年収アップを転職でつかみ取りたい!成功する人の特徴まとめ!

転職活動を始める動機として、収入面の不満を理由としている方は多いです。しかし、具体的に何をすれば年収が上がるのか、分からない方も多いことでしょう。

「年収アップの理由が知りたい」
「どんな職業がいいのか」
上記のような理由で悩んでいる方がいるのかもしれません。

そこでこの記事では、年収アップしやすい人の特徴を解説していきます。年収が高い業種や、転職先を選ぶコツも紹介していますので、年収をアップさせたい方はぜひ参考にしてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnote👇👇もご覧ください。(以下をクリック!)

転職で年収アップしやすいのは年齢が20代~30代前半

転職することで年収をアップしやすいのは、実力の差が表れ始める20代~30代前半です。20代後半あたりが、スキルを磨いた人とそうではない人との差が開き始める時期となります。

年功序列型の企業であれば給与への影響はありませんが、実績を評価する企業へ転職した場合に年収アップを成功させる人が多いようです。

厚生労働省の「令和2年転職者実態調査の概況」によると、「転職によって賃金が増加した割合」の年齢別のデータは以下の通りです。

  • 15~19歳:8.8%
  • 20~24歳:46.5%
  • 25~29歳:46.3%
  • 30~34歳:48.6%
  • 35~39歳:40.6%

20代~30代前半で一番高い割合となっているため、この年代の人が転職することで、年収アップを実現している人が多いことが分かります。

22時過ぎまで働き、週末は体力回復にあてていたM.Hさんの転職成功事例】 実際に弊社で転職支援させて頂いたHさんの生の声と、転職活動で大切なポイントについて教えて頂きました。 👇(以下をクリック)

転職で年収アップしやすい職種とは

厚生労働省の「令和3年賃金構造基本統計調査」によると、賃金が高くなりやすい業界は以下の通りでした。

  • 男性:金融業、保険業
  • 女性:電気、ガス、熱供給、水道業

これらの業界は専門知識を必要とするため、採用争いが激化しています。人材を確保するために、年収を高く設定して募集する企業が多いようです。

また、AIの導入で効率化が難しい業界でも、年収が高くなっていく特徴があります。

年収アップが成功しやすい人の4つの特徴

転職市場では経過や実績を重視します。

自分の経験を活かせそうな求人を探すことが年収アップのコツです。

同業種への転職を希望している

転職前の業務と同じ業種への転職であれば会社での教育期間も短く、即戦力としての活躍を期待されます。そのため、スキルや経験を活かせる職場を転職先に選ぶことで年収をアップさせやすいのです。

その逆で考えるなら、未経験分野への転職は年収アップどころか、年収がダウンすることもあるでしょう。転職市場では求職者のポテンシャルよりも、前職の知識や経験を重視していることが多いので、実績を示せないなら年収アップは難しくなります。

異業種でもスキルや経験を活かしている

業種が変わっても「保険営業」→「不動産営業」のように、同じ営業職として経験を活かせるなら、異業種であっても年収アップに期待できます。異業種への転職でも、自分が持っているスキルを活かせそうな求人を選ぶと、年収アップに期待できるでしょう。

例えば、法人営業の場合だと「商材の金額希望が近い」「クライアントが同じ公共機関」など、同じ要素があれば異業種でも過去の経験を活かせる可能性があるため、何らかの共通点を探してみると、自分に合った求人が見つかるかもしれません。

希望条件を絞りすぎない

転職条件が広ければ、高収入の求人に出会える可能性も高まります。自分の希望と異なる場合でも、選考を受けてみると魅力を感じる企業があるかもしれません。

転職の希望条件は、「絶対に譲れない条件」のみを明確にして、できるだけ幅広く情報を集めましょう。さまざま企業の選考を受けることで、年収を大きく上げられるチャンスもあるのです。

需要の高いスキルを持っている

希少性の高いスキルを持っている場合、年収は上がりやすくなります。例えば、シニア層が多い職場では若手の価値が高まり、マネジメントできる人材が少ない会社ではマネジメント能力のある人材が重宝されます。

企業によって希少性の高い人材の条件は異なりますので、企業研究でうまく見極めて転職活動を進めていきましょう。一般的なスキルしか持っていない人は、目立った実績を出せていないため年収アップは難しいでしょう。

よくある失敗がわかればやり直しせずに最短でベストな転職ができます。】 転職活動やり直しで6ヶ月かかっても内定でない、、だとしんどいですよね。 一度で理想の企業から内定するにも「よくある失敗事例」は知っておくのがおすすめ。 👇(以下をクリック)

年収交渉には転職エージェントもおすすめ

企業との年収交渉は慣れていないと難しいものです。しかし、転職エージェントであれば、あなたに代わって企業との交渉を代行してくれます。

さまざま企業とのパイプがあり、過去の実績からどんな人材が必要とされているかデータとして保有しているため、あなたに合った求人を紹介できるのが転職エージェントの強みです。

転職活動のサポートが欲しいなら、年収交渉以外にも手厚いサポートを無料で受けられる転職エージェントの利用を検討してみてください。

まとめ

年収アップを成功させる人の特徴をまとめました。年齢的には20代~30代前半の割合が多くなります。年収が多くなる職種としては、「専門知識を必要とする仕事」「AIで効率化できない仕事」が有利です。

また、転職では経験や実績が重視されるため、自分のスキルを活かせそうな求人を探すことが大切となります。異業種であっても、前職との共通点があれば経験を活かせることがありますので探してみてください。

転職エージェントであれば無料でさまざまなサポートを受けられるため、1人での活動が難しいと感じたなら登録して、効率よく転職活動を進めていきましょう。

少しでもこの記事が役に立てていたら嬉しいです。 ちなみに、Xでは毎日2回140文字で転職やキャリアに関する前向きになれる大切な情報を発信しています。 よかったらフォローしてみてくださいね😊 👇

「年収アップを転職でつかみ取りたい!成功する人の特徴まとめ!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録