リモートワークの環境はどうすれば?最初にそろえるべきものを解説!

リモートワークを導入する企業が増えており、在宅勤務の環境を整えたい方も多いのではないでしょうか。

「会社からリモートワークを指示されたが、何を準備すればいい?」
「快適に作業できるコツが知りたい」
上記のような悩みを抱えている人もいることでしょう。

そこでこの記事では、リモートワーク環境を整備するためのポイントを紹介します。

必須アイテムや、快適に作業するためのおすすめを解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnote👇👇もご覧ください。(以下をクリック!)

リモートワーク環境を整えることが重要な理由

生産性を維持するためには、働きやすい環境を整えることが重要です。

業務を円滑に進めるためにも、快適な環境が必要になります。

仕事をスムーズに行うため

会社と同じように仕事を進めるためには、リモートワークの環境を整備することが大切です。在宅勤務の場合は生活スペースが視界に入ったときに、気持ちを切り替えにくいので集中力が切れやすくなります。

オフィスと同じ生産性で作業するには、高い集中力や程よい緊張感を維持しなければなりません。そのために、リモートワークに適した環境整備が必要になるのです。次の項目から、リモートワークで必要になるアイテムや環境の整え方を紹介していきます。

リモートワークをするための3つの必須アイテム

リモートワークでは、インターネット環境・パソコン・スマホが必須アイテムです。

どのようなことに役立つのか見ていきましょう。

インターネット環境

リモートワークを導入するならインターネット環境は必須です。企業によってはWi-Fiルーターを貸与する場合があるため、自社の状況を確認しましょう。

個人で準備する場合には、通信速度の速い光回線が用意できれば理想的です。新たに用意するには開通工事が必要になります。利用開始までに時間がかかるかもしれませんので、スケジュールには注意してください。

また、リモートワークに利用する回線にフリーWi-Fiを利用することは、セキュリティ面で不安があるので避けてください。ウイルス感染などのリスクもあるため業務での利用には向いていません。

パソコンと周辺機器

会社からリモートワーク用のパソコンが配布されたり、オフィスで使っているパソコンを持ち帰る場合はそのまま自宅で使用できます。

もし、自分で用意する場合は、周辺機器も含めて揃えなければなりません。ノートパソコンの場合は、カメラやマイク・スピーカーがついている場合があります。

デスクトップパソコンの場合は、ビデオ会議のためにスピーカーまたはイヤホン・ヘッドホン、Webカメラ、マイクなどが必要です。

スマートフォンまたはタブレット

スマートフォンであれば、マイクやカメラ・スピーカーは必ずついているためビデオ会議に活用でき、電話などの連絡手段としても必須です。

スマホアプリ「Zoom」を使えばオンラインミーティングもできます。ビデオ会議をスマホで行いながら、パソコンで別の作業もできるため効率的です。

また、タブレット端末があるなら、スマホと同じように活用できます。マルチディスプレイに対応していれば、パソコンと連携して2画面で作業ができ、業務効率を向上できるのでおすすめです。

リモートワークを快適にするために3つのおすすめ

快適に業務を進めるために準備するものを紹介します。

長時間作業しますので、体格に合ったものを用意してください。

パソコンデスク

リモートワークで1日8時間はパソコンの前で作業します。そのため、自分の体格に合うパソコンデスクが必要となるでしょう。合わないデスクを無理に使っていると、肩こりや腰痛になるので健康のためにも良くありません。

高さを調整できるデスクなら、どんな体格にも合わせられるのでおすすめです。リモートワーク用のパソコンデスクを選ぶポイントは、「デスク上のスペースの確保」と、「足が窮屈にならないこと」です。

チェア

パソコンデスクと一緒に椅子も用意してください。リモートワークでは座りっぱなしになるため、同じ姿勢で長時間過ごすことが多くなります。オフィスチェアやゲーミングチェアは長時間の作業に向いている椅子ですので検討してみましょう。

椅子を選ぶポイントは、「高さ調節ができるか」「姿勢が維持できるか」「ひじ掛けがあるか」です。深く腰掛けた状態で背筋が伸び、ひざの角度が90度で足の裏が床についている状態が目安となります。

パーテーション

パーテーションとは空間を区切るための間仕切りです。部屋の広さの都合でワークスペースと生活スペースを分けられない場合は、パーテーションを使ってみてください。視覚的に生活スペースを分けられるため、集中して作業ができるでしょう。

また、オンライン会議のときに生活スペースの映り込みを防ぐ背景としても利用できます。高さ調節機能など、さまざまなバリエーションがありますので適切なものを選びましょう。

まとめ

リモートワーク環境の整え方を解説しました。仕事の生産性に影響することなので、快適な環境を整備することはとても大切です。まず何が必要になるか把握しましょう。効率的に作業を進めるためには、機能面や使い勝手を考えて選んでください。

ワークスペースを確保できない場合は、生活スペースが目に入らないように、パーテーションで空間を区切ると業務に集中できます。リモートワークに適切な環境を整えて、効率よく業務を進めましょう。

「リモートワークの環境はどうすれば?最初にそろえるべきものを解説!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録