ワークライフバランスとは?意味とその重要性について知ろう!

「ワークライフバランス」という言葉を聞いたことがある方は多いと思います。では、その言葉の意味を正しく理解しているでしょうか?

本来の目的は仕事よりもプライベートを優先することでも、労働時間を削減することでもありません。

この記事では、ワークライフバランスの意味や目的労動者側と企業側のメリットについて解説します。ワークライフバランスを実現するために個人でできることも紹介するので、参考にしてください。

「ワークライフバランス」を正しく理解して、できることからはじめてみましょう。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

そもそもワークライフバランスとは何か

ワークライフバランスとは、「仕事と生活の調和」を意味します。

2007年に内閣府が制定した「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章」では、仕事と生活の調和が実現した社会は「国民一人ひとりがやりがいや充実感を感じながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できる社会」とされています。

誤って認識されることもありますが、本来の目的は、仕事と生活の両方を充実させて相乗効果を生み出すことです。

プライベートを優先させたり、労働時間を削減したりすることではありません。どちらかを犠牲にするのではなく、仕事とプライベートのバランスを調整して人生を充実させていく考え方が「ワークライフバランス」です。

参照:内閣府男女共同参画局「仕事と生活の調和とは(定義)」

22時過ぎまで働き、週末は体力回復にあてていたM.Hさんの転職成功事例】 実際に弊社で転職支援させて頂いたHさんの生の声と、転職活動で大切なポイントについて教えて頂きました。 👇(以下をクリック)

ワークライフバランスの充実が個人に与えるメリット

仕事と生活のバランスを整えることは、個人と企業の双方にメリットがあります。まずは個人から見たメリットについて解説します。

生活の質や幸福度が上昇する

ワークライフバランスは仕事と私生活のバランスを取り、人生を充実させていく考え方です。そのため、仕事とプライベートのバランスを整えると生活の質や幸福度が向上します。

仕事と生活の調和ができていない状態、つまり「仕事人間」になってしまうと、自由な時間が確保できずに人生の満足度が下がります。一方で両者のバランスを整えて自由に使える時間が増えると、以下のような時間が生まれるのです。

自由に使える時間

  • 家族や友人と過ごす時間
  • 趣味に没入する時間
  • 自己成長に取り組む時間

自由な時間を確保できると、リフレッシュや自己投資に時間を使えるということです。このようにワークライフバランスを整えると、仕事とプライベートの好循環が生まれます。

心身の健康維持につながる

ワークライフバランスを整えることは、メリハリをつけることとも言えるでしょう。メリハリをつけることは心身の健康に役立ち、心身の健康は仕事のパフォーマンス向上につながります。

一方で仕事ばかりになってしまうと健康面に悪影響を与えて、仕事のパフォーマンスが落ちてしまいます。仕事と生活のバランスを整えると、今までよりも短い時間で大きな成果を出せるようになり、残業時間が減って自由時間が増えます。こうして仕事と私生活で相乗効果を生み出すことが、ワークライフバランスの目的です。

よくある失敗がわかればやり直しせずに最短でベストな転職ができます。】 転職活動やり直しで6ヶ月かかっても内定でない、、だとしんどいですよね。 一度で理想の企業から内定するにも「よくある失敗事例」は知っておくのがおすすめ。 👇(以下をクリック)

ワークライフバランスの充実が企業に与えるメリット

ワークライフバランスの充実は、企業にとってもメリットがあります。ここでは企業側から見たメリットを紹介します。

優秀な人材が獲得しやすくなる

優秀な人材を確保しやすくなることが、企業側のメリットです。近年の日本では、少子高齢化の影響で労働人口が減少し、働き方が多様化しています。

そのため、優秀な人材ほど働く環境を自ら選べるようになり、ワークライフバランスが整った企業に優秀な人材が集まるのです。仕事と生活のバランスを整える取り組みを積極的に行うことで、企業は優秀な人材を獲得しやすくなるでしょう。

時間外労働の削減につながる

ワークライフバランスを整えることは、時間外労働の削減につながります。仕事と私生活の好循環を生むことで仕事のパフォーマンスが向上し、より短時間で同じ成果を出せるようになるからです。

ただし、労働時間を削減すること自体を目的にしてはいけません。労働時間を減らしても業務量が変わらない場合や効率化されてない場合、現場の負担がかえって増えてしまいます。

やりたいことが見つかっても、「受からなければ」選べない。】 株式会社Neutralで支援した相談者さんも多数の面接を通過し「年収50〜100万円UPの内定」をもらっている面接対策のテンプレートは以下に記載しています。 (こちらは、大変好評いただいているのと弊社の長年のノウハウが詰まっているため有料購入者様限定とさせて頂きます🙇‍♂️) 👇(以下をクリック)

ワークライフバランスの充実のために個人でできること

ワークライフバランスを整える取り組みは企業側だけが行うものではなく、個人でできることもあります。できることからはじめて、仕事と生活の調和を実現させていきましょう。

仕事の進め方を見直す

個人がまずできることは、仕事の進め方の見直しです。例えば作業工程の見直し、スケジュールやタスクの管理、効率化ツールの活用などがあります。本で「仕事術」や「時間術」を学ぶのもいいでしょう。

仕事の効率を上げることができれば、自由に使える時間が増えます。つまり、仕事とプライベートの好循環が生まれるということです。

自身のスキルを磨く

スキルアップに取り組むことでも、仕事の効率アップが可能です。ワークライフバランスの目的は、プライベートを優先させることではありません。仕事を充実させることで、プライベートも含めた人生全体を充実させることが目的です。

また、現代の日本は終身雇用が失われてきており、雇用の流動性が高まっています。スキルアップすることでキャリアの選択肢が増え、社会の変化に対応できるようになります。

まとめ

この記事では、ワークライフバランスの意味やメリットについて解説しました。ワークライフバランスはどちらかを優先するのではなく、仕事と生活の両方を充実させて好循環を生むことが目的です。また、仕事と生活のバランスを整えることは個人にも企業にもメリットがあります。

ただし、ワークライフバランスを実現するための取り組みは、企業側だけが行うものではありません。仕事の進め方の見直しやスキルアップといった、個人でできることもあるので、できることからはじめてみましょう。

少しでもこの記事が役に立てていたら嬉しいです。 ちなみに、Xでは毎日2回140文字で転職やキャリアに関する前向きになれる大切な情報を発信しています。 よかったらフォローしてみてくださいね😊 👇

「ワークライフバランスとは?意味とその重要性について知ろう!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

無料でキャリア相談
キャリアのプロ杉井に直接相談