転職エージェントになるには資格はいる?未経験OK? 気になる疑問を解説!

転職エージェントになりたいと思っても、どうすればいいのか分からない方も多いでしょう。

「転職方法を教えてほしい」
「探す方法が分からない」

と考えている方も多いと思います。

そこでこの記事では、転職エージェントになるにはどうすればいいのか、以下の4点について解説していきます。

  • 資格は必要?
  • 未経験でもOK?
  • 収入や将来性
  • 転職エージェントになる近道

転職エージェントへの転職について興味がある方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnote👇👇もご覧ください。(以下をクリック!)

転職エージェントになるには資格は必要?

資格を持っていなくても採用されやすいのが転職エージェントの特徴です。

ただし、持っていれば有利になる資格もありますので、詳細を見ていきましょう。

資格がなくてもOK!

転職エージェントへの転職は、資格がなくても採用されやすい仕事です。

宅地建物取引士や行政書士のように専門性が高く難しい仕事には、資格を持っていないとできない独占業務があります。しかし、転職エージェントには独占業務がありません。そのため、採用の可否に資格は影響しないのです。

正社員での募集人数には限りがありますので、もし正社員への転職が難しいなら、非正規雇用から実務経験を積み、その後正社員を目指す方法もあります。

持っておくと有利な資格もある

転職エージェントになるために必須となる資格はありませんが、持っておくと有利になる資格もあります。

国家資格にキャリアコンサルタントというものがあります。キャリアコンサルタントとは、労働者の職業選択や能力向上に関する相談を受けて、助言を行なう専門家のことです。

厚生労働省が認定している資格ですので、持っていると転職で有利になるでしょう。

転職エージェントになるには未経験でもOK?

転職エージェントは、未経験でも、過去の経験が活かしやすい業界を選べば採用されやすい仕事です。

どんなスキルや経験が活かせるのか見ていきましょう。

未経験でも採用されやすい

転職エージェントが未経験でも採用されやすい理由の一つとして、ポータブルスキルをアピールしやすいことが挙げられます。ポータブルスキルとは、スケジュール管理や情報収集など、職業が変わっても活かせるスキルのことです。

キャリアアドバイザーは営業職の一面を持つ職業なので、コミュニケーション力や傾聴力が重要とされています。相手の意図を汲み取るだけではなく、本人すら意識していないような潜在ニーズを引き出す力が評価されやすいでしょう。

異業種での経験を活かしやすい業種

最近は特定の業界・業種を専門的に扱う、特化型エージェントが増えています。自分の経験に関係した業種を扱う転職エージェントに応募すると、過去の経験を活かせます。

例えば、ITエンジニアがIT業界に特化した転職エージェントでキャリアアドバイザーになった場合には、現場での経験を元に有益なアドバイスができるでしょう。出身業界の専門知識を活かせる分野で、求職者をサポートしているアドバイザーは少なくありません。

転職エージェントの収入や将来性は?

人材業界は成長することが予想されており、転職市場は今後も活性化すると見られています。

結果として、転職エージェントの将来性は高くなるといえるでしょう。

収入は月給+インセンティブ

収入は月給とインセンティブ制度での加算があります。インセンティブとは、求職者のマッチングを成功させるほど給料が大きくなる仕組みです。

会社ごとに給料テーブルや報酬額は異なりますが、月額20〜25万円が平均的な給料です。転職を成功させたときに、採用された人の年収の約30%にあたる金額を、採用した会社が転職エージェントに支払うシステムとなっています。

インセンティブ制度を採用している会社なら、成約金額の〇%という形で賞与に加算されるルールになっています。成果を上げると給料が増えるため実力主義の世界です。

需要は増加しており、将来性が見込める職種

仕事で悩んでいる方が多く存在する現代では、新しい仕事を求めて転職活動を始める人が増えると予想されています。収入アップのためにキャリアアップを目指している人もたくさんいると考えられます。

インターネットの発達により、ITやパソコンを使用した仕事の需要も伸び、変化に応じて転職活動を始める人も多くなるでしょう。多様なニーズがあるからこそ転職エージェントの仕事が重要であり、将来性が見込める職業となるでしょう。

転職エージェントになる近道はある?

転職エージェントを利用して転職先を探すことが近道となります。

現職のキャリアアドバイザーの方からのアドバイスは大きな力になるでしょう。

まずは転職エージェントを利用してみる

転職エージェントになる道は、転職エージェントで探すのがおすすめです。キャリアアドバイザーの方から直接アドバイスを受けられることが理由です。実際に現場で働いている方から具体的に教えてもらえるのは大きなメリットになります。

また、転職エージェントでの転職経験がそのまま転職後の予習になるため、仕事内容を知るためには手っ取り早い方法です。過去の経験を活かすなら、特定の業種に特化した転職エージェントに登録すると効率的に転職活動ができます。

まとめ

転職エージェントになるためには資格が必要ありません。キャリアアドバイザーは営業職のような一面を持っているので、営業の経験者であればスキルを活かしやすくなります。

インセンティブ制度で報酬を増やせる会社も多いので、成果報酬でやりがいを感じる方にはおすすめの職業です。

また、前職の業界に特化した転職エージェントへ転職すれば、求職者へ有益なアドバイスができます。専門分野の知識を活かしてキャリアアドバイザーとして働いている方も少なくありません。将来性が見込める職業なので、変化を見越した行動が重要となるでしょう。

「転職エージェントになるには資格はいる?未経験OK? 気になる疑問を解説!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録