転職を誰に相談するか迷ったら?相談相手を選ぶ際の基準を知ろう!

転職について悩んだときに、誰に相談したらいいか迷うことがあるかもしれません。

相談相手によっては、仕事の妨げになることもあるので、適切な相手を選ぶことが重要です。

現職に不満があって転職を考えている場合、その悩みは人それぞれです。相談相手をしっかりと見極めて、有益なアドバイスをもらいましょう。

この記事では、相談相手の選び方と注意点を解説します。転職の相談相手に悩んでいる方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えた提案に強み
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnoteもご覧ください。(以下をクリック!)

転職は1人で悩まないことが大切

現職に何らかの不満があって転職を考え始めたら、1人で悩まずに誰かに相談することをおすすめします。現状把握のためには、感情論ではなく客観的な視点が必要だからです。

相談相手からアドバイスを受けたり、改善策を提示されたりするうちに、自分の考えが整理できることもあります。

周りの人に相談してみることで、自分の環境を改善できる可能性もあるでしょう。冷静に判断してくれそうな人を相談相手に選んでください。

転職の相談相手としておすすめできない2ケース

転職の相談相手として避けるべきケースを2つ紹介します。

トラブルのない転職をするために確認しておきましょう。

会社の上司や同僚

現職の関係者への相談は避けてください。どこから情報が漏れるか分かりません。その結果、社内で自分の評価が下がったり、仕事がやりにくくなる可能性もあります。

同じ会社の人間であれば、理解してもらいやすいメリットはありますが、転職してもしなくても仕事に影響が出ますので、相談相手としては不適切です。会社に近い相手には伝えずに転職活動を進めてください。

家族・友人

家族や友人は、親身になって相談に乗ってくれます。情報が漏れるリスクも少なく、気軽に相談できる相手です。しかし、転職経験がない相手のアドバイスは的外れなことも多く、意見に偏りが出てしまう可能性があります。

悩みを聞いてもらう相手としてはいいですが、有効な意見を聞きたい場合には不適切かもしれません。相手の主観が入っていることもあるため、アドバイスは参考程度にとどめてください。

転職の相談相手としておすすめできる2ケース

転職に関する意見を求める相手としておすすめできるケースを2つ紹介します。

できるだけ現職の関係者を避けて相談するのがコツです。

退職済みの元上司や元同僚

退職済みの元上司や元同僚は、意見を求める相手として適切です。すでに転職した人の経験やアドバイスは有益な情報となるでしょう。

相談相手と必ず同じ状況になるとは限りませんが、自分だけでは気づけなかったことが理解できれば、転職活動に活かせるかもしれません。

また、成功体験だけではなく、失敗談から学ぶこともあります。自分が転職する時の判断に活かせば、失敗を回避することもできるのです。

会社を辞めた元上司や元同僚と連絡が取れるなら、相談してみてください。自分だけで考えるよりも、転職を有利に進めることができるでしょう。

転職エージェント

転職エージェントとは、求職者の悩みを解決し、最適な求人を紹介しているサービスです。求人情報や転職に関するノウハウを保有しています。

また、転職事例も数多く知っているため、あなたに合わせて適切なアドバイスができます。転職活動を具体的にどう進めればいいのかは、転職のプロに聞くのがスムーズです。

転職に迷っている段階でも、相談だけの利用ができます。転職エージェントは原則無料ですので気軽に登録してみてください。

転職について相談する時の注意点

転職する前に、なぜ転職しようと思ったのかをはっきりさせておきましょう。

早期退職を防ぎ、長く働ける職場が見つかります。

抱えている悩みを明確にしておく

転職を考えるきっかけとなったことを思い出して、どんな悩みなのか明確にしておきましょう。現状の不満が出てきたら、なぜそう思ったのかを深掘りしていきます。

仕事の悩み

  • 給料が少ない
  • 残業が多い
  • やりたい仕事がない
  • 会社の将来が不安
  • 人間関係がうまくいかない

上記のような悩みは転職先でも起こりうることです。原因をはっきりさせないうちに転職しても、同じ状況に陥ることもあります。まずは抱えている悩みを明確にして、それを解消できるような仕事を選択しましょう。

転職での希望も明確にしておく

転職する際に、仕事に求めているものに優先順位を付けておきます。自分が希望する条件が見つかったとしても、それを全て満たす会社は見つかりません。

そこで、これだけは譲れないという条件を決めて、それ以外の条件に幅を持たせておくと選択肢が広がります。転職する目的を明確にしておけば、長く働ける職場を見つけることができるのです。

将来のライフスタイルを想定して、「転勤はしたくない」「産休・育休を取得して仕事を続けたい」なども考慮しておきましょう。

まとめ

転職の相談相手について解説しました。転職を思い立っても一人で悩まずに、周りの人に相談してください。

その際に、現職に近い人への相談は避け、退職を経験した元上司や元同僚を頼ると、有益なアドバイスを受けられます。転職エージェントであれば、さまざまな事例からあなたに合った情報を教えてくれますので、登録してみてください。

また、転職について相談する前に、自分の悩みや仕事に希望する条件を明確にすることで、転職を繰り返すような事態を防ぐことができます。自分が仕事に何を望んでいるのかはっきりさせておきましょう。

「転職を誰に相談するか迷ったら?相談相手を選ぶ際の基準を知ろう!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録