不動産営業の転職先なら経験を活かしたい!転職成功のコツと注意点!

不動産営業を辞めたいと考える方は少なくありません。
しかし、どんな職業へ転職すればいいのかわからない方も多いでしょう。

そこでこの記事では、不動産営業の経験を活かした転職先を紹介します。

  • 不動産営業から転職を考える理由
  • 不動産営業の経験を活かせる転職先
  • 不動産営業からの転職を成功させるには

の順番に解説していきます。
この記事を読めば、よりよい転職先が見つかります。ぜひ読んでみて下さい。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えた提案に強み
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnoteもご覧ください。(以下をクリック!)

不動産営業から転職を考える理由

不動産業界は営業職のなかでも厳しいことで知られています。そのため、辞めたいと考えている方は少なくありません。

どんな時に仕事を辞めたいと思うのかを紹介します。

残業などの労働環境への不満

不動産業界は引っ越しシーズンなどの繁忙期がはっきりした業界です。
忙しい時期には1か月休みなしで働くことも珍しくありません。

お客様の時間帯に合わせて営業しなければならない点も、休みが少なくなる要因の一つです。
夜にしか商談できない、土日にしか連絡が付かないなどの理由から、休日返上で働くことも日常茶飯事です。

このように不規則に忙しいと、友人や家族との予定を入れることもできず、関係が疎遠になってしまいます。
休みが少なく自分の時間が持てないというのも辞めたくなる要因です。

人間関係でのストレス

社風にもよりますが、営業戦略よりも「精神論」や「根性論」などが優先される会社にパワハラが蔓延しているケースもあります。
営業成績が低迷していたり、ノルマが未達だった場合に、上司から叱責を受ける事もあるでしょう。

不動産は取引金額が高額になるので、クレームが多い業界です。
特に、個人客にとっては人生がかかった取引となり、そのクレーム内容は辛辣なものになる場合もあります。

このように、人間関係でのストレスは社内外から発生する可能性があるのです。

不動産営業の経験を活かせる転職先

不動産営業からは、さまざまな業界へ転職ができます。

経験を活かせる、おすすめの転職先を紹介します。

他社の営業職

今の会社のやり方や環境が合わないのであれば、同業他社で働くという選択肢があります。
不動産営業にやりがいを感じているなら、即戦力として新しい職場で活躍できるでしょう。
同業であれば給与水準も大きく変化しないので生活も安定します。

また、他業種の営業職への転職も、前職の経験を活かす事ができます。
営業職は対人スキルが必要なので、今まで不動産営業で培ってきたコミュニケーション能力を発揮できるでしょう。

営業職の求人は非常に多く、転職のハードルが比較的低い業種だと言われています。

土日出勤を減らしたい場合は法人営業がおすすめ

営業職では、土日出勤が当たり前の会社が少なくありません。
転職サイトで求人を検索すれば、土日休みの求人が数多く見つかります。
しかし、本当に土日休めるのかというと、そうではない事もあるのです。

土日休みやすい業種

  • 自動車・輸送機器メーカー
  • 電子・電気部品・半導体メーカー
  • 建設・土木
  • 金融・証券
  • 出版
  • IT

これらの業種は法人を相手に仕事をしている事が多く、休みが取りやすいと言えるでしょう。

より確実な方法として、転職エージェントの利用を検討してください。
転職エージェントを利用すると企業の情報に詳しいキャリアコンサルタントから情報を聞けるので、土日休めるのか見極められます。

不動産営業からの転職を成功させるには

転職を成功させるには、自分の能力を活かした転職先を選択しましょう。

スキルの棚卸しで自分の強みを明らかにし、矛盾のないアピールに繋げてください。

自身のスキルの棚卸しを丁寧に行う

スキルの棚卸しから、自分の能力や強みを把握します。

棚卸しで見つかる強み

  • 得意とする能力や強み
  • 前職で身に付けたもの
  • 仕事でさらに深まった能力

自分のスキルを理解しなければ、履歴書や職務経歴書を書けません。
スキルの棚卸しを丁寧に行っておくことで、面接でアピールする内容も決まるのです。

転職では「自分の強みは〇〇です。」で終わるのではなく、どんな実績を残したのか深掘りがないと相手にされません。
転職では実績でしか判断されないという点は覚えておいてください。

希望の労働条件の優先順位を明らかにする

転職で改善したい問題は人によって違います。
転職活動を始めるときに、仕事のどのような点が納得いかなかったのか、はっきりさせておきましょう。

転職理由がわからないまま行動してしまうと、同じような理由で転職を繰り返してしまう可能性が高くなります。
また、面接で退職理由を伝えるときには、志望動機と矛盾が無いようにしてください。

労働環境が理由で転職する場合、転職先の調査を徹底しましょう。
転職先が似たような環境だと本末転倒です。

企業分析は面接対策にもなるため、積極的に行ってください。

転職エージェントを利用して効率を上げる

転職エージェントを利用するメリットは、効率よく転職できる事です。

転職を成功させるには、さまざまな情報を比較して検討する必要があります。
業種をある程度絞り込んだとしても、数万以上ある求人情報をチェックするのは個人では不可能です。

自分1人で行う活動には限界がありますが、転職エージェントは数多くの情報から、あなたに合った求人を見つけてくれます。

転職エージェントは無料で利用できるのも魅力の一つです。
相談だけして転職を辞めることもできるので、気軽に利用してください。

まとめ

不動産営業はストレスが多く、労働環境がいいとは言えません。
しかし、能力が高ければ高報酬が期待できるのが魅力の職業でもあります。

過酷な仕事を乗り越えてきた経験が、転職ではアピールポイントとなり有利に働きます。
不動産営業で獲得したスキルは無駄にはなりません。違う業種でもスキルは活かせるため、視野を広く持って活動しましょう。

転職エージェントの力を借りれば、より効率的に転職ができます。
無料で利用できますので、ぜひ利用してみてください。

「不動産営業の転職先なら経験を活かしたい!転職成功のコツと注意点!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録