【転職エージェント】断り方で迷う!断る時の注意点とケース別例文解説!

転職エージェントを断りたいけど、どうすればいいのか迷っている人はいませんか?
言いにくいという気持ちは分かりますが、音信不通になってしまうと、余計に迷惑をかけてしまいます。

そこでこの記事では、転職エージェントの断り方について解説していきます。
断る時のポイントを紹介しています。具体的な例文も3つ用意しました。あなたの状況に合わせて使ってみてください。

この記事を読めば、転職エージェントの断り方について理解できます。ぜひ最後まで読んでみてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

転職エージェントのサービスは断っていい

キャリアアドバイザーからの提案に強制力はありません。あなたの考えに合わなければ断ることができます。その後のサポートに影響することもありませんので、遠慮なく伝えてください。

しかし、その断り方には十分に気を付け相手に配慮し、失礼のないように断ってください。相手を無視して音信不通で辞めることがないようにしましょう。あなたが転職活動を辞めたことを知らずに、無駄な労力を使わせてしまうことになります。

転職エージェントを断る時のポイント!

断り方を間違えると、転職エージェントだけでなく、応募先の企業にも迷惑が掛かります。

どういう断り方をすればいいのか見ていきましょう。

断る意志や理由をはっきり伝える

断る時に気まずいという気持ちから、曖昧な伝え方になってしまうかもしれません。しかし、はっきり伝えないことでお互いの認識がズレてしまう可能性があります。

転職は人生を左右する重大なイベントです。キャリアアドバイザーも、求職者の考え方を尊重することが重要であると理解しているため、遠慮する必要はありません。

そのため、断る理由を明確にしてはっきりと伝えることが重要になるのです。その結果、改善点が発見できれば転職エージェントのサービスの質を上げることにも繋がります。

「選考中」と「内定直後」は極力避ける

転職エージェントはいつ断っても問題ありません。しかし、避けたほうがいいタイミングがあります。それが「選考中」と「内定直後」です。

選考中とは、キャリアアドバイザーと企業が連絡を取り合っている状態のことです。ここで断ってしまうと、相手企業に迷惑が掛かります。

次に、内定直後もタイミングが悪いです。入社するまではキャリアアドバイザーが企業との間に入ってくれますが、内定が取れてから対応してもらおうとしても、うまくいかないことがあります。

断るとしたら応募する前がベストです。悪いタイミングはできるだけ避けてください。

断ると決めた場合は早めに伝える

転職エージェントに登録してサポートを受けても、提案内容が自分に合わないと感じたら遠慮なく伝えてください。担当者はあなたの転職成功を目的に活動しています。転職の意思がない相手にサポートを続けても意味がありません。

その際、伝えるのはできるだけ早い方がいいです。担当者は、あなたの転職のための作業を常時行なっています。無駄な作業をさせないためにも、早めに断るようにしましょう。

転職エージェントの断り方例文

3つの場面を想定した、断り方の例文を用意しました。

転職エージェントを断る時の参考にしてください。

担当者を変えたい場合

転職エージェントでは担当者の変更を申し出ることができます。相手に感謝しながら失礼のないように断りましょう。

担当者を変えたいときの例文

お世話になっております。〇〇(名前)です。

日頃から〇〇様のサポートには大変感謝しております。しかし、私が希望している業界への知識に不安を感じており、担当者様の変更をお願いしたいと考えています。

できれば、〇〇業界に精通している担当者様と話をしたいのですが、調整可能でしょうか?お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。

求人紹介を断りたい場合

求人を断るときは、その理由を明確にした上で、改めて自分の希望を伝えると効果的です。転職エージェントはあなたが転職成功することで利益が出るので、正直に伝えてください。

求人紹介を断るときの例文

先日紹介して頂いた求人ですが、入念に検討した結果、辞退することにしました。面談でお伝えした〇〇について尊重して頂けたのはありがたいのですが、別の部分で希望条件と相違があるように感じます。私にとって重要な要素なので、これを加味した求人を改めて紹介していただけますでしょうか。

転職エージェントを退会したい場合

複数登録していて、合うサイトのみに絞っていきたい場合には、合わないところを退会する必要があります。その場合、退会理由を正直に伝えてください。

退会したいときの例文

お世話になっております。〇〇(名前)です。大変恐縮ですが、貴社の転職サポートから退会することを決めました。理由は、他社の転職エージェントの利用を決めたからです。突然のご連絡となってしまい申し訳ございません。短い期間でしたがお世話になりました。

まとめ

転職エージェントの断り方について解説しました。相手もサポートのためにいろんな作業をしていますので、断る時はできるだけ早く伝えることを心がけてください。

あとは相手に失礼のないように断りたいですね。日頃のサポートへの感謝も忘れずに伝えておきましょう。

すぐに使える断り方の例文を3つ用意しましたので、これを参考にアレンジして使ってみてください。最後までお読みいただきありがとうございました。

「【転職エージェント】断り方で迷う!断る時の注意点とケース別例文解説!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

無料でキャリア相談
キャリアのプロ杉井に直接相談