い?20代の転職事情とメリットを紹介!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

無料でキャリア相談
キャリアのプロ杉井に直接相談