転職でキャリアコンサルタントの資格を活かしたい!仕事内容や転職先を解説!

キャリアコンサルタントは、有資格者のみが名乗ることを許されている「名称独占資格」です。その資格を活かすためには、どんな転職先を選べばいいのでしょうか。

国家資格のため活躍の場が多く、どんな転職先を選べばいいのか迷っている方もいるでしょう。

そこでこの記事では、キャリアコンサルタントの仕事内容の解説と、おすすめの転職先を紹介します。

これからキャリアコンサルタントを目指している方も、すでに資格を持っていて転職先を探している方も、理解を深めたいならぜひこの記事を読んでみてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

キャリアコンサルタントの資格は国家資格

キャリアコンサルタントは2016年に国家資格に定められています。国家試験に合格すると名簿に登録され、有資格者のみ名乗ることができる「名称独占資格」です。

キャリアコンサルタントとは職業の選択、職業生活の設計、能力開発や向上などの相談に応じて、アドバイスや指導を行う仕事です。

相談者の働き方や適正、置かれている状況などを考慮しながら、サポートすることをキャリアコンサルティングといいます。

キャリアコンサルタントの仕事内容

キャリアコンサルタントの仕事は、相談者に合ったキャリアを築けるように、職業選択をサポートすることです。

具体的なサポートの内容を紹介していきます。

目標とするキャリアを明らかにする

相談者の不安や悩みと向き合うことが大切です。最初に「ビジョンを持っているが手段が分からない」「このままでいいのか漠然とした不安がある」などの仕事に関する悩みをヒアリングします。

これからどのような方向性でやっていくのか、その選択肢を共に考えることがキャリアコンサルティングです。

キャリアの方向性を明らかにするには、相談者と信頼関係を築き、安心して話せる雰囲気作りが重要となります。そのためには、相手の話に耳を傾け、寄り添う姿勢が大切です。

自己分析の援助を行う

自己分析とは自分を知ることです。カウンセリングで以下のような要素を確認していきます。

自己分析の要素

  • 趣味や特技
  • 興味のあること
  • 今までの経験
  • 影響を受けたこと
  • 大切にしていること

その内容から、相談者の性格や興味関心などを踏まえて、これまでのキャリアの棚卸をします。自分を理解することは、目標達成に向けた考え方の土台として重要です。

キャリアコンサルタントは、カウンセリングで相談者が自己分析を行い、適切に職業を選択できるようにサポートします。

キャリアプランの作成を援助する

相談者の状況によってキャリアプランもさまざまです。ヒアリング内容を元に適切なキャリアプランを立てられるようサポートしていきます。目標達成への行動を応援したり、必要な情報を提供することも大切になるでしょう。

相談者が自己分析で理解を深めたら、これからの目標を設定していきます。キャリアコンサルタントが複数の目標を設定し、選択してもらうケースもあります。

目標設定の次にやるのが、達成に向けた行動計画(キャリアプラン)の設定です。具体的には、目標までの行動を細分化し、それぞれのタスクに対して「いつまでに何をするのか」計画を立てていきます。

キャリアコンサルタントの資格が活かせる職業

キャリアコンサルタントはさまざまな場所で活躍しています。

特に需要の高い職業を3つ紹介します。

企業の人事部

企業の人事部で、人材採用や定着の支援、働く人の意欲や能力開発、そのための企画立案や実行に携わります。キャリアの向上は仕事への意欲や生産性にも影響するため、サポートする人材が必要です。

企業に入社した人は、昇進や異動などさまざまなキャリアを経験します。個別のカウンセリングを通じて、従業員が主体的にキャリア形成できるようにサポートし、働きかけるのがキャリアコンサルタントの役割です。

大学のキャリアセンター

大学のキャリアセンターなどで、学生の自己分析や進路選択、企業研究などの求職活動のサポートに携わります。

基本的に学生とのマンツーマンの就職相談を行います。履歴書やエントリーシートの添削、面接対策なども重要な仕事です。

社会経験のない学生がキャリアを思い描くことは難しいです。そのため、本人の希望や適性をもとに、近い業種を提案するなどのサポートも必要です。

人材派遣会社や転職エージェント

人材派遣会社や転職エージェントでも、キャリアコンサルタントは活躍しています。

転職希望者と求人企業の間に立ち、適切なマッチングを行います。求職者との信頼関係の構築や、潜在的な能力を見出す力が必要で、キャリアコンサルタントの専門性が発揮できる仕事です。

転職希望者の適性やスキルを見極め、企業が求める人物像に合わせてマッチングしていきます。また、相談者の仕事への意欲を高めたり、相手の要望を聞き出すヒアリング力も求められます。

まとめ

キャリアコンサルタントについて解説しました。国家資格なので試験に合格しないと名乗ることができない「名称独占資格」です。

相談者がより良いキャリアを築けるように、職業選択をサポートすることが主な業務となります。転職先としては、企業の人事部や大学のキャリアセンター、人材派遣や転職エージェントがおすすめです。

相手が変わっても、キャリア形成をサポートするという仕事は変わりません。信頼関係を築き、相手に寄り添う姿勢が大切になるでしょう。

「転職でキャリアコンサルタントの資格を活かしたい!仕事内容や転職先を解説!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

無料でキャリア相談
キャリアのプロ杉井に直接相談