【転職】キャリアビジョンの伝え方!パターン別のキャリアビジョン例文を紹介!

キャリアビジョンは企業との方向性の一致を判断するために重要です。お互いの方向性がマッチしていれば効果的なアピールができます。

しかし、「キャリアビジョンが思いつかない」「書き方・伝え方を知りたい」と悩んでいる方が多いようです。

そこでこの記事では、キャリアビジョンの伝え方を紹介します。転職時・伝える際に抑えたいポイントや、パターン別の例文も用意しました。

キャリアビジョンのことで困っている方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

転職時のキャリアビジョンで押さえたいポイント

キャリアビジョンを立てて終わりではありません。

人生の変化に応じて、調整していく必要があります。

自身のライフステージもあわせて考える

キャリアビジョンを達成するまでに周囲の環境も変化していくので、計画通りに進むことはありません。定期的に達成状況を確認し、必要であれば調整するようにしましょう。

また、ライフステージの変化にも対応が必要です。キャリアビジョンは結婚や子育て、親の介護や病気などに影響を受けます。

10年後を想定して立てたキャリアビジョンでも、ライフステージに変化があったのなら、何度もアップデートしていくことが重要です。

現実的で実現可能な理想を描く

キャリアビジョンは実現可能なものを設定してください。自分で客観的にチェックする方法として以下の5つの要素を確認しましょう。

実現性の確認要素

  • 内容に具体性はあるか
  • 状況を計測可能か
  • 非現実な目標ではないか
  • 企業目標に関連しているか
  • 期限を設定しているか

年代でも進め方は異なってきます。20代であればスキルや経験が大きく増える時期であるため、見直しの機会が多くなります。30代~40代なら、転職や管理職を目指すといった人生の分岐点を意識した設計が求められるでしょう。

キャリアビジョンを伝える際に押さえたいポイント

自分のキャリアビジョンと、企業の方向性がマッチする転職先を選ぶことが重要です。

そのためには、入念な企業研究が必要です。

求人とニーズがあっていることをアピールする

面接でキャリアビジョンを聞く理由は、企業との方向性の一致を確認したいからです。

そのためには、企業研究で応募先のビジョンを確認してください。自分のキャリアビジョンにあっている転職先を選びアピールすることが重要です。

どんなキャリアビジョンを描くかは自由ですが、企業は採用する人材に対して、自社への貢献を求めています。お互いの方向性がマッチすれば、より貢献度が高いと判断されるでしょう。

長く働く気持ちをアピールする

ただ長く働く気持ちをアピールするだけでは、入社の意欲が伝わらないため、「自社でなくてもいいのでは?」と判断されてしまいます。

例えば、「現職では非効率な仕事で無駄な残業が多い」という退職理由だったとします。すると、転職先へのアピールは「業務の効率を高めたい」とか、「ITを活用している御社で効率的に働きたい」となります。転職することで自分が望んでいる働き方ができるとアピールすることが重要です。

キャリアビジョンのパターン別例文

職業別にキャリアビジョンの例文を3つ用意しました。

どういったアピールをするべきか参考にしてください。

コンサルタントに転職したい場合

コンサルタントは、さまざまな分野を支援する「総合コンサルタント」と、特定の分野に特化した「専門コンサルタント」に分かれています。将来性や収入は活動する領域によって異なるため、今後の成長を見極めた選択が大切です。

コンサルタントの例文

5年後にはプロジェクトを任される責任者になりたいです。そのために今後2年間はアナリストとしてリサーチや資料作成に取り組み、基本を身につけていきます。

その後2年以内を目標にコンサルタントとなり、プロジェクトを成功させる職務を果たしたいです。5年後にはマネージャーとなり、プロジェクトを任される人材になることを目指します。

事務に転職したい場合

事務系の仕事は資格によってスキルアップができる職種です。具体的な資格名を出すことで、明確な目標を提示できます。

事務職の例文

5年後には事務職のスペシャリストとして、事務の業務を改善・提案して実行できる、リーダー的存在になりたいと考えています。

1年間は事務作業のプロセスを把握するために意欲的に作業を実践し、迅速丁寧な業務を目指します。

3年後には経理・会計・財務の知識を学び、会計士の資格取得を目指します。その後1年はそれまで蓄積したノウハウと経験を活かして、業務効率の改善に努めたいです。5年後には事務部門のスペシャリストとして、リーダー役を担えることを目指しています。

人事に転職したい場合

人事職の例文

人事部門でスキルを磨き、将来的には貴社の経営をサポートしていきたいです。

そのために2年間は新卒採用を担当し、組織と人事の知識を深めていきたいです。そのあとに中途採用や研修を経験し、5年目までにキャリアコンサルタントの資格を取得し、人材育成の知識を習得します。

10年目には採用の計画を立て、人材活用を担う中心的存在になりたいと考えています。

期限ごとにやりたいことが具体的に書かれてあり、仕事への意欲もアピールできます。

まとめ

キャリアビジョンの伝え方について解説しました。人生に大きな変化があったときには見直しが必要です。目標として機能するように、定期的にアップデートしましょう。

自分の理想像は自由に設定できますが、伝え方には注意が必要です。相手企業のビジョンの方向性と一致していることをアピールできないと、面接では評価されません。

自分のキャリアビジョンと共通した考えを持つ企業への転職であれば、効果的にアピールできるでしょう。

「【転職】キャリアビジョンの伝え方!パターン別のキャリアビジョン例文を紹介!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

無料でキャリア相談
キャリアのプロ杉井に直接相談