転職はキャリアを捨てることになる?不安や迷いを解消する方法を解説!

転職すると今までのキャリアを捨てることになると考えて踏み出せない方がいるようです。

「異業種へ転職したいけど不安」
「転職して後悔しないか心配」
などの考えで転職に不安を抱えている方も多いです。

そこでこの記事では、転職とキャリアプランについて解説していきます。キャリアについて正しく理解し、自分に合った転職先を選びましょう。

キャリアプランの重要性と、転職の迷いをなくす方法も紹介しますので、転職に迷っている方は参考にしてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnote👇👇もご覧ください。(以下をクリック!)

転職はキャリアを捨てることではない

転職しても活かせるキャリアはあります。自分のキャリアプランを立てて、どのような将来を目指すのか明確にしましょう。

転職はキャリアプランを考える機会

キャリアプランとは、自分の働き方や将来の理想像を明確にし、それを実現するために計画を立てることをいいます。終身雇用が難しくなった現代では、キャリアを選択する機会が何度もあります。

結婚や出産、転勤、転職などの場面で、どんな選択をするのか考える際にキャリアプランが役に立ちます。理想像に近づくためにはどうすればいいのか、という視点で考えることがキャリア形成につながるのです。

転職を利用しキャリアアップを目指せる

キャリアアップとは、知識や経験を身につけて能力を向上させ、経歴を高めることをいいます。

転職する前に、現職でキャリアアップできないか模索してみてください。実現の見込みが薄い場合に転職を検討します。

キャリアアップのために、現状足りていないスキルや経験を積める転職先を探しましょう。一時的に収入が下がるかもしれませんが、自分の人材価値を高めて再度転職することで、年収アップを実現することも可能です。

異業種に転職してもこれまでのキャリアは活かせる

異業種への転職であっても、これまでのスキルや経験を、入社後の仕事に活かせることをアピールできれば採用される可能性はあります。

異業種を目指す理由や志望動機を分かりやすく言語化し、それが説得力のある内容であれば熱意の高さをアピールできるでしょう。

ただし、転職の場合には現職で「一定以上の成果を上げていること」が評価のポイントとなりますので、面接でしっかりと伝えることが大切です。もし、アピールできる成果がない場合には、現職で成果を挙げてから転職活動をスタートさせる方法もあります。

転職に対する迷いをなくす方法

転職の迷いを断ち切るには、情報収集して疑問を解消することが重要です。

メリット・デメリットを理解し、目標を明確にしましょう。

様々な企業の情報を集める

転職では情報収集が大切です。情報が足りないまま転職してしまうと、入社後にギャップを感じてしまい、短期間での転職を繰り返してしまいます。転職で失敗しないためには企業研究が重要です。

情報収集で特に確認したいのが、「事業内容」と「ビジネスモデル」です。同じグループの企業のビジネスモデルも見ておきましょう。

また、その企業の社長の名前を検索したり、SNSやインタビュー、ブログ記事などを探してみると参考になります。

自身の将来の目標を明らかにする

キャリアプランによって将来の目標を明らかにします。理想の将来像をかなえるために、必要なスキルや経験を洗い出します。目標から逆算して、いつまでに何をするべきかを確認しましょう。

例えば、5年後に経営企画職に就きたいと考えたとします。戦略を練るためのスキルや実績、経営状態を読み解く知識が必要です。この場合には以下のような行動が必要です。

  • 戦略スキルのためにBtoBの営業職で経験を積む
  • 並行して勉強を進め、簿記1級の取得を目指す

具体的にキャリアプランを立てていき、目標が明確になれば何をすればいいのかが分かります。

転職のメリットデメリットを書き出し比較する

転職のメリット・デメリットを書き出して比較するのも効果的です。

転職のメリット

  • 年収アップの可能性がある
  • 人間関係の悩みを解消できる
  • 新しいスキルや経験が身に付く
  • ワークライフバランスが整う
  • 自分に合った環境で働ける

転職のデメリット

  • 一時的に社会的信用が下がる
  • 年収が下がる可能性がある
  • 新しく人間関係を構築する必要がある
  • 年下から教育されるケースがある
  • 年齢に見合った能力を求められる

転職することで、どのようなメリット・デメリットがあるのか把握し、それでも転職したいのであれば行動してください。キャリアプランを立てて目的意識を持ち、計画的に進めましょう。

転職に迷ったら転職エージェントに相談しよう

転職に必要なことを説明してきました。それでも迷うようなら転職エージェントに相談してみてください。キャリアアドバイザーなら、プロの目線で有益なアドバイスが受けられます。

転職で提出する書類の添削から面接対策、応募する企業との調整も代行してくれるので、迷っているなら転職エージェントへの登録をおすすめします。無料で利用できますので、ぜひ検討してください。

まとめ

転職によるキャリアについて解説しました。転職で一時的に収入が下がることはあります。しかし、キャリアプランをしっかりと立てていれば、将来の理想像へ向けて堅実に進むことができます。

もし転職に迷っているなら、企業研究を行い情報収集を進めてください。情報が集まれば転職するか、現職で頑張るかの判断基準になります。

どうしても踏み出せないようなら、転職エージェントに頼りましょう。プロのアドバイザーから有益なアドバイスを受けることができます。登録は無料ですのでぜひ検討してみてください。

「転職はキャリアを捨てることになる?不安や迷いを解消する方法を解説!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録