【第二新卒】自己PRで実績がない時はどうする?例文付きで書き方を紹介!

第二新卒は短期間で会社を辞めてしまったために、社会人経験が少なく、自己PRに何を書いたらいいか分からない方も多いと思います。

「書ける職歴がない」
「アピールできる実績がない」
などの理由で、自分の強みが見つからないと悩んでいるケースもあるでしょう。

そこでこの記事では第二新卒の方へ向けて、実績がないときの自己PRの書き方を解説します。

自己PRポイントの見つけ方や、企業が何を評価しているのかも紹介しますので、自分ならどうアピールできるのか確認してみましょう。

また、実績がない場合の自己PRの書き方も解説しています。異業種への転職を想定した例文も用意しましたので参考にしてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnote👇👇もご覧ください。(以下をクリック!)

【第二新卒】未経験=実績がないではない

企業は第二新卒に実績やスキルを求めていません。

仕事に熱意をもって取り組み、成長したいという気持ちが大切です。

前職の業務経験からPRポイントを見つける

第二新卒は業務経験が少ないため、どのようなことを強みとしてアピールしたらいいのか困っている方も多いのではないでしょうか?

前職の業務経験から、自分が繰り返し行っていた行動が自己PRのヒントになります。得意なことは無意識に行っているため、自分では気が付きにくいものです。

強みとするものはスキルを持っていることではなく、日常の些細な行動でも構いません。例えば、「確認を怠らない」ことは、仕事の正確性として魅力的なアピール要素となります。このように目的意識をもって工夫・努力したことからエピソードを探してみましょう。

企業は実績より仕事への姿勢を評価

第二新卒は年齢が若いため、冷静に仕事をこなすよりも、熱意を持った人の方が評価されます。企業側は「これから経験を積んでいきたい」という熱意や成長に対する意欲を重視しているのです。

企業は仕事におけるポテンシャルの高さを求めているため、「小さな実績でも工夫して取り組んだ」という自主性を示すことが大切です。

  • 自主的に動けること
  • 仕事に真摯に向き合えること
  • スキルを身につけたいという熱意

これらのことを伝え、自ら学ぶ姿勢を示しましょう。

実績がないと感じる場合の自己PRの書き方

実績がないと思っていても書けることはあります。

過去の経験から、アピールできる要素を見つける手順を紹介します。

自身の業務経験を細かく書き出す

実績が少ない方がいきなり自己PRを書き出すのは難しいため、まずは過去の経験を整理しましょう。

自分の業務経験を細かく書き出してみてください。

  • 3年間の勤務で、一度も遅刻・欠席・早退していない
  • 休みが月2~4回しかない職場に3年務めた
  • 社内の誰とでも円滑にコミュニケーションがとれた
  • 先輩の補佐で資料作成した

就職後の業務から自己PRを作成するのが望ましいですが、より説得力のある経験があるならば、学生時代やアルバイトの経験でも構いません。

評価点や工夫した点を思い出す

書き出した業務経験で周囲から評価されたことや、自分なりのこだわり、工夫したポイントを探します。

必ずしも成功体験だけが自己PRではありません。課題を乗り越え、解決策を自分で考えて行動したことも、成長意欲の高さとして評価されるでしょう。

業務体験の中で、どのような思考プロセスを経て行動に至ったのか、具体的に掘り下げてピックアップしてください。その経験により周囲から得られた評価や、客観的に確認できる成果があれば、大きなアピールポイントになるでしょう。

希望の転職先で貢献できる強みを探す

効果的な自己PRをするには、企業がどのような人材を求めているか明確にしておく必要があります。

そして応募先のニーズに合わせて、自己PRを選んでください。例えば、チームでの仕事が多い職場へのアピールなら、先輩と一緒に業務にあたった経験を自己PRにするといいでしょう。

第二新卒は、経験の深さやスキル面では、経験豊富な中途採用と比べてどうしても不利です。若手である強みを活かすため、仕事への意欲や成長性が、企業の方針や方向性と一致していることが重要となります。

第二新卒で異業種に挑戦する場合の自己PR例文

自分の業績から自己PRのポイントを見つけたらまとめていきます。簡潔に分かりやすい文章になるように意識してください。

文章の構成は「結論→理由→成果→今後の展望」の順に構成するといいでしょう。冒頭で結論を言い切ることで、読み手が後に続く内容を理解しやすくなります。

続いて、結論を裏付けるための理由を、過去のエピソードを絡めて伝えます。関連した成果があるなら、具体的な実績と共に説明します。

異業種の自己PR例文(サービス業からメーカー営業)

私の強みは観察力です。前職ではホテルでの勤務を通じて、相手を観察し何を求めているか常に考える習慣を身につけました。常連様への対応は、特徴や好みをメモに残し、より満足していただけるよう工夫しました。

その結果、名前を覚えていただけるようになり、こちらからサービスを提案することや、反対にご要望をいただくことも増えています。

貴社の業務においても、お客様とコミュニケーションを取りながらニーズを判断することで、最適な製品提案ができると考えています。

まとめ

第二新卒の自己PRについて解説しました。経験が少ない第二新卒はアピールできる実績がありません。しかし、企業は第二新卒にポテンシャルを求めていますので、仕事への意欲や成長性をアピールできれば十分です。

過去の業務経験から、仕事に対してどう考えているかを整理し、アピールする内容を探しましょう。企業研究でどんな人材が求められているかリサーチし、応募先のニーズに合わせた自己PRができるよう、アピールする内容を選んでください。

「【第二新卒】自己PRで実績がない時はどうする?例文付きで書き方を紹介!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録