【IT転職】未経験者が転職失敗する理由とは?失敗体験を成功につなげよう!

現在転職活動中もしくはこれから転職をしようとしている方のなかで、未経験でIT業界への転職を考え中の方もいるのではないでしょうか。

IT職は未経験の方でも応募できる求人が多く、デジタル化が進んでいる現代でこれからどんどん発展していく業界でもあるので異業種への挑戦をしてみたいという方には特におすすめの職種でもあります。

しかし未経験可の求人が多いからといって、誰でも簡単に転職ができるわけではありません。またきちんとした準備をしなければIT職に転職できたとしても、すぐに退職してしまうなんてことも起こりえます。

そこで今回はIT職未経験の方が陥りやすいIT転職の失敗理由や、未経験でもIT転職を成功させるための対策をお伝えしていきます!

ぜひ最後までお読みください♪

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

IT未経験者が転職に失敗する4つの理由

ではまずIT未経験の方転職で失敗してしまう4つの理由をご紹介します。

キャリアプランがはっきりしていない

IT未経験の方が転職に失敗してしまう1つめの理由は、キャリアプランがはっきりしていない点です。

IT職といってもその業務は多種多様に分かれており、どんなIT職でどんなことをしていきたいのかしっかりとキャリアプランを立てなければ入社後やりたい仕事ができなかったり、自分に合っていないIT職で働くことになったりとミスマッチが起こってしまいます。

せっかくこれまでとは全く違う異業種のIT職に挑戦するのですから、この機会にもう一度自分の人生を見つめ直してキャリアプランをしっかり立てることをおすすめします!

IT職を通して一からシステムを作りあげていけるようになりたいのか、HPやサイトをデザインしていくクリエイティブなIT職として活躍したいのかなど、具体的なIT職でのキャリアプランを考えるようにしましょう♪

企業に対する情報収集が不足している

IT未経験の方が転職で失敗してしまう2つめの理由は企業に対する情報収集が不足している点です。

先ほどお話したキャリアプランと繋がる部分になりますが、転職先の企業がどのようなIT人材を求めていて、どんな仕事をさせてもらえるのか調べずにいざ入社してしまうと、やりたかった仕事ができなかったり、思い描いていたキャリアプランを叶えられなくなってしまいます。

また、IT未経験の方はその企業が教育に力をいれているかどうかもチェックしておかなければ、入社後全くITスキルを学ばせてもらえず仕事に慣れるまで苦労したり、最悪の場合、早期退職をしてしまうなんてこともあります。

このようにIT未経験の方の転職での失敗例では企業に対する情報収集不足が原因だったというケースが多く見られますので、これから転職をする方は必ず企業に対する情報収集を行いましょう。

 スキルが不足している

IT未経験の方が転職で失敗してしまう3つ目の理由はスキルが不足している点です。

IT職未経験の方を受け入れている企業でも最低限のPCスキルは求められます。

基本的なPCスキルがなければ専門的なITのスキルを身につけることはできません。いくら企業の研修制度が整っていても早々につまづいて挫折してしまいます。

これからIT転職を考えている未経験の方は、まず基本的なPCスキルを身につけておきましょう。具体的にはMOSといった基礎的なPCスキルを学べる資格の取得を目指し勉強することをおすすめします!

また、未経験や初心者の方でもIT職で役に立つ他のスキルに関しては次の章で詳しくお伝えさせて頂きます♪

業界・業種に対する情報収集が不足している

IT未経験の方が転職で失敗してしまう4つ目の理由は業界・業種に対する情報収集が不足している点です。

IT業界全体の流れや、どんなIT人材が今求められているのか、またIT業界にはどんな業種がありどんな仕事内容なのか知っておかなければ、これからIT転職をした後どんなキャリアを歩むのか、自分の強みを活かせるIT職はどんなものになるのかといったこともはっきりと決めることができません。

業界・業種に対する情報収集はIT転職において基盤となる部分なので、ここをおろそかにしてしまうとIT業界に関して知識のない未経験の方は転職を失敗してしまう可能性が高まります。

「なんとなくIT職は需要がありそうだから。」「よくわからないけどPCを使う仕事なんでしょ?」といったふんわりとした情報だけでなく、徹底的に業界・業種に対する情報収集は行うようにしましょう。

IT未経験者でも転職に成功するための対策

続いてはIT未経験の方でも転職に成功するための対策をお伝えしていきます。

自己分析を徹底する

IT未経験の方でも転職に成功するための対策1つ目は『自己分析を徹底する』です。

コミュニケーション能力が強みでありお客様と直接関わってサポートをしていきたいという方と、1人で黙々と作業することが得意で細かい点によく気づくという方では向いている仕事内容が違うのは想像できますよね?

このように自己分析を徹底的に行い自分自身の強みや得意なことを分析できれば目指すべきIT職が自然と見つかります。

転職後のミスマッチを防ぐためにも自己分析は必ず行ってください

自己分析の方法については転職サイトで質問に答えるだけで分析してくれるものがあったり、MBTI診断という性格診断も自分がどんな状況に強くてどんなことができるのかなど細かく診断してくれるので自己分析のひとつとしてやってみることをおすすめします♪

必要なスキルを身につける

IT未経験の方でも転職に成功するための対策2つ目は『必要なスキルを身につける』です。

転職において未経験の方でもスキルが身についている証明になるのが資格の取得です。

先ほども少しご紹介したMOSは基礎的なPCスキルがあること、ExcelやWordといったツールを使いこなせる証明になります。

また、ITパスポートといったITに関する基本の知識があることを証明できる国家試験もIT転職では役にたちます。

このように転職をする時にも、そして転職後の実務でも役に立つスキル、資格はたくさんあります。

スキルを事前に身につけてきていることはIT職に対するやる気があるということもアピールできますので、転職を成功させるためにもIT職未経験の方は積極的にスキル、資格を身につけていきましょう!

情報収集を徹底する

IT未経験の方でも転職に成功するための対策3つ目は『情報収集を徹底する』です。

転職の失敗の理由の中にもあったように情報収集ができているかどうかで転職の命運は大きくわかれます。

IT職にはどんなものあるのか、どのIT職が自分に合っているのか、IT職の中で未経験でも挑戦しやすい職種はあるのかどうかなど、IT業界全体を幅広く情報収集を行ってください!

そうすることで、これまで考えてもみなかった業種が実は自分に向いているのではと気づけたり、キャリアプランが立てやすくなったりと転職の軸をしっかりと決めることができます。

また、企業に対しての情報収集ではインターネットやSNSを用いれば簡単に情報を集めることができますし、転職サイトには現職の方や既に退職された方の企業に対する口コミやリアルな現場の雰囲気を知ることができるサービスもあります。

情報を沢山集めておいて損することはありませんので情報収集は徹底して行いましょう!

まとめ

今回はIT職未経験の方が陥りやすいIT転職の失敗理由や、未経験でもIT転職を成功させるための対策をご紹介しました!

未経験のみなさんだからこそ、入念にIT業界について調べ徹底的に準備することが転職を成功させるためにはとても重要です。

IT業界はこれからどんどん発展が見込まれるため、未経験のみなさんでも努力次第では年収が大幅アップしたり、その道のプロになれば独立ができたりとたくさんの夢が広がっている業界です

今回の記事がこれからのみなさんのIT転職の成功に繋がればとても嬉しいです♪

では、最後までお読みいただきありがとうございました!

「【IT転職】未経験者が転職失敗する理由とは?失敗体験を成功につなげよう!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

無料でキャリア相談
キャリアのプロ杉井に直接相談