【第二新卒】履歴書はどうしたら?入手方法と評価のポイントを紹介!

「履歴書は市販のものでもいいのか?」
そのような不安を感じる第二新卒の方もいるでしょう。

履歴書は転職先に自己アピールを行う最初の場面です。特に第二新卒の方には、経験やスキルのアピールが強く求められます。履歴書で評価を下げないことは転職成功への重要な一歩となります。

この記事では、履歴書の入手方法と、第二新卒の方が履歴書で高い評価を得るための具体的なポイントを紹介していきます。この記事を読むことで、転職活動に必須の履歴書作成にスムーズに取り組めるでしょう。

ぜひ最後まで読んでみて下さい。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【第二新卒の転職】履歴書の入手方法

まずは履歴書の入手方法をお伝えします。

市販のもので問題ない

履歴書は、市販の履歴書を利用して問題ありません。書店や文房具店で購入することが可能です。その場合、市販の履歴書の中には転職用のものもあり、基本的なフォーマットが整っているため、手軽に利用できるメリットがあります。

特に第二新卒の場合、基本情報が正確に記載されているだけでなく、整ったフォーマットを使用していることで、採用担当者は良い印象を受けるでしょう。読み手が分かりやすいと感じる履歴書を意識して作成しましょう。

企業の指定がある場合は従う

独自の履歴書フォーマットを指定している企業もあります。一度、面接予定の企業の公式ウェブサイトや求人情報を確認し、指定があれば従うようにしましょう。

指示されたことを確実に行うことで、企業に対してあなたが真剣に取り組んでいる姿勢をアピールするチャンスでもあります。

第二新卒の履歴書で高評価をもらう5つのポイント

履歴書は基本的に決められた内容を記載するものですので、他の応募者と大きく差をつけるためのアピールをするのは難しいです。

しかし、履歴書の書き方で高評価をもらったり、大きな原点をしないようにすることで面接を優位に進めるチャンスにもなります。

以下の5つのポイントを意識して、採用担当者から高評価をもらいましょう!

丁寧に見やすく記入する

履歴書はあなたの自己紹介を最初に行う場所です。文字が乱れて、誤字脱字の多い履歴書は採用担当者によくない印象を与えてしまう可能性があります。
履歴書は丁寧に見やすく記入しましょう。

また、年号や正式名称で記入することで丁寧な履歴書と評価されます。会社名や学校名は正式名称で記入しましょう。

職歴は短期間でも全て正確に記入する

短期の職歴であっても、そこで得たスキルは十分なアピールポイントです。転職はスキルが重視されます。少しでも多くのスキルを持っている方が転職が有利となります。
その職歴で得た知識や経験を面接時に伝えられるよう、考えておくとよいでしょう。

また、情報が正確に記載されているという点で、あなたの誠実さや丁寧さが評価されるでしょう。

志望動機や転職理由では意欲を伝える

志望動機や転職理由は、あなたの意欲を採用担当者に伝えるための大事な箇所です。

特に「残業が多かったから」や「人間関係が良くない職場だったから」など、マイナスな理由での転職あっても履歴書には記載しないようにしましょう。

この企業で働いて自分はどんなスキルを得て、どうスキルアップしていくかなどの意欲を伝えることで好印象を与えることができるでしょう。

学びたいスキルを具体的に記載することで、希望部署が通りやすかったり、採用担当者もあなたと働くイメージを持ちやすかったりし、面接を有利に進めることができます。

社会人経験で身につけたスキルをアピールする

第二新卒の方は、前職で得たスキルや経験が求められます。前職が全く異なった職種であっても、社会人としてのマナーや、タイピングなどの一般的なPCスキルは採用担当者が第二新卒に求めているスキルなので、十分アピールできるでしょう。

その他にも自分が前職で培ったスキルを振りかえり、転職先の企業が求めるスキルと結びつけて自分が持つスキルをアピールできるとさらに好印象を与えることができます。

嘘はNG

信頼性は転職活動において極めて重要です。履歴書には真実であり、信頼性を損なうような情報を書くことは絶対にやめましょう。

正確かつ誠実な情報を記載することで、信頼性があるという印象を与えることができるでしょう。

まとめ

第二新卒で履歴書を初めて自力で1から作成するという方もいると思います。第二新卒で履歴書をの入手方法と高評価がもらえるポイントを紹介しました。

履歴書は書店や文具店で購入することができます。特に市販の物でも問題ありません

しかし、企業から指定の履歴書や独自の履歴書がある場合、そちらのフォーマットを利用した方が好印象です。面接を受ける企業が決まった場合、一度、公式ウェブサイトや求人を確認しましょう。

第二新卒が履歴書で高評価がもらえる5つのポイントは以下の通りです。
・丁寧に見やすく記入する
・職歴は短期間でも全て正確に記載する
・志望動機や転職理由では意欲を伝える
・社会人経験で身につけたスキルをアピールする
・嘘はNG

第二新卒は前職で培ったスキルを求められます。転職先で求められるスキルに少しでも当てはまるものはないか振り返り、自分が転職先企業に対して雇うメリットのある人材であるということをアピールしましょう。

「【第二新卒】履歴書はどうしたら?入手方法と評価のポイントを紹介!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

無料でキャリア相談
キャリアのプロ杉井に直接相談