【転職面接】準備時間はどのくらい?準備すべき内容と手順を解説!

本記事では、転職の面接準備時間はどのくらい必要なのか?

また、どのような準備をすべきなのか?その内容と手順についても解説していきます。

転職面接では準備が9割と言われるほど、事前準備がとても大切です。

何の準備もせずに上手くいくほど、転職面接は甘くありません。

とはいえ、どんなことを準備すればよいの?何から始めればよいの?と悩まれる方も多いのではないでしょうか?

今回は、面接準備に必要な時間、具体的な準備内容から手順まで順を追って説明していきます。また、面接の失敗例から学ぶ対策や転職サービスについても紹介しています。

ぜひ参考にしてみてください。

本記事はこんな人にオススメ!

・転職面接で何を準備したらよいか悩んでいる方

・書類選考は通るのに面接で落ちてしまう方

・転職の成功率を上げたい方

・後悔しない転職活動を行いたい方

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

転職の面接準備時間は平均0.5~1か月

まず最低でも2週間前から面接準備を始めましょう

書類選考を通過してから面接まで2週間もかかる企業は多くないと思います。

そのため、書類選考してから面接準備をするのではなく、面接まで想定した準備を行うことが重要です。

企業によっては、面接の時期や、書類選考から面接までのスケジュールを公開していますので、必ず確認するようにしましょう。

面接準備で熱意を伝えたい

転職面接で最も大切なことは、「熱意」を伝えることです。

入社したいという強い想いを面接官に届けなければなりません。

では、どうしたら熱意は伝わるのでしょうか?

もちろん、面接時の話し方や態度も熱意を伝える上では非常に重要です。

そこに加えて、徹底した面接準備が重要であることを認識してほしいと思います。

志望業界や志望企業、志望職種について、どこまで徹底的に準備してきたかを面接官は評価しています。

本当に入社したいのであれば徹底的に準備してくるでしょうし、面接官からの質問に対しても熱意ある回答ができると思います。

面接官からすれば、しっかりと準備しているか、準備していないかは簡単に分かってしまうものです。

「この人はしっかりと準備してきたんだな」と思われることが、そのまま熱意に繋がっていきます

逆に、準備していれば答えられる質問に、うろたえてしまうようでは熱意は伝わりません。

忙しい場合は一日1時間を繰り返す

多くの人が、現職を続けながら転職活動を行っていると思います。

ただでさえ忙しい中、面接準備の時間を確保するのも中々大変ですよね。

しかし、転職面接は準備が9割と言われるなか、この時間を疎かにしてしまうと、転職が上手くいかない可能性が高いのです。

そのため、この時期だけは何とかして最低1時間は転職面接の準備をする時間を確保してください。

いつもより1時間早く起きる、趣味娯楽の時間をこの期間だけは抑えるなど、いろいろな工夫をしながら時間を作りましょう。

22時過ぎまで働き、週末は体力回復にあてていたM.Hさんの転職成功事例】 実際に弊社で転職支援させて頂いたHさんの生の声と、転職活動で大切なポイントについて教えて頂きました。 👇(以下をクリック)

