営業の転職を成功させる!20代・30代・40代に求められるものを解説!

営業職は未経験でも転職しやすい仕事です。しかし、どんなスキルが必要でどのような能力が必要とされているのか、分からない方も多いと思います。

そこで、営業の転職を成功させるにはどんなスキルが必要になるのか、年代別に求められるものをまとめました。

これまでに培ってきたスキルをアピールすることで、さまざまな可能性が広がります。

営業への転職活動をしているが、なかなか採用されないという方は、この記事を参考にしてみてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

全世代を通して営業の転職で求められる3つのスキル

営業職で求められるスキルについて、3つに分けて紹介します。

どのスキルも、職業に関係なく役立ちますので確認しておきましょう。

コミュニケーション能力

営業職は、見込み客の不満をヒアリングによって聞き出し、その内容と自社の接点を見つけることで営業活動につなげていきます。成約につなげるためには、相手との信頼関係が重要です。誠実な態度で事実に基づいた説明をすることで相手からの信頼度が増します。

また、具体的で分かりやすい内容を心掛け、例えば「電気代を15%削減」など、効果を実感できる数字を提示できればイメージしやすいでしょう。説明の際には、相手の理解度を確認しながら進めてください。加えて、途中で相手からの質問があれば快く答えます。

営業職には、見込み客とのコミュニケーションが必須であり、しっかりと対応することで受注に繋げやすくなるでしょう。

課題を見つけ解決する能力

営業職は話がうまいことよりも、相手の話を聞く「傾聴力」の方が重要です。なぜなら、見込み客の課題を見つけ、それを解決することが営業の目的だからです。自社のサービスや商品を販売するには、企業側が顧客の課題を把握することが重要です。

しかし、顧客が自身の課題を自覚してない場合もあります。課題があるものの、うまく整理できていない場合や、言語化できていないこともあるため、明確な答えが返ってくることは期待できません。

そこで必要になるのが、課題を見つけ解決する能力です。代表的な方法を紹介します。

課題を見つけ解決する方法

  • 典型的な課題を推測
  • 同様の事例を探す
  • 顧客のデータを分析

顧客の話から課題を見つけ、上記の方法を使って解決する能力が営業職では求められています。

積極性

営業職では「積極性」が求められます。しかし、リーダーシップをとった行動だけが積極性ではありません。

仕事における積極性

  • 誰もやらない仕事を進んで行う
  • 新しいことにも果敢に挑戦する
  • 周囲を巻き込み物事を進めていく
  • 主体的に行動できる
  • チームのために動き貢献する

積極性とは「先頭に立つこと」だと考えがちですが、それぞれが自分にできることを主体的に行うことで、組織は健全に機能します。

先頭に立たなくても、自分で考えて動けるだけで、積極性をアピールできるのです。

各世代が営業の転職で求められるもの

営業職で世代ごとに求められるものを解説します。

スキル=資格とは限りません。職務遂行能力(ポテンシャル)や、協調性などの(ポータブルスキル)も企業は重視しています。

20代は明るさと潜在的な論理的思考力

明るく快活な性格の人は、相手に好印象を与えます。そのため、面接での振る舞いから、営業職の適性を判断される傾向があります。20代の若い世代には、冷静さよりも明るさを求められることが多くなるでしょう。

また、営業では、顧客に納得してもらうための論理的な説明が必要です。面接の場でも、質問に対して結論から答え、次に理由を話すなど、論理的な受け答えを心がけてください。

企業は、商品やサービスのメリットを魅力的にプレゼンできるかチェックしています。企業向けの高額サービスを扱う場合には、特に論理的思考力が必要となります。

30代は即戦力になりうる経験と柔軟性

30代の場合には行動力や対応力など、すぐに活躍できる即戦力となるスキルや経験が重視されます。

また、変化する状況に対応するため、営業職には柔軟性が求められます。例えば、何度かアプローチした結果、話の内容がある程度固まっていたとしましょう。しかし、顧客の状況が変化すれば求めるサービスも変化するため、柔軟な対応をする必要が出てきます。

変化するニーズに応える姿勢がなければ、結果につなげられず信用を失うリスクもあるのです。また、トラブルが起こった時には、柔軟かつ迅速な対応が求められます。異例な事態にも柔軟性は力を発揮するのです。

40代は営業の経験や人脈

40代になると、テクニカルスキルやマネジメントスキルが求められるようになります。より広い範囲をマネジメントする能力が求められるため、その手法は複雑化します。膨大な業務をこなすための能力が重視され、評価されるポイントとなるでしょう。

また、過去の取引先や企業を、そのまま転職先に紹介できる人脈として活用することもできます。長年の経験を活かすことで、40代という年齢を強みに変えることができるのです。

まとめ

営業で必要なスキルと、年代別に求められるものを解説しました。

営業で必要になるスキルは「コミュニケーション能力」「課題を見つけ解決する能力」「積極性」です。これらの能力は、営業以外の分野でも役に立つので、身につけておきたいスキルです。

また、営業で年代ごとに求められるスキルは、歳を重ねるごとに高度なものになっていきます。営業としてのスキルや柔軟性、人脈、長年の経験なども大切な要素です。

営業の転職では、これらの能力をアピールできれば転職成功率を上げることができるでしょう。この記事の内容をぜひ転職活動に活かしてください。

「営業の転職を成功させる!20代・30代・40代に求められるものを解説!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

無料でキャリア相談
キャリアのプロ杉井に直接相談