転職エージェントへのお礼メールを例文で解説!内定時などの書き方のコツ!

「転職エージェントのキャリアアドバイザーにお礼メールって書くべきなのかな?」
お礼メールが必要かどうかわからず、こんな疑問を持つ人もいるでしょう。

転職活動の結果は今後の人生を左右します。だからこそ、親身にサポートしてくれる転職エージェントは頼れる存在です。そのため、お世話になった相手に感謝の気持ちを伝えたい人もいるでしょう。

この記事では、転職エージェントに対し手お礼メールが必要かどうかを解説します。加えて、お礼メールを送る場合、どのような方法で感謝を伝えればいいのか、お礼を伝えるパターン別の例文と共に紹介していきましょう。

この記事を読めば、転職エージェントへの感謝の伝え方が分かります。お礼を伝えたい方はぜひ読んでみてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

そもそも転職エージェントにお礼メールは必要?

転職エージェントでは、求職者を内定までサポートすることが仕事です。基本的にお礼は必要ありません。しかし、お世話になった相手に感謝を伝えたいと考えているなら、お礼の気持ちを伝えても問題ないでしょう。

内定決定後に、改めてお礼する求職者はほとんどいません。担当者もお礼がないと考えているのが普通です。

しかし、感謝の気持ちを伝えられることは、担当者にとって嬉しいことでありモチベーション維持にもつながります。感謝を伝えるべきか迷っているなら伝えたほうがいいでしょう。

22時過ぎまで働き、週末は体力回復にあてていたM.Hさんの転職成功事例】 実際に弊社で転職支援させて頂いたHさんの生の声と、転職活動で大切なポイントについて教えて頂きました。 👇(以下をクリック)

企業への面接お礼メールは直接送らない

ここで気を付けたいことは、転職エージェントへのお礼メールはOKですが、 企業へ面接のお礼メールを直接送るのはNGとなるので気を付けましょう。

転職エージェントを利用して、転職活動を進めている場合、企業へ面接のお礼を伝えたい場合は転職エージェントにお願いして感謝の気持ちを伝えてもらいます。これは、転職エージェントを通じて企業とやり取りをすることが原則となっているためです。

企業側にとっても、直接転職希望者から連絡が来ると戸惑ってしまいます。転職エージェントに、面接の時間をとってくれたことへの感謝と、入社への意欲が面接を通して高まったことなどを伝えてくれるよう頼むといいですね。

なお、面接のお礼も伝えなくても減点とはなりません。重要なのは面接の本番なので、面接で最良のアピールができるように対策を行いましょう。

お礼メールを送る際のポイント

お礼のマナーを把握しておくと円滑に気持ちを伝えられます。

相手に配慮したメールを心掛けてください。

長文ではなく、簡潔にまとめる

メール送る際に、長文にならないように簡潔にまとめましょう。相手は多くの求職者へサポートしており、メールを確認する業務が多いため、長文メールを読むことが負担になるかもしれません。

また、メールにはあなたの名前を必ず入れてください。誰からのメールか分からないと確認作業が発生するため、相手に手間を掛けさせてしまいます。転職エージェントの状況を理解して、分かりやすい内容の簡潔な文章で、感謝の気持ちを伝えましょう。

質問があれば、あわせて聞く

お礼メールを送るタイミングで、気になっている疑問点があるなら一緒に質問しておきましょう。すぐに返答が来なくても担当者は準備ができるため、次の面談時に解決するための用意ができるのです。

現時点での不安や疑問をしっかりと伝えることで、どんなサポートが必要か明確になり、今後の活動のミスマッチを防ぐことができます。気になることは先延ばしにせず質問しておきましょう。

よくある失敗がわかればやり直しせずに最短でベストな転職ができます。】 転職活動やり直しで6ヶ月かかっても内定でない、、だとしんどいですよね。 一度で理想の企業から内定するにも「よくある失敗事例」は知っておくのがおすすめ。 👇(以下をクリック)

お礼メールのパターン別例文

お礼の方法は、メールを使うのが一般的です。

担当者も忙しいので、自分の都合が良いときにメールを送っておきましょう。

初回面談後

転職エージェントに登録したあとに面談があります。面談後にお礼をする方もいます。

できれば面談した日にメールを送り、対応してくれたことへの感謝や、参考になったことなどを伝えてください。

初回面談後のメール例文

お世話になっております。本日面談しました〇〇(名前)です。

お忙しい中、面談していただきありがとうございました。

話し合いの中で転職への不安を解消できましたので、前向きな気持ちで転職活動を進められます。

ご指摘いただいた点をもう一度自分なりに考え、次回の面談までには答えを出しておきますので、今後ともよろしくお願いします。

内定後

内定を決めた後も、お礼を伝えるタイミングです。サポートに対して感謝の言葉を送りましょう。

内定後のメール例文

いつもお世話になっております。〇〇(名前)です。

3か月にわたるサポートのおかげで内定を獲得できました。

今後は勤務先で自己成長を続けながら、会社の更なる発展に貢献していく所存です。

この度は本当にありがとうございました。

入社前後

転職して新しい仕事に慣れてきてから、お礼をする方もいます。

転職後も気持ちよく働けていることは、成功事例として今後に活かせますので、お礼としてはいいタイミングでしょう。

入社後のメール例文

いつもお世話になっております。〇〇(名前)と申します。

ご紹介いただいた△△株式会社に無事入社できました。まだ慣れないこともありますが、希望した環境で働くことができ、充実した日々を送っています。

今、こうして理想的な環境で働けているのは、担当者様のおかげです。

今後は会社に貢献できるよう日々努力していきます。本当にありがとうございました。

退会後

転職先が決まったので、転職エージェントを退会するときに送るメールです。

お世話になったことと、サポートへの感謝を伝えます。

退会後のメール例文

いつもお世話になっております。〇〇(名前)と申します。

担当者様のサポートのおかげで転職先が決まりました。そのため、転職エージェントのサービスを退会したく、ご連絡を差し上げました。

転職支援では、求人紹介から書類の添削、面接対策などさまざまな支援をしてくださったこと、心より感謝しております。

担当者様の今後のご活躍を心よりお祈り申し上げます。

やりたいことが見つかっても、「受からなければ」選べない。】 株式会社Neutralで支援した相談者さんも多数の面接を通過し「年収50〜100万円UPの内定」をもらっている面接対策のテンプレートは以下に記載しています。 (こちらは、大変好評いただいているのと弊社の長年のノウハウが詰まっているため有料購入者様限定とさせて頂きます🙇‍♂️) 👇(以下をクリック)

まとめ

転職エージェントへのお礼メールについて解説しました。

担当者はあなたへの転職サポートを仕事としてサポートしているので、相手の迷惑にならない形で感謝を伝えてください。

複数の求職者をサポートしているので、メールチェックの業務も多いです。長文メールは避け、簡潔に伝えることを心掛けてください。

お礼メールの4つのパターン別にメールの例文を用意しました。この例文を参考に、自分の状況にアレンジして活用してください。最後までお読みいただきありがとうございました。

少しでもこの記事が役に立てていたら嬉しいです。 ちなみに、Xでは毎日2回140文字で転職やキャリアに関する前向きになれる大切な情報を発信しています。 よかったらフォローしてみてくださいね😊 👇

「転職エージェントへのお礼メールを例文で解説!内定時などの書き方のコツ!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

無料でキャリア相談
キャリアのプロ杉井に直接相談