面接に向けて絶対に準備しておきたい5つのこと

それでは、ここからは具体的な面接準備の手順について紹介していきたいと思います。

定番質問の対策

まずは定番質問の対策から始めましょう。

「自己紹介をしてください」

「転職理由を教えてください」

「あなたの強みや弱みはなんですか」

「当社の志望理由を教えてください」

など、上記は一例ですが、よく聞かれるであろう質問への対策から始めましょう。

「なんとなく答えられるだろう」と安易に考えてはいけません

準備していないと中々咄嗟には出てこないものです。

そのためには自己分析から始めることをオススメします。

自分はどういう人間なのか、どんなときに達成感を感じるのかなど、学生時代の経験やキャリアの棚卸しを通じて紙に書き出していきましょう。

自己分析を徹底的に行い、自分という人間を客観的にみることができれば、大抵の定番質問には答えられるようになります

マニュアルっぽい話し方になってしまわないように注意しなければなりませんが、回答例は作成しておくとよいでしょう。

何度も繰り返して、メモを見ないでも自分の言葉で話せるように準備しておけば安心です。

企業研究

次に、企業研究を行ってください。

その企業だけを調べるのではなく、業界の特徴や今後の動向など、インターネットや書籍、企業ホームページなどを使って徹底的に研究してください

その業界に勤める友人や先輩などに直接話しを聞いても良いでしょうし、出身大学のネットワークを通じてOB訪問することも有効です。

理想としては、その企業の概要や特徴、今後のビジョンなどを知らない人に伝えられるくらいまで理解できればベストでしょう。

ただ単に理解するだけではなく、自分の考えも合わせ持っておくと完璧です。

面接マナーの確認

最低限のマナーは抑えておきましょう。

・遅刻をしない

・目をみて挨拶をする

・大きな声でハキハキと話す

・姿勢よく座る

など、上記のような面接マナーはインターネット上で多くの情報が掲載されていますので、それらを参考に準備しておきましょう。

一昔前と違って、私服面接や染髪OKの企業も増えてきているのは事実ですし、企業によってはスーツ禁止などと制限をしている場合もあります。

そのため、志望企業のスタンスに合わせることが第一ですが、特に指定が無い場合は、オーソドックスな姿勢で臨むのが無難です。

そこまで気負いすることはありませんので、マイナスな印象だけは与えないように注意しておきましょう。

声を出しながらの練習

ここまで紹介してきました定番質問への回答や、入室時の挨拶などは、常に声を出して練習することを推奨します。

頭の中だけで理解したつもりでも、いざ本番になると上手く話せないことはよくあります。

転職エージェントとの面接対策も非常に有用ですし、自分で録画して見返すことも重要です。

声に出して話し、それを客観的に評価することで、頭の中だけでは気づかなかったことに気づけるかもしれません。

面接会場・時間・持ち物の確認

ここまでの内容をしっかりと準備することができたなら、あとは面接の日を迎えるだけ。でも、面接の前日に必ずやっておいて欲しいことがあります。

この確認を忘れると、面接当日に慌ててしまって、せっかく準備したことを面接本番で十分に発揮できくなってしまいます。

面接の前日には、面接会場・面接時間・持ち物の確認を必ず行いましょう。

当たり前のことだと思いがちですが、ここまでしっかりとチェックすることで、面接当日、気持ちが落ち着き、これまでの面接準備を本番に活かすことができるのです。

面接会場は事前に下見しておくと良いでしょう。会場の最寄駅からの道順と時間を把握しておくことで、安心して面接会場へ向かうことができます。

最寄駅までの交通手段と所要時間の確認も忘れずに行いましょう。面接の30分前に到着できるようにしておくのがおすすめです。

そして、意外と間違えてしまうのが面接時間です。

ビジネスの世界では24時間で時間を表記することが多いですよね。そのことに慣れていないと時間を読み間違えてしまうのです。13時を午後3時と間違えたり、皆さんも経験があるのではないでしょうか?

会社からの文書やメールをもう一度しっかり読んで、面接時間を読み違えていないかを確認してください。

当日必要な持ち物は、チェックリストを作って確認するようにしましょう。

チェックリストを使い、前日に持ち物の準備をします。出発前にもう一度チェックリストで最終確認すれば完璧です。

よくある失敗がわかればやり直しせずに最短でベストな転職ができます。】 転職活動やり直しで6ヶ月かかっても内定でない、、だとしんどいですよね。 一度で理想の企業から内定するにも「よくある失敗事例」は知っておくのがおすすめ。 👇(以下をクリック)

当日は身だしなみにも気を遣おう

いよいよ本番当日です。

先ほど面接マナーについて触れましたが、身だしなみもマナーの1つです。

髪がボサボサ、服がヨレヨレだったらあなたはどう思いますか?

