転職エージェントは1社のみ?複数利用?それぞれのメリットを紹介!

「転職エージェントは1社のみと複数利用どっちがいいのかな?」
そのように悩まれる方も少なくないでしょう。

結論から言うと、転職エージェントは複数利用がおすすめです。なぜなら、それぞれの会社には得意分野があり、その中から自分にあったところを選ぶ必要があるからです。複数登録することを、担当者にしっかり伝えておけば何の問題もありません。

この記事では1社のみ利用したときと、複数の会社を併用したときのメリットをそれぞれ紹介します。1社のみと複数利用した時のメリット両方を知ることで、比較検討しやすくなりますよ。

また、何社まで掛け持ちできるのか判断する方法も解説していますので、複数登録に迷っている方は参考にしてみてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えた提案に強み
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnoteもご覧ください。(以下をクリック!)

転職エージェントの登録数に制限はない

複数の転職エージェントに登録してもいいのか、迷っている方もいるでしょう。転職エージェントの利用者の多くは2~3社を利用する傾向にあり、キャリアアドバイザーも併用することは想定済みです。

複数登録すると、多くの求人を比較検討でき選択肢を増やせます。転職エージェントごとに得意分野や紹介できる求人数が異なりますので、転職活動をスムーズに進めるためにもうまく使い分けましょう。

担当のキャリアアドバイザーには、複数登録していることを伝えておけば問題ありません。

転職エージェントを1社のみ利用するメリット

1つの転職うエージェントのみ利用した場合のメリットを解説します。

登録する会社が多すぎると時間の確保が難しくなるので、スケジュールに合わせた登録数に調整してください。

判断に迷わない

転職エージェントを複数利用していると、それぞれの担当者からまったく違うアドバイスをもらうことがあります。転職には分かりやすい正解がありません。最終的には自分で判断することになりますが、たくさんの異なる意見を聞くと、どれが正しいのか分からなくなってしまう人もいるでしょう。

情報が多すぎても判断に迷うことになり、決断した後にも「これでよかったのか」と悩んでしまうかもしれません。そこで、1社に絞って転職エージェントを利用すると、担当者も一人だけになるので判断に迷う機会を減らすことができます。

スケジュール管理が楽

転職活動は求人の選択から、面談、応募、面接と時間がかかるものです。特に働きながら転職活動している方は、時間の確保が難しくなります。

複数の会社に登録すると、面談や面接など、それぞれにかかる時間も会社の数だけ増えます。また、スケジュール管理に失敗すると面接を受けられなかったり、直前にキャンセルして相手に迷惑をかけてしまうかもしれません。

1社のみ利用した場合、一人の担当者がスケジュールを管理してくれるため、余裕をもって転職活動することができます。

転職エージェントを複数利用するメリット

複数の会社に登録した場合には、さまざまな情報を集められることがメリットです。

それぞれの会社のキャリアアドバイザーからアドバイスをもらえるので、情報を比較できることも有利なポイントです。

希望する求人に出会える可能性が高くなる

転職エージェントには公開されている求人以外に、登録者だけに紹介する「非公開求人」を取り扱っています。これは、競合会社に知られたくない企業が利用しているもので、転職エージェントによって取り扱っている求人が異なります。

非公開求人は担当者から紹介してもらえないと応募できません。複数の会社に登録することで、希望する求人に出会える可能性が高くなるのです。

多くの意見や情報が得られる

転職エージェントに登録すると担当者が付きます。登録する会社の数が多いほど、担当者の数が増え、もらえるアドバイスも多くなります。

各社の蓄積された転職ノウハウに触れることで知識の偏りがなくなり、アドバイザーの意見が自分に合っているか判断できるのがメリットです。

また、「専門分野での転職を考えているが、条件に合うなら周辺分野にも挑戦したい」という場合には、複数の転職エージェントに登録したほうが効率よく情報を集められます。

自分に合う利用数を決めるときのポイント

転職エージェントの登録数はどのくらいが適正なのでしょうか。

自分に合う利用数を決めるポイントを紹介します。

面接などを対応できる時間的余裕があるか

複数登録すると会社の数だけ作業が必要になります。2社に登録すれば2倍、3社に登録すれば3倍の手間がかかるということです。

特に、働きながら転職活動している方は忙しいので、複数登録でスケジュール管理が難しくなるでしょう。スケジュールが合わせられなかった結果、キャンセルすることになったら相手企業に迷惑がかかります。自分の時間的余裕を考えて、対応できる数にしておきましょう。

どのくらいの情報を自身で処理できるか

転職エージェントの登録数が多いほど情報をたくさん集められます。しかし、自分で処理できないほどの情報を集めても意味がありません。

情報を管理できていないと、気が付かないうちに同一の求人に応募してしまうリスクもあります。その場合、転職エージェントからの信用を失うことになるでしょう。

転職エージェントの複数利用では、情報の取捨選択が大切です。どの情報が自分にとって必要なのか見極められるよう、自分の考えをしっかりと持ってください。

まとめ

転職エージェントの複数利用について解説しました。転職エージェントは、プロのアドバイスがもらえる便利なサービスですが、情報が多すぎても適切な判断ができません。

転職活動に使える時間を考えて登録する数を決めてください。多くても5~6社までにしておき、最終的には1社に絞るのがいいでしょう。

スケジュール管理はしっかりと行い、相手企業に迷惑をかけないように注意が必要です。自分に最適の利用数を検討し、納得できる転職を目指しましょう。

「転職エージェントは1社のみ?複数利用?それぞれのメリットを紹介!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録