転職の面接準備時間はどのくらい?準備すべき内容と手順を解説!

本記事では、転職の面接準備時間はどのくらい必要なのか?

また、どのような準備をすべきなのか?その内容と手順についても解説していきます。

転職面接では準備が9割と言われるほど、事前準備がとても大切です。

何の準備もせずに上手くいくほど、転職面接は甘くありません。

とはいえ、どんなことを準備すればよいの?何から始めればよいの?と悩まれる方も多いのではないでしょうか?

今回は、面接準備に必要な時間、具体的な準備内容から手順まで順を追って説明していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

本記事はこんな人にオススメ!

・転職面接で何を準備したらよいか悩んでいる方

・書類選考は通るのに面接で落ちてしまう方

・転職の成功率を上げたい方

・後悔しない転職活動を行いたい方

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnote👇👇もご覧ください。(以下をクリック!)

転職の面接準備時間は平均0.5~1か月

まず最低でも2週間前から面接準備を始めましょう

書類選考を通過してから面接まで2週間もかかる企業は多くないと思います。

そのため、書類選考してから面接準備をするのではなく、面接まで想定した準備を行うことが重要です。

企業によっては、面接の時期や、書類選考から面接までのスケジュールを公開していますので、必ず確認するようにしましょう。

面接準備で熱意を伝えたい

転職面接で最も大切なことは、「熱意」を伝えることです。

入社したいという強い想いを面接官に届けなければなりません。

では、どうしたら熱意は伝わるのでしょうか?

もちろん、面接時の話し方や態度も熱意を伝える上では非常に重要です。

そこに加えて、徹底した面接準備が重要であることを認識してほしいと思います。

志望業界や志望企業、志望職種について、どこまで徹底的に準備してきたかを面接官は評価しています。

本当に入社したいのであれば徹底的に準備してくるでしょうし、面接官からの質問に対しても熱意ある回答ができると思います。

面接官からすれば、しっかりと準備しているか、準備していないかは簡単に分かってしまうものです。

「この人はしっかりと準備してきたんだな」と思われることが、そのまま熱意に繋がっていきます

逆に、準備していれば答えられる質問に、うろたえてしまうようでは熱意は伝わりません。

忙しい場合は一日1時間を繰り返す

多くの人が、現職を続けながら転職活動を行っていると思います。

ただでさえ忙しい中、面接準備の時間を確保するのも中々大変ですよね。

しかし、転職面接は準備が9割と言われるなか、この時間を疎かにしてしまうと、転職が上手くいかない可能性が高いのです。

そのため、この時期だけは何とかして最低1時間は転職面接の準備をする時間を確保してください。

いつもより1時間早く起きる、趣味娯楽の時間をこの期間だけは抑えるなど、いろいろな工夫をしながら時間を作りましょう。

面接準備の流れ

それでは、ここからは具体的な面接準備の手順について紹介していきたいと思います。

定番質問の対策

まずは定番質問の対策から始めましょう。

「自己紹介をしてください」

「転職理由を教えてください」

「あなたの強みや弱みはなんですか」

「当社の志望理由を教えてください」

など、上記は一例ですが、よく聞かれるであろう質問への対策から始めましょう。

「なんとなく答えられるだろう」と安易に考えてはいけません

準備していないと中々咄嗟には出てこないものです。

そのためには自己分析から始めることをオススメします。

自分はどういう人間なのか、どんなときに達成感を感じるのかなど、学生時代の経験やキャリアの棚卸しを通じて紙に書き出していきましょう。

自己分析を徹底的に行い、自分という人間を客観的にみることができれば、大抵の定番質問には答えられるようになります

マニュアルっぽい話し方になってしまわないように注意しなければなりませんが、回答例は作成しておくとよいでしょう。

何度も繰り返して、メモを見ないでも自分の言葉で話せるように準備しておけば安心です。

企業研究

次に、企業研究を行ってください。

その企業だけを調べるのではなく、業界の特徴や今後の動向など、インターネットや書籍、企業ホームページなどを使って徹底的に研究してください

その業界に勤める友人や先輩などに直接話しを聞いても良いでしょうし、出身大学のネットワークを通じてOB訪問することも有効です。

理想としては、その企業の概要や特徴、今後のビジョンなどを知らない人に伝えられるくらいまで理解できればベストでしょう。

ただ単に理解するだけではなく、自分の考えも合わせ持っておくと完璧です。

面接マナーの確認

最低限のマナーは抑えておきましょう。

・遅刻をしない

・目をみて挨拶をする

・大きな声でハキハキと話す

・姿勢よく座る

など、上記のような面接マナーはインターネット上で多くの情報が掲載されていますので、それらを参考に準備しておきましょう。

一昔前と違って、私服面接や染髪OKの企業も増えてきているのは事実ですし、企業によってはスーツ禁止などと制限をしている場合もあります。

そのため、志望企業のスタンスに合わせることが第一ですが、特に指定が無い場合は、オーソドックスな姿勢で臨むのが無難です。

そこまで気負いすることはありませんので、マイナスな印象だけは与えないように注意しておきましょう。

声を出しながらの練習

ここまで紹介してきました定番質問への回答や、入室時の挨拶などは、常に声を出して練習することを推奨します。

頭の中だけで理解したつもりでも、いざ本番になると上手く話せないことはよくあります。

転職エージェントとの面接対策も非常に有用ですし、自分で録画して見返すことも重要です。

声に出して話し、それを客観的に評価することで、頭の中だけでは気づかなかったことに気づけるかもしれません。

当日は身だしなみにも気を遣おう

いよいよ本番当日です。

先ほど面接マナーについて触れましたが、身だしなみもマナーの1つです。

髪がボサボサ、服がヨレヨレだったらあなたはどう思いますか?

せっかく多くの準備をしてきても、身だしなみでマイナス評価されてしまっては勿体無いですよね。

清潔感のある身だしなみで本番に臨みましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本記事では、転職の面接準備時間はどのくらい必要なのか?

また、どのような準備をすべきなのか?その内容と手順について解説してきました。

経験や実績だけではなく、その企業に入りたいという熱意も重要です。

当日の熱い想いだけではなく、徹底した面接準備が熱意に繋がることもお伝えしましたよね。

面接準備についても、具体的な準備の内容と手順についても紹介しましたので、ぜひ参考にしてみてください。

あなたの転職活動が素晴らしい未来に繋がることを心より応援しております。

「転職の面接準備時間はどのくらい?準備すべき内容と手順を解説!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録