転職エージェントで年収交渉は成功する?成功のコツと注意点を解説!

転職するなら年収アップしたい、というのはだれもが考えることです。
しかし、どういう方法で年収交渉すればいいのか分からない方が大半でしょう。

「年収交渉は自分からは言い出しにくい」
「年収交渉は転職で不利にならないか気になる」

と考えている方も多いです。

そこでこの記事では、転職エージェントを利用した年収交渉について解説していきます。
転職エージェントを利用した年収交渉の成功のコツと注意点も紹介しますので、転職エージェントによる代行に興味のある方はぜひ読んでみてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnote👇👇もご覧ください。(以下をクリック!)

年収交渉は転職エージェントが代行可能

転職エージェントに依頼することで、自分からは言い出しにくい年収交渉をしてくれます。一般的に年収がいくらになるかは、内定が決定時に提示されることが多いです。交渉したい方は早めに担当者に相談しておきましょう。

転職エージェント側では、相手企業の採用経緯などを把握しています。年収交渉できるか、どのタイミングで行うのかを判断し、話の進め方をあなたにアドバイスしてくれます。

あなたが高い年収を希望したとしても、企業では年収テーブルが決まっていて、例外となるような年収は許容できません。そのことをキャリアアドバイザーも理解しているので、現実的に達成可能な範囲で交渉してくれます。

転職エージェントで年収交渉を成功させるコツ

年収交渉を成功させるためのコツを解説します。

自分の希望だけではなく、相場を知っておくことが重要です。

業界の年収相場を知る

業界によって年収相場はさまざまです。応募先の企業規模によっても変わります。相場とかけ離れた要求では、交渉が難しくなるでしょう。あまりに非常識な要求だと、応募先の採用担当者に業界知識がないと見なされてしまうかもしれません。

まずは、業界の年収相場を調べて、自分の希望に合っているか確認してください。キャリアアドバイザーに相談すれば必要な情報を教えてくれます。もし、希望年収より相場が低いのであれば、年収が高い業界への転職を検討しましょう。

自分の市場価値を知る

年収交渉を成功させるには、自分の市場価値を知っておく必要があります。妥当な数字を把握しておくことで、交渉を円滑に進めることができるのです。

しかし、前の会社から大幅に年収を上げようとしている場合、専門知識や技術がないと厳しいかもしれません。自分が持っている知識や経験を活かせる、即戦力となれる職場を選んでください。

年収は企業への貢献度でもあるので、報酬に見合った活躍ができることを面接でアピールしましょう。

自身の情報を担当者と共有する

転職が成功したら源泉徴収票を転職先へ提出します。そこには前の会社の給与が記載されているので、前職の年収をごまかすことはできません。年収交渉するなら担当者と情報共有しておきましょう。

また、転職エージェントを通さずに、勝手に交渉することは避けてください。担当者が応募先企業と交渉してくれているので、再確認が必要になり二度手間です。

転職エージェントは、相手企業の過去の給与額や、年収推移といった情報を保有しています。すでに交渉してもらっているのなら、キャリアアドバイザーに任せた方がうまくいく可能性が高くなります。

転職エージェントで年収交渉をする際の注意点

年収交渉時の行動次第で、会社との関係が悪化して、最悪の場合、不採用になることもあります。

失敗しないために注意点を3つ紹介します。

登録時の希望年収額は高めに設定する

年収交渉を有利にするためには、転職エージェントへの登録時に、希望年収を高めに設定することをおすすめします。設定の目安としては、前の会社から30万〜50万アップ程度が無難なラインです。前述した通り、源泉徴収票で年収のごまかしはできませんので、正直に年収登録してください。

そして、年収アップのためにはこれまで培ってきたスキルや経験でアピールすることが重要です。能力を示す分かりやすい要素として、仕事に関連した資格取得が挙げられます。資格を持っているだけで、最低限の知識があることが理解されるので、交渉でプラス評価を得やすくなるでしょう。

内定をもらう前に年収交渉を相談する

転職における内定とは年収も含めて決定します。そのため、年収交渉は内定決定前に行いましょう。希望年収にこだわりたい方は、早めに担当者に相談してください。面接後すぐに内定が出ることもありますので、選考の段階でキャリアアドバイザーに交渉してもらう必要があります。

一応、内定後の話し合いも可能ではありますが、すでに年収が決定していることが多いため交渉は難しいです。話し合いに折り合いがつかない場合、最悪のケースとして不採用になる可能性も考えられます。やはり内定前に交渉した方がリスクが低くなります。

最低条件を明確にしておく

転職エージェントの交渉は、必ず成功するわけではありません。交渉に応じてくれない場合を考え、あなたが希望する「理想金額」と、最低限これだけは譲れないという「最低条件」を設定しておきましょう。

希望年収に許容範囲を設定することで、柔軟に対応できるようになります。担当者にも伝えておくと、自分の希望に合った企業を絞り込めるので、効率よく転職活動ができます。転職したい業界の相場に合わせた許容範囲を設定してください。

まとめ

転職エージェントを利用した年収交渉について解説しました。年収を上げたいという気持ちは分かりますが、企業には年収テーブルが決められており、例外的に高い報酬は出せません。そういった内部の情報も、担当者から聞き出せることがありますので、年収交渉したいときには相談してみましょう。

あなたのスキルや経験が、相手企業への貢献につながるとアピールできれば、いい条件を引き出しやすくなります。即戦力として活躍できそうな企業へ応募することが、年収交渉を成功させるコツです。転職エージェントと情報共有し、あなたに合った企業への転職を目指してください。

「転職エージェントで年収交渉は成功する?成功のコツと注意点を解説!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録