転職の年収アップ相場について解説!年収交渉はどうすれば効果的?

働いている方なら誰もが「年収をアップさせたい」と考えたことがあると思います。しかし、実際にどのように行動すれば実現できるのか分からない方も多いことでしょう。

「年収アップの相場が知りたい」
「どうすれば年収が上がるのか教えてほしい」
と考えている方もいると思います。

そこでこの記事では、転職で年収をアップさせるための方法について詳しく解説していきます。

転職先の選び方から、年収の交渉について説明していますので、年収アップに興味のある方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnote👇👇もご覧ください。(以下をクリック!)

転職での年収アップの相場は5~10%程度

給料が少ないことが理由で転職活動を始める方が増えています。転職で期待できる年収アップの相場は5~10%程度です。

年収アップを実現できる人は、20代前半から30代前半の若い世代に多く、仕事への意欲や熱意が高い人に多い傾向です。また、企業からも「成長の伸びしろがある」と考えられており、期待が大きいことも年収アップに影響しています。

逆に未経験分野へのキャリアチェンジした場合には、元の収入の70~80%まで下がるケースもあるため、転職さえすれば年収が上がるわけではないことには注意が必要です。

22時過ぎまで働き、週末は体力回復にあてていたM.Hさんの転職成功事例】 実際に弊社で転職支援させて頂いたHさんの生の声と、転職活動で大切なポイントについて教えて頂きました。 👇(以下をクリック)

転職で年収アップさせるための3つのコツ

年収をアップさせるためにはどんな考え方が必要になるのかを解説します。

少しでも有利な状況になるように、転職先を選択してください。

これまでの経験を活かした転職をする

企業は採用する際に、求職者の「知識・経験・能力」を考慮して、入社後の立場や賃金を決定します。そのため、具体的な実績を示せる「同業種・同職種」への転職が、年収をアップさせるためには有利になるのです。

企業としても即戦力としてすぐに活躍を期待できる場合には、高い報酬でも契約したいと考えますし、将来的には管理職やリーダーとしての採用も視野に入ります。場合によっては、想定よりも高い年収を提示されることもあるでしょう。

年収の高い業界に転職する

会社が支払う賃金の高い会社に入ると、年収は上がりやすくなります。年収が多くなる傾向があるのは以下の業界です。

年収がアップしやすい業界

  • 金融業
  • 保険業
  • 電気
  • ガス
  • 熱供給
  • 水道業

専門知識が必要な業界や、AIの導入で効率化が難しい業務でも年収が高くなる傾向があります。

医療や介護・福祉などの分野は、高齢化が進むにつれて市場規模の拡大が見込まれているため、人手が追い付いていない業種であれば、年収アップに期待できるでしょう。

福利厚生を確認し、実質年収をアップさせる

年収をチェックする際には「基本給」に注目しがちですが、「福利厚生」や「各種手当」の確認も重要です。

例えば、「家賃手当」があるかないかで毎月の出費が大きく変わります。自分が持っている資格で手当が出るなら、あなたにとっては有利になるでしょう。基本給が低くても他の部分でもらえるものが多い場合には、実質的な年収は高くなるのです。

また、転職先の業績が悪化した場合には、予定通りの年収を受け取れない可能性もあるため、会社の業績や業界の将来性などもチェックしておくと良いでしょう。

やりたいことが見つかっても、「受からなければ」選べない。】 株式会社Neutralで支援した相談者さんも多数の面接を通過し「年収50〜100万円UPの内定」をもらっている面接対策のテンプレートは以下に記載しています。 (こちらは、大変好評いただいているのと弊社の長年のノウハウが詰まっているため有料購入者様限定とさせて頂きます🙇‍♂️) 👇(以下をクリック)

転職で年収アップさせるための年収交渉方法

年収をアップさせるために必要な情報をまとめました。事前準備として自分の市場価値を知っておくことが大切です。

転職先の給与テーブルを調べておくと、妥当な金額を知ることができます。

内定獲得後から内定承諾前が理想

年収を交渉する場合のタイミングですが、内定前に交渉するとイメージが悪くなります。採用に影響することもあるため注意してください。

そのため、年収の交渉は内定を獲得した後がベストなタイミングです。内定を承諾する前に交渉することで希望の条件を伝えましょう。

また、面接中に希望する年収について聞かれたときにも交渉可能です。この場合には希望する年収額をはっきりと伝えてください。ここで曖昧に回答してしまうと希望通りの条件にならない可能性がありますので注意しましょう。

根拠のある年収交渉をする

希望する年収には、ある程度の合理性が必要です。自分の能力に見合わない年収を希望したり、事前伝えた条件と異なる内容で交渉するのは避けましょう。

応募先の年収情報を確認しておき、給与テーブルから大きく外れない年収額であれば、妥当な金額となるため希望が通りやすくなります。

また、自分の市場価値を知っておくことも大切です。スキルや経験からどのくらいの年収がもらえるのか、キャリアの棚卸をしておきましょう。市場価値と乖離しない希望額であればミスマッチを起こすことがありません。

交渉のプロに任せる

年収をアップさせたいとしても、「自分からはなかなか口に出しづらい」という方も多いことでしょう。そこで、転職エージェントに登録して、企業との交渉を代行してもらう方法をおすすめします。

やり方やタイミングを間違えて不採用になるくらいなら、最初から交渉に慣れているプロに任せてしまった方が安全です。

実績のある転職エージェントが、あなたの代わりに企業と交渉して、ベストな結論を見つけてくれるでしょう。

「キャリアが前に進まない」と言う方へ。 】キャリアの悩みは「どう考えるか」で解決することも多いです。株式会社Neutralでは自身のキャリア起点で序盤の面談を行なっています。 完全無料ですので少しでもボトルネックがあると感じる方は一度お気軽にご相談ください。 👇(以下をクリック)

まとめ

転職活動の年収アップについて解説しました。年収アップは前職の5~10%増が相場です。伸びしろがある20代前半から30代前半の世代で、転職によって年収をアップさせる人が増えています。

年収をアップさせるコツとして、これまでの経験を活かせるような同業種・同職種への転職が有利です。また、会社の給与テーブルで高い年収を支払っている企業へ転職すれば年収がアップしやすいでしょう。福利厚生が有利な企業へ転職できれば、実質的な年収をアップさせることもできます。

もし、年収交渉について自分で交渉することに自信がないなら、転職エージェントに登録して企業との交渉を代行してもらうとよいでしょう。交渉に慣れているプロの方が、より良い結果になる可能性が高いです。転職エージェントは無料で登録できますのでぜひ利用してみてください。

少しでもこの記事が役に立てていたら嬉しいです。 ちなみに、Xでは毎日2回140文字で転職やキャリアに関する前向きになれる大切な情報を発信しています。 よかったらフォローしてみてくださいね😊 👇

「転職の年収アップ相場について解説!年収交渉はどうすれば効果的?」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録