せっかく多くの準備をしてきても、身だしなみでマイナス評価されてしまっては勿体無いですよね。

清潔感のある身だしなみで本番を迎えるようにしましょう。

よくある面接の失敗例

面接での失敗は避けたいものです。そのためには、どのような失敗があるのかを知り、対策をすることが大切です。

ここでは、よくある面接の失敗例を2つ紹介し、その対策を解説します。失敗の原因を知り対策をして、同じ失敗をしないようにしてくださいね。

緊張で上手くPRできなかった

緊張で頭が真っ白になって、上手く話せなかった。これは誰もが経験する失敗といえるでしょう。

面接という場で緊張しない人はほとんどいません。つまり、自分だけが緊張しているということはないのです。面接を受ける人全員が緊張していると思えば、少し気が楽になるのではないでしょうか?

また、上手く話すことを意識し過ぎるのも良くありません。意識しすぎて、黙り込んでしまうのが最悪のパターンです。

面接の目的は自分の考えや熱意を伝えることで、上手く話すことではないのです。

多少つっかえたとしても、考えや熱意が伝われば、面接官は評価してくれるでしょう。

緊張して上手くPRできないと思う人は、緊張はするものだと理解し、緊張しつつも自分の言葉でしっかりと熱意を伝えることを意識してみてください。

提出書類と一貫性がなかった

「コミュニケーションスキルに優れている」と自己アピールしているにも関わらず、面接官の目を見て話さなければ、面接官はどのように感じるでしょうか?

当然、書いてある自己アピールを信じることはできないですし、そのほかの項目についても不信感を抱くことでしょう。

このように提出書類と言動に一貫性がないと面接に失敗してしまいます。

では、一貫性を持たせるにはどうすればよいのでしょうか?

これまで説明してきた面接の準備を徹底的にすることです。

特に自己分析には力を入れましょう。自己分析をしっかりと行うことで、より客観的な自分像が見えてきます。

そこから導き出されたアピールポイントは、自らの言動と一致したものとなり、一貫性が生まれるのです。

提出書類と言動に一貫性を持たせるために、面接準備を徹底的に行いましょう。

「キャリアが前に進まない」と言う方へ。 】キャリアの悩みは「どう考えるか」で解決することも多いです。株式会社Neutralでは自身のキャリア起点で序盤の面談を行なっています。 完全無料ですので少しでもボトルネックがあると感じる方は一度お気軽にご相談ください。 👇(以下をクリック)

面接対策なら転職サービスを利用しよう

ここまで説明してきた面接の準備を一人で行うのは大変なことです。特に自己分析を客観的に行うには限界があります。

面接準備を効率的かつ効果的に進めるには、プロの手を借りることをおすすめします。

転職サービスでは、転職エージェントとの面談を通じて様々なアドバイスを受ける事ができます。自分では気づかなかった強みを発見できることもあるんですよ。

また、一人では行えない模擬面接も実施してもらえます。

転職サービスを利用することで、面接に通る確率を上げることができるのです。

ぜひ転職サービスの利用を検討してみてください。

やりたいことが見つかっても、「受からなければ」選べない。】 株式会社Neutralで支援した相談者さんも多数の面接を通過し「年収50〜100万円UPの内定」をもらっている面接対策のテンプレートは以下に記載しています。 (こちらは、大変好評いただいているのと弊社の長年のノウハウが詰まっているため有料購入者様限定とさせて頂きます🙇‍♂️) 👇(以下をクリック)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本記事では、転職の面接準備時間はどのくらい必要なのか?

また、どのような準備をすべきなのか?その内容と手順について解説してきました。

経験や実績だけではなく、その企業に入りたいという熱意も重要です。

当日の熱い想いだけではなく、徹底した面接準備が熱意に繋がることもお伝えしましたよね。

面接準備についても、具体的な準備の内容と手順や面接の失敗例についても紹介しましたので、ぜひ参考にしてみてください。

そして、面接準備に行き詰まったときには転職サービスを利用してみましょう。

あなたの転職活動が素晴らしい未来に繋がることを心より応援しています。

少しでもこの記事が役に立てていたら嬉しいです。 ちなみに、Xでは毎日2回140文字で転職やキャリアに関する前向きになれる大切な情報を発信しています。 よかったらフォローしてみてくださいね😊 👇

「【転職面接】準備時間はどのくらい?準備すべき内容と手順を解説!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

無料でキャリア相談
キャリアのプロ杉井に直接